FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    他サイトさんとの交流

    銀河農耕伝説(リレー小説)/第二回

     ←火紅狐・興中記 4 →火紅狐・序事記 1
    クリスタルの断章」のポール・ブリッツさんから、リレー小説のバトンを受け取りました!
    第一回はこちら
    第二回を、僕が執筆させていただきました。
    と言うわけで、どーん。(c)

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

      2

     ジローの言葉に、サンライズ教授は笑い出した。
    「何をバカな、ちゃんとほれ、そこに……」
     ニヤニヤしながら机を指差した教授は、そこで硬直する。
    「……そこに、……あれ?」
     笑顔から一転、教授の顔は真っ青になる。
     ジローも、そしてメリッサも、同様に顔を青ざめさせた。
     その場の空気、そして彼らの体温の低下速度たるや、かつて極低温調理法を研究する際に一行が訪れた低温惑星、ゲレルでの日没時を思わせるほどだった。
    「ど、どっ、どこじゃ!? どこに!?」
     教授はがばっと床にはいつくばり、机の下やケージの裏、孵卵器と孵卵器の間など、老体とは思えない速さで点検し――そして唐突に、またも硬直する。
    「……ないっ!」
     教授の発した悲痛な叫びに、ジローはへたり込んでしまった。
    「そ、そんな……!? 一体、なぜ? どうして……?」
     世紀の大発明、夢の食品が失われたその衝撃で、教授もジローも、呆然とするしかなかった。
     そして恐らくは、メリッサも呆然としていたのだろうが――まだ彼女の方が若干、冷静になるのは早かった。
    「……な、内線! 緊急連絡!」
     メリッサは机に腰や腿をぶつけながらも、壁のコンソールに駆け寄り、警備に通報した。
    「すぐにこの区画の出入り口を封鎖して! 早く! 産業スパイよ!」
     最先端技術の粋を集めたこのP―FARMでは、警備網もそれなりに厳重かつ、精密に制御されたものとなっている。
     そのため、通報からわずか2秒後に、教授たちのいる研究モジュールは、他の区画との通行を遮断された。
     もしメリッサが叫んだように、産業スパイがいたとして、彼ないし彼女が何らかの方法でシャーレを盗み出し、逃走したとしても、閉鎖までは20秒とかかっていない。
     産業スパイがたとえ流体生物や超能力者のような存在であろうと、この区画に閉じ込められたことになる。

     しかし教授たちにとっても、大きな問題がもう一つ、発生した。
     あまりにも大慌てで閉鎖が要請されたために、警備側はうっかり、準最大級の警備システムを発動させてしまっていたのだ。
     これはバイオハザードなど、最悪の事態を想定して設定されたシステムであり、一度発動すると、最低30時間はその解除ができない、と言う厄介なものだった。
     そのため、スパイが本当にいたとしても、あと30時間は警備員たちが中に入れない。
    「『準』って、じゃあ、最大級だったらどうなってたんだ?」
    「決まってるでしょ? 区画ごと焼却、完全殺菌よ」
    「うわあ……。焼かれないだけマシかぁ」
    「どちらにせよ、30時間が経過するまでは、スパイと一緒に閉じ込められると言うわけか。うむむ……」
     教授もジローたちも、一様に頭を抱えるしかなかった。

     幸いにも食品の研究所だけあって、食料にも事欠かない。
     教授たちは研究室にこもり、封鎖が解除されるのを待つことにした。
    「とは言え、本当にあの時、スパイがいたんでしょうか?
     確かに僕たちはガムに気を取られてはいましたが、シャーレはすぐ側の机にあったわけですから、誰かが近付いていたら、気が付かないはずはない。
     でもあの時、僕たちの他には誰も室内にはいませんでしたし、扉が開けられたような気配も無かった。
     一体どうやって、盗めたと言うんでしょうか……?」
    「分からん。しかしどこを探しても、シャーレも、中のガムも、見つからんのじゃ。
     となれば、誰かが持って行ったとしか考えられんじゃろう?」
    「うーん……」
     と、そこでメリッサが、何かに気付いたような顔をした。
    「……あの、もしかしたら、なんですが」
    「なんだね、言ってみたまえ」
    「わたしたちがこの部屋に入ってから、今のこの時点まで、誰も出入りしてませんよね。ドアは一度も開いてませんから」
    「そうじゃな」
    「……え、ちょっと待ってよ、じゃあ」
     ジローはメリッサの言わんとすることを察し、身を震わせた。
    「出入りしてないってことは――まだ、この研究室にいるって言うのか?」
    「……かも知れない」
     メリッサは額に汗を浮かべながら、小さくうなずいた。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    とりあえず書いてみました。
    次回は矢端想さんになるのかな……?
    決定はポールさんに委ねます。よろしくお願いします。
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・興中記 4】へ
    • 【火紅狐・序事記 1】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    こちらこそありがとうございます。
    続きがどうなるか、楽しみですね。
    よろしくお願いします。

    ありがとうございます 

    ありがとうございます~!!

    とりあえずいただいて、うちのブログに貼らせていただきます~!!(問題があるようでしたらおっしゃってください。いえ、ひとまとまりにしておいたほうが読みやすいかと思うので)

    続きは矢端想さんに頼もうと思います。

    ほかに参加希望者もいないみたいですから、わたしが第4回を書いて、また黄輪さん→矢端想さん→わたし、の全七回で終わらせようと思います。

    それではいただいて参ります。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・興中記 4】へ
    • 【火紅狐・序事記 1】へ