火紅狐 第1部


    Index ~作品もくじ~

    • 792
    • 793
    • 794
    • 795
    • 796
    • 797
    • 799
    • 800
    • 801
    • 802
    • 803
    • 804
    • 807
    • 808
    • 809
    • 810
    • 812
    • 813
    • 814
    • 816
    • 817
    • 818
    • 821
    • 822
    • 823
    • 824
    • 825
    • 826
      
    フォコの話、1話目。
    金と火の毛並み。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     双月暦287年、央中東部の鉱山都市、カレイドマイン。
    「う、産まれました? 産まれました!?」
     その街の権力者一族、ゴールドマン家の宗主である狐獣人、レオン・ゴールドマン4世は、慌てて自分の屋敷に戻ってきた。
     待望の、自分の子供が産まれたと言う連絡を受けたからである。
    「はい、旦那様。かわいい男の子でございますよ」
     メイドたち数人が、レオンを妻の休む部屋へと案内しつつ、産まれた子供のことを話してくれた。
    「さすが、『金火狐』の血筋と言いますか」
    「まるで黄金のような毛並みでございますわ」
    「それに毛先はうっとりするくらい、綺麗な赤色をしていらっしゃいます」
     その説明に、レオンの顔は上気していく。
    「そうですか、そうですかぁ」
    「ささ、旦那様。奥様がお子様とお待ちでございますよ」
     メイドが部屋の扉を開け、レオンに入るよう促した。
    「は、入りますで、イデア」
     そっと中を覗き見ると、ベッドに横になっていた妻のイデアと目が合った。
    「……クスっ」
     あまりに夫の挙動がおかしかったためか、イデアは吹き出した。
    「あ、……あは、はは。体の方は、大丈夫ですか?」
    「ええ。疲れたけれど、元気よ。赤ちゃんも」
    「……そうですかぁ」
     レオンは嬉しそうに、部屋の中に入ってきた。
    「赤ちゃんは?」
    「こっちよ」
     イデアは自分のベッドの横に置かれた、乳児用のベッドを指差した。
    「……わ、あ」
     メイドたちが言っていた通り、その子の耳と尻尾は麦穂のように美しい金色の毛並みをしており、毛先は燃えるように赤い。
    「……うん、……僕そっくりですな、耳と尻尾は。顔は、君に似とりますね」
    「そうかしら? ……そうかもね」
    「名前は……、どうしましょう?」
     夫の問いに、イデアはにっこりと笑って答えた。
    「ニコル。ご先祖様のお名前を、いただきましょう。それと……」
    「それと?」
     イデアは子供の真っ赤な毛先をつい、と指先で撫でた。
    「火のように赤いから……」
    「フォコ?」
    「……あ、そうね。こっちの言葉だと、火(fire)はフォコ(fuoco)になるのよね。
     じゃあ、ニコル・フォコ・ゴールドマン。そう、名付けましょう」
    「……いいですな、うん」



     後に「ニコル3世」の名で知られる、英雄にして大商人。
     このフォコと呼ばれる子供こそ、そのニコル3世である。

     彼の波乱万丈の生涯は、ここから始まった。
    火紅狐・神代記 1
    »»  2010.08.01.
    * 
    フォコの話、5話目。
    点火。


    火紅狐・神代記 5
    »»  2010.08.05.
    フォコの話、27話目。
    別れ。


    火紅狐・奪督記 5
    »»  2010.09.02.

    フォコの話、1話目。
    金と火の毛並み。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     双月暦287年、央中東部の鉱山都市、カレイドマイン。
    「う、産まれました? 産まれました!?」
     その街の権力者一族、ゴールドマン家の宗主である狐獣人、レオン・ゴールドマン4世は、慌てて自分の屋敷に戻ってきた。
     待望の、自分の子供が産まれたと言う連絡を受けたからである。
    「はい、旦那様。かわいい男の子でございますよ」
     メイドたち数人が、レオンを妻の休む部屋へと案内しつつ、産まれた子供のことを話してくれた。
    「さすが、『金火狐』の血筋と言いますか」
    「まるで黄金のような毛並みでございますわ」
    「それに毛先はうっとりするくらい、綺麗な赤色をしていらっしゃいます」
     その説明に、レオンの顔は上気していく。
    「そうですか、そうですかぁ」
    「ささ、旦那様。奥様がお子様とお待ちでございますよ」
     メイドが部屋の扉を開け、レオンに入るよう促した。
    「は、入りますで、イデア」
     そっと中を覗き見ると、ベッドに横になっていた妻のイデアと目が合った。
    「……クスっ」
     あまりに夫の挙動がおかしかったためか、イデアは吹き出した。
    「あ、……あは、はは。体の方は、大丈夫ですか?」
    「ええ。疲れたけれど、元気よ。赤ちゃんも」
    「……そうですかぁ」
     レオンは嬉しそうに、部屋の中に入ってきた。
    「赤ちゃんは?」
    「こっちよ」
     イデアは自分のベッドの横に置かれた、乳児用のベッドを指差した。
    「……わ、あ」
     メイドたちが言っていた通り、その子の耳と尻尾は麦穂のように美しい金色の毛並みをしており、毛先は燃えるように赤い。
    「……うん、……僕そっくりですな、耳と尻尾は。顔は、君に似とりますね」
    「そうかしら? ……そうかもね」
    「名前は……、どうしましょう?」
     夫の問いに、イデアはにっこりと笑って答えた。
    「ニコル。ご先祖様のお名前を、いただきましょう。それと……」
    「それと?」
     イデアは子供の真っ赤な毛先をつい、と指先で撫でた。
    「火のように赤いから……」
    「フォコ?」
    「……あ、そうね。こっちの言葉だと、火(fire)はフォコ(fuoco)になるのよね。
     じゃあ、ニコル・フォコ・ゴールドマン。そう、名付けましょう」
    「……いいですな、うん」



     後に「ニコル3世」の名で知られる、英雄にして大商人。
     このフォコと呼ばれる子供こそ、そのニコル3世である。

     彼の波乱万丈の生涯は、ここから始まった。

    火紅狐・神代記 1

    2010.08.01.[Edit]
    フォコの話、1話目。金と火の毛並み。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. 双月暦287年、央中東部の鉱山都市、カレイドマイン。「う、産まれました? 産まれました!?」 その街の権力者一族、ゴールドマン家の宗主である狐獣人、レオン・ゴールドマン4世は、慌てて自分の屋敷に戻ってきた。 待望の、自分の子供が産まれたと言う連絡を受けたからである。「はい、旦那様。かわいい男の子でございますよ」 メイド...

    »» 続きを読む

    * 

    ▲page top

    火紅狐・神代記 2

    2010.08.02.[Edit]
    フォコの話、2話目。神話による支配。...

    »» 続きを読む

    ▲page top

    火紅狐・神代記 3

    2010.08.03.[Edit]
    フォコの話、3話目。狼の母娘。...

    »» 続きを読む

    ▲page top

    火紅狐・神代記 4

    2010.08.04.[Edit]
    フォコの話、4話目。フォコの小さな災難。...

    »» 続きを読む

    ▲page top

    火紅狐・神代記 5

    2010.08.05.[Edit]
    フォコの話、5話目。点火。...

    »» 続きを読む

    ▲page top

    火紅狐・神代記 6

    2010.08.06.[Edit]
    フォコの話、6話目。賢者の占い。...

    »» 続きを読む

    ▲page top

    火紅狐・賭罰記 1

    2010.08.08.[Edit]
    フォコの話、7話目。世界最大の炉。...

    »» 続きを読む

    ▲page top

    火紅狐・賭罰記 2

    2010.08.09.[Edit]
    フォコの話、8話目。危険区域。...

    »» 続きを読む

    ▲page top

    火紅狐・賭罰記 3

    2010.08.10.[Edit]
    フォコの話、9話目。罰を賭ける。現実世界の文化を双月世界に入れる、というのをこれまで堅く自重してきましたが、これだけはどうしても入れたくなってしまいまして。……好きなもんで、麻雀。勿論、ルールなどは全く違うものですが、作中の「対子」とか「連荘」とか、モロに麻雀用語を使用しています。なんだかすみません。...

    »» 続きを読む

    ▲page top

    火紅狐・賭罰記 4

    2010.08.11.[Edit]
    フォコの話、10話目。対戦開始。...

    »» 続きを読む

    ▲page top

    火紅狐・賭罰記 5

    2010.08.12.[Edit]
    フォコの話、11話目。一発逆転の機会。...

    »» 続きを読む

    ▲page top

    火紅狐・賭罰記 6

    2010.08.13.[Edit]
    フォコの話、12話目。紙一重の増長と転落。...

    »» 続きを読む

    ▲page top

    火紅狐・望世記 1

    2010.08.16.[Edit]
    フォコの話、13話目。ネール家の秘蔵っ子。...

    »» 続きを読む

    ▲page top

    火紅狐・望世記 2

    2010.08.17.[Edit]
    フォコの話、14話目。未来に燃える青年。...

    »» 続きを読む

    ▲page top

    火紅狐・望世記 3

    2010.08.18.[Edit]
    フォコの話、15話目。ルピアのロマンス。...

    »» 続きを読む

    ▲page top

    火紅狐・望世記 4

    2010.08.19.[Edit]
    フォコの話、16話目。白亜城のフィクサー。...

    »» 続きを読む

    ▲page top

    火紅狐・三商記 1

    2010.08.21.[Edit]
    フォコの話、17話目。飛び込み営業。...

    »» 続きを読む

    ▲page top

    火紅狐・三商記 2

    2010.08.22.[Edit]
    フォコの話、18話目。人のいい兎おっさん。...

    »» 続きを読む

    ▲page top

    火紅狐・三商記 3

    2010.08.23.[Edit]
    フォコの話、19話目。怒鳴り込み屋。...

    »» 続きを読む

    ▲page top

    火紅狐・三商記 4

    2010.08.24.[Edit]
    フォコの話、20話目。良妻賢母、イデア。...

    »» 続きを読む

    ▲page top

    火紅狐・三商記 5

    2010.08.25.[Edit]
    フォコの話、21話目。怪しげな入り婿。...

    »» 続きを読む

    ▲page top

    火紅狐・三商記 6

    2010.08.26.[Edit]
    フォコの話、22話目。好青年の本業。...

    »» 続きを読む

    ▲page top

    火紅狐・奪督記 1

    2010.08.29.[Edit]
    フォコの話、23話目。最終経済。...

    »» 続きを読む

    ▲page top

    火紅狐・奪督記 2

    2010.08.30.[Edit]
    フォコの話、24話目。のんきとシリアス。...

    »» 続きを読む

    ▲page top

    火紅狐・奪督記 3

    2010.08.31.[Edit]
    フォコの話、25話目。悪夢の成就。...

    »» 続きを読む

    ▲page top

    火紅狐・奪督記 4

    2010.09.01.[Edit]
    フォコの話、26話目。黄色い猫の推理。...

    »» 続きを読む

    ▲page top

    火紅狐・奪督記 5

    2010.09.02.[Edit]
    フォコの話、27話目。別れ。...

    »» 続きを読む

    ▲page top

    火紅狐・奪督記 6

    2010.09.03.[Edit]
    フォコの話、28話目。世界を腐らせる野心。...

    »» 続きを読む

    ▲page top


     関連もくじ一覧  琥珀暁
     関連もくじ一覧  火紅狐
     関連もくじ一覧  双月千年世界 短編・掌編・設定など