FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます


    日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

    【  2008年10月  】 

    蒼天剣 目次(第3部;抗黒戦争編 前編)

    双月千年世界 目次 / あらすじ

    2008.10.10 (Fri)

     黄輪雑貨本店 総合目次感想用掲示板- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -「蒼天剣」地図- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -キャラ紹介双月世界の魔力・魔術観について双月世界の種族と遺伝 補足1双月世界の戸籍「双月暦」の暦- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -あらすじ蒼天剣・邂逅録1 2 3 4蒼天剣・大徳録1 2 3 4 5 6蒼天剣・悪夢録1 2 3 4 5蒼天剣・因縁録1 2 3 4蒼天剣・権謀録1 2 3 4 5 6蒼天剣・魔剣録1 2...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・神算録 8

    蒼天剣 第3部

    2008.10.10 (Fri)

     晴奈の話、第110話。怒りの空中コンボ。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -8. あの黒い猫獣人に惑わされたと気付いたエルスは、天玄館にいた兵士を半数引き連れて東門へと急いだ。(何てことだ……! こんな罠に引っかかるなんて!) だが、時は既に遅かった。「これは……!」 覆いのほとんどが割られ、地面に落ちた銃や、箱に収まったままの銃弾はずぶ濡れになっている。門も破られ、その向こうにいるはずの兵士、剣士、...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・神算録 7

    蒼天剣 第3部

    2008.10.10 (Fri)

     晴奈の話、第109話。2つ目の落とし穴は、地獄への片道切符。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -7. 既に修羅場となっている門から大分離れた天玄館の司令室で、エルスは指示を送っていた。「戦況は?」「今のところ、こちらが押し返しております!」「焔流の人たちは?」「黄副指令を先頭として我が軍と共闘し、最前線で防衛に努めております!」「ふむ。銃器は問題無く作動してる? 備蓄は大丈夫?」「はい! 現場から...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・神算録 6

    蒼天剣 第3部

    2008.10.10 (Fri)

     晴奈の話、第108話。豪雨の中の修羅場。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -6. 敵の策略に「気付いた」エルスは大急ぎで軍備を東側に固めるよう、天玄中に知らせた。その甲斐あって雨が本降りになる前には、軍の防衛網が完成した。「敵はこの雨に乗じてやって来るはずだ! 全員警戒を怠らず、防衛に努めてくれ!」「おう!」 エルスの号令に、晴奈を筆頭とする全兵士たちが応えた。 日が落ちた今、既に雨は土砂降りとな...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・神算録 5

    蒼天剣 第3部

    2008.10.10 (Fri)

     晴奈の話、第107話。落とし穴を避けた先に、また落とし穴。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5. 晴奈とエルスは二人で連れ立ち、給湯室へと向かう。「リスト……、はいないんだった。今、準備してもらってるから」「おいおい、大丈夫か?」 ぼんやりとした顔で笑っているエルスを見て、晴奈は不安げに尋ねる。 エルスの方も取り繕うようなことをせず、素直に応じた。「流石に疲れてるね、はは。 こう言う時、リストにお...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・神算録 4

    蒼天剣 第3部

    2008.10.10 (Fri)

     晴奈の話、第106話。エルスの急所。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4. さらに時間は経ち、夕闇が迫り始めた頃。「うーん」 また、エルスがうなっていた。見かねた晴奈が、背後から尋ねる。「どうした?」「腑に落ちないんだよねぇ」「挟み撃ち、と言う予想がか?」「そうなんだよ。確かに推測の域を出ない、って言うことも不安なんだけど、それよりも距離的に問題のある作戦なんだよね」 迷いがちに話すエルスに、晴...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・神算録 3

    蒼天剣 第3部

    2008.10.10 (Fri)

     晴奈の話、第105話。割と仲良し?- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3. 翌日、正午過ぎ。「なんか今日、肌寒いわね」 リストが両手を組み、寒そうな様子で晴奈が泊まる部屋にやってきた。「コートかなんか無い?」「外套か? そこにある、私の羽織で良ければ」 一人で碁を詰めていた晴奈が壁にかけてある、藍色の羽織を指差す。「ちょっと借りるね。……おー、あったかーい」「それは良かった。しかし、リストたちは北方...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・神算録 2

    蒼天剣 第3部

    2008.10.10 (Fri)

     晴奈の話、第104話。渦巻く風。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. 天玄館の屋上に上がったエルスは、空を見上げる。(空気は確かに乾いているけれど、この風は……) 風は強く、一方向に流れていかない。北風かと思えば、突然南からの突風が来る。(博士が昔、言ってたっけ――央南の秋が終わる頃に、ある季節風が吹く。その際、その鍵状の地形が関係して、空気が巨大な渦を巻く。結果、央南の中心部に突然、低気圧が発生...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・神算録 1

    蒼天剣 第3部

    2008.10.10 (Fri)

     晴奈の話、第103話。一抹の不安。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. 晴奈とエルスが天玄館の執務室に向かうと、そこには既に紫明と、対黒炎隊の幹部たちが集まっていた。「……!? は、早いな、晴奈?」 主席の椅子に座っていた紫明が、まるで幽霊を見たかのような顔で出迎える。「ええ、明奈が魔術でここまで送ってくれました」 晴奈の説明で、紫明はようやく表情を崩した。「ふ、ふむ、そうか、道理で」「それより...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・術数録 5

    蒼天剣 第3部

    2008.10.10 (Fri)

     晴奈の話、第102話。新たな戦いの始まり。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5. 晴奈たちのところに戻ろうと、エルスたちが腰を上げたその時だった。「エルス! 大変だ!」 書庫の扉を開け、晴奈がバタバタとエルスたちに近寄ってきた。「どうしたんですか、姉さん?」 面食らった様子で声をかける良太に、晴奈はコホンと咳払いして説明する。「先程、黄海から速達で文が届いた。天玄に、天原の手勢が攻め込んだらしい...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・術数録 4

    蒼天剣 第3部

    2008.10.10 (Fri)

     晴奈の話、第101話。人が堕ちていく様子。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4. 次の日もエルスは良太を伴い、書庫に篭っていた。「今度はシノハラの情報集めだ。どんな人だったのか、それから目的は何か、今はどこにいるのか。その辺りを調べていこう」「お会いした時、おじい様から伺いませんでしたっけ?」 きょとんとする良太に、エルスは「んー……」と低くうなり、ゆっくりと説明した。「まあ、もう少し前後関係なり...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・術数録 3

    蒼天剣 第3部

    2008.10.10 (Fri)

     晴奈の話、第100話。ほのぼの。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3. 晴奈たちが紅蓮塞で夕食をとっていた、丁度その頃。「すまんな、チェスター君」「いいわよ、これも仕事だしー。……はーぁ」 黄海の黄屋敷にて、紫明とリストがどっさりと積まれた書類に判子を押していた。 元よりそうした書類仕事は少なくなかったのだが、紫明が主席になって以降はさらにその量が増え、紫明は前にもまして多忙の日々を送っていた。 ...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・術数録 2

    蒼天剣 第3部

    2008.10.10 (Fri)

     晴奈の話、第99話。権謀・術数、合わせて深い策略のこと。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2.「やっぱり黄海侵攻の際に連合が動かなかったのは、アマハラのせいだったんだよ」「そうか……」 エルスが書庫から晴奈の部屋に戻ってきたところで、丁度晴奈も戻ってきた。そこでエルスは書庫で調べた内容といくつかの考察を、晴奈に伝えた。「連合の議事録を調べてみたら、どうも裏で手を回して代表になったっぽいんだよね。...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・術数録 1

    蒼天剣 第3部

    2008.10.10 (Fri)

     晴奈の話、第98話。引き続き情報収集。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1.「リョータ君、奥さんとはどうなの?」「ふえ?」 良太とともに紅蓮塞の廊下を歩いていたところで、エルスはそう尋ねてみた。「アツアツ?」「え、えっと、まあ、……はい」 恥ずかしがる良太の反応が面白く、エルスはさらに聞き込んでみる。「そっかー、そうだよね、お子さんもいるし。結婚して、何年くらい?」「えーと、2年……、くらいです」...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・魔剣録 4

    蒼天剣 第3部

    2008.10.10 (Fri)

     晴奈の話、第97話。遺恨の傷痕。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4. 某所、天原の隠れ家。「災難でしたね、アマハラ君」「ええ、本当に。まったく焔流には、ほとほと手を焼かされますよ」 事情を聞きつけたワルラス卿が、天原の元を訪ねていた。「まあまあ、アマハラ君。それを言っては、シノハラ君たちに悪い」「おっと、そうでした。では言い換えて……、『旧』焔流には、ほとほと手を焼かされる、と」「はは……」 天...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・魔剣録 3

    蒼天剣 第3部

    2008.10.10 (Fri)

     晴奈の話、第96話。秘剣伝承。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3. これまで晴奈は、焔重蔵が武器を持った姿を二度見たことがある。 一度目は、晴奈が入門した時。そして二度目は、良太が入門して間も無い時。そのどちらも、重蔵は並々ならぬ気迫と技量を持って、晴奈たちにその力を見せた。 しかし、長年焔流家元として、多くの剣士たちの鑑とされた重蔵も、寄る年波には勝てないらしい。三度目に見た、その刀を持っ...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・魔剣録 2

    蒼天剣 第3部

    2008.10.10 (Fri)

     晴奈の話、第95話。焔流の内紛。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. 詳しい話をするため、晴奈とエルス、そして重蔵の三人は人払いをし、重蔵の私室に移った。「15年以上昔、この紅蓮塞に『三傑』と呼ばれた、才気あふれる剣士たちがおったんじゃ。 一、『剛剣』こと楢崎瞬二。一、『霊剣』こと藤川英心。そして最後の一人が『魔剣』こと、篠原龍明。 彼ら三人は同年代の剣士たちの中でも非常に抜きん出ており、い...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・魔剣録 1

    蒼天剣 第3部

    2008.10.10 (Fri)

     晴奈の話、第94話。幸せ一杯なご夫婦。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. 新たに現れた謎の敵、「新生」焔流剣士の篠原の素性を探るため、晴奈は焔流の総本山、紅蓮塞へと戻って来ていた。「へぇー、ここが紅蓮塞かぁ。厳格な場所だって聞いてたけど、意外にのどかな街なんだね」 市街地を見回すエルスに、晴奈はぱたぱたと手を振る。「いや、ここはまだ市街だ。修行場はあっちにある」 晴奈の示す方を見て、エルス...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・権謀録 6

    蒼天剣 第3部

    2008.10.10 (Fri)

     晴奈の話、第93話。風雲急を告げる。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -6. 某所。「ふー」 央中風の大きな椅子にもたれた天原はため息をつき、天井に向かって声をかけた。「篠原くんは、戻りましたか?」《いえ、まだ戻っておりません》「そうですか。意外に、てこずっているのかな。 はー……、猫女に追い掛け回されてのどが渇きました。飲み物を持ってきてください」 少し間を置き、部屋の戸を開けて黒ずくめの少女が...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・権謀録 5

    蒼天剣 第3部

    2008.10.10 (Fri)

     晴奈の話、第92話。強敵、出現。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5. 晴奈はキッと天原を睨みつける。「天原主席。これで言い逃れはできないぞ。 教団員と思しき黒ずくめ2名はエルスが捕らえ、残った1人もこうして親玉、つまりあなたのところに戻るのを確認した。最早、弁解の余地は無い」 真っ青になった天原は硬直している。が、突然笑い出した。「ヒ、ヒ……、ヒヒッ、そう思うか、本当にそう思うのか!」 そう叫...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・権謀録 4

    蒼天剣 第3部

    2008.10.10 (Fri)

     晴奈の話、第91話。エルスの迎撃作戦。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4.《アマハラくん》 夜遅く、天玄館の主席室に声が響く。黙々と書類をいじっていた天原は、その声に狐耳をピンと立てた。「ウィルソン台下ですか? 少々お待ちを」 天原はそっと、部屋の入口に鍵をかける。そして壁際の本棚を動かし、その裏にあった魔法陣の描かれた壁をさらす。「『扉』は開けました。どうぞ、おいでくださいませ」《ありがと...全文を読む

    PageTop▲

    前月     2008年10月       翌月

    Menu

    検索フォーム

    最新記事

    最新コメント

    カテゴリ

    プロフィール

    黄輪

    Author:黄輪
    猫と中華と可愛いものが好きなモノ書きです。ドット絵も描けますよ(*゚ー゚)ノシ

    ブロとも申請フォーム

    月別アーカイブ

    オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:

    現在の閲覧者数:

    QRコード

    QRコード