更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます


    日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

    【  2008年12月  】 

    蒼天剣・恋慕録 4

    蒼天剣 第4部

    2008.12.31 (Wed)

     晴奈の話、第182話。 お姫様、はじめての野宿。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4. 晴奈たちとフォルナが合流してから6時間ほどが経過し、流石に夕闇が濃くなってきた。「コレ以上は進めそうに無いわねー。今日はココで休もっか」「そうしましょう」 二人の会話を聞いたフォルナは驚いた顔をする。「え? ここで、と言うと?」 晴奈は地面を指差し、フォルナの問いに答える。「ここ、だ。野宿になる」「の、野宿、...全文を読む

    PageTop▲

    お便りいただきまして。

    雑記

    2008.12.31 (Wed)

     メイプルストーリーの方で、ある読者さん(以下、MMさんとさせていただきます)から当ブログと「蒼天剣」についてのご感想いただきました。ありがとうございます(*´∀`)とても参考になったので、以下、原文を引用してお返事させていただきますね。>HP見ました~。小説の更新の頻度、すごいですね…。あと、ドット絵の完成度が高くて羨ましいです。ありがとうございます。小説は書き溜めたものを1節ずつ掲載しています。現在...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・恋慕録 3

    蒼天剣 第4部

    2008.12.30 (Tue)

     晴奈の話、181話目。 女騎士のような。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3. その時だった。「まだ20にも満たぬ少女を4人がかりで惨殺か。それだからお前らは堕ちるのだ」 盗賊たちの背後から、鋭い一喝が飛んできた。「だ、誰だッ!?」 盗賊たちは一斉に振り向く。フォルナも目を開け、声のした方を見る。「お前らに名乗るような下賎な名前など、持ち合わせて……」「コウさま!」「……」 そこには口上を邪魔されて...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・恋慕録 2

    蒼天剣 第4部

    2008.12.29 (Mon)

     晴奈の話、第180話。 金に目がくらむ愚か者たち。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2.「!?」 フォルナは何が起こったのか、そして何をされているのか把握できなかった。「むっ、むぐ!?」「うるせえ。静かにしやがれ」 がっちりと口、肩、そして首をつかまれているため身動きが取れないが、背後から男の声がする。「騒ぐんじゃねえぞ」 フォルナを捕まえているのとは別の男らしい声がする。フォルナはまだ状況が飲...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・恋慕録 1

    蒼天剣 第4部

    2008.12.28 (Sun)

     晴奈の話、第179話。 おてんば恋姫の冒険。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. ゴールドコーストを後にした晴奈と小鈴は央中北部の国、ネール公国への道を進んでいた。「もう一度確認しても、よろしいですか?」「ん?」 晴奈が地図を眺めながら、小鈴に質問する。「ゴールドコーストを抜け、この街道を北上した後に、えっと……」「リトルマイン、ね。ゴールドコーストほどじゃないけど、ちっちゃい鉱山がある街よ」「...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣番外編 その2

    双月千年世界 短編・掌編

    2008.12.26 (Fri)

     晴奈の話、の幕間。バカ二人と、バカが大嫌いな魔術師の話。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -蒼天剣番外編 その2「おい、起きろ! 殿下がいない!」 フォルナの護衛、グリーズはフォルナがいないことに気が付き、慌てて相棒のオルソーを叩き起こした。「んが……。がっ!?」 相棒の言葉に、オルソーは慌てて目を開けた。「い、いないって、どう言う、あぁ!?」「いないんだよ! どこにも! 部屋にも下にも!」「……...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・繁華録 6

    蒼天剣 第4部

    2008.12.25 (Thu)

     晴奈の話、第178話。思いを馳せる。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -6.「ゴメンゴメン、大丈夫?」「は、はい……」 晴奈たちは静かなところまで少女を連れて行き、手当てをした。 手当てと言っても額に小さなコブができた程度であり、今は濡らした手拭でコブを冷やしている。「あたし、朝が弱くて……」「いえ、大丈夫ですから。……あの、それよりも、あの」 少女は晴奈の顔と服をじっと見て、なぜか頬を染めた。「……どう...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・繁華録 5

    蒼天剣 第4部

    2008.12.24 (Wed)

     晴奈の話、第177話。朝のラッシュ。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5. その夜、とある宿にて。「はぁ……」 港で晴奈を見かけたあの少女は、彼女の姿をぼんやりと思い出していた。(あの方……。遠めで見ただけでしたけれど、りりしい顔をしていたわ。何だかすごく、気になってしまいました。 央南の方ではないかと、オルソーたちが言っていたわね。央南……、わたくしの知識では確か、『仁徳と礼節の世界』だと聞いたこと...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・繁華録 4

    蒼天剣 第4部

    2008.12.23 (Tue)

     晴奈の話、176話。夫婦喧嘩。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4. 晴奈はプレアを連れ、朱海の店に戻ってきた。「あ、晴奈ちゃん。おかえり」 朱海がカウンターから身を乗り出し、声をかけてきた。「あれ? どした、その子?」「迷子になったようでして、放っておくのもまずいかと思い、連れてきた次第です」「あー、なるほどね。 ……ん? キミ、もしかしてチェイサー商会さんトコの子か?」 朱海の問いに、プレアは...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・繁華録 3

    蒼天剣 第4部

    2008.12.22 (Mon)

     晴奈の話、第175話。異邦人、晴奈。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3. 時刻は黄昏時になり、晴奈は黄金色に染まった街をぶらついていた。(『ごーるど』は、金のことだったな。で、『こーすと』は確か、湾岸だった。 ゴールドコーストとは『黄金の湾岸』、か) 街の名前をあれこれ類推しながら、晴奈は市街地を離れて港に向かう。 港町出身のためか、このような海の見える場所に来ると、晴奈の心は何故か躍る。「ん...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・繁華録 2

    蒼天剣 第4部

    2008.12.21 (Sun)

     晴奈の話、第174話。日上追跡のための下準備。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. 晴奈たちが5000クラムで得た情報は、次の通り。 まず、日上の有する軍事力、「日上軍閥」の存在。 元々、ジーン王国は大まかには山間部と沿岸部の二地域に大別される。王国の首都は山間部にあるのだが、それ故に沿岸部への影響力が弱い。 そのため歴史上、何度も首都や王室の意向から離れて独断専行する軍の派閥、「軍閥」が発生...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・繁華録 1

    蒼天剣 第4部

    2008.12.20 (Sat)

     晴奈の話、第173話。世界最大級の街。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. その昔、ゴールドマン家――いわゆる金火狐一族は央中の北東部、カレイドマインと言う街に住んでいた。 その街には巨大な鉱脈があり、「ゴールドマン」の名は、黄金を初めとする莫大な量の貴金属を掘り出し、加工して売っていたことに由来する。 ところが3世紀の終わり頃になって、その鉱脈が尽きた。金はおろか、錫や鉛すら出なくなってしまっ...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・黒峰録 5

    蒼天剣 第4部

    2008.12.19 (Fri)

     晴奈の話、第172話。晴奈のきもち。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5. ウェンディが言った通り、晴奈はそのまま何事も無く、黒鳥宮の外へと退出できた。「晴奈っ」 門前で待っていた小鈴が、心配そうな顔で駆け寄ってくる。「小鈴殿、ご心配をおかけしました」「大丈夫? ケガしてない? 変なコトされてない?」「心配ご無用。五体無事に帰ってまいりました」「そう、……良かった」 と、ここまで晴奈を送ってきたウ...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・黒峰録 4

    蒼天剣 第4部

    2008.12.18 (Thu)

     晴奈の話、第171話。女戦士V.S.女戦士。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4. 時刻は6時になり、夏でも肌寒い屏風山脈の風が、より冷たく吹き始めていた。 宮内に通された晴奈は、宮内の至るところで怒りと恨み、好奇の視線を向けられていた。焔に対する怒り。ウィルバーを初めとする、彼らの同胞たちを討った恨み。 そして「なぜウェンディ卿が、この女を呼んだのだろうか?」と言う好奇の目である。(息が詰まりそう...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・黒峰録 3

    蒼天剣 第4部

    2008.12.17 (Wed)

     晴奈の話、第170話。黒炎教団の「活動」。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3. 困っている者を助けることも布教、つまり宗教組織の活動の一環である。 黒炎教団も宗教組織であるから勿論、そうした救済活動を行っている。ただし「助ける代わりに何らかの寄進、もしくは入信を……」と言う名目の元に行われており、救済に対しはっきりとした見返りを要求する点は、他の宗教と大きく異なっている。 こうした性格を持つため...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・黒峰録 2

    蒼天剣 第4部

    2008.12.16 (Tue)

     晴奈の話、第169話。天空の霊園。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. 晴奈は前に一度、大火に連れられて中に入り、その広さに辟易したことがあったが、外側から改めて眺めると、その巨大さが良く分かる。 宮を囲む壁が、山の端から端まで続いているのだ。「山頂部でこの壁の長さと高さとは、驚嘆に値しますね。一つの街と言っても、過言ではない」「そうねー。何しろ屏風山脈の一角、黒狼山を丸々覆っているから。あた...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・黒峰録 1

    蒼天剣 第4部

    2008.12.15 (Mon)

     晴奈の話、第168話。克大火の昔話。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1.「しつこい奴だ」 大火は毒づきながら、その急坂を滑るように下る。いや、まさに立て板に水のごとく流れ落ちているのだ。飛翔の術、「エアリアル」の応用である。 彼の背後から、いかにもと言った風体の戦士が追いかけてくる。大火とは違い、己自身の脚力をもって追っているのだが、魔術の達人である大火の強力な術に離されること無く、じりじりと...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・世俗録 4

    蒼天剣 第4部

    2008.12.14 (Sun)

     晴奈の話、第167話。まじゅつし こすずが なかまになった!- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4. その後も小鈴から仇の日上について聞き出し、敵についておおよその事情がつかめた。 日上風中佐、北方に帰化した央南人の孫で、虎獣人の男性。 元は軍の諜報部で戦闘要員として活動していたが、後に軍の特殊強化訓練を経て、尉官、佐官と異例の昇格。中央政府との戦争で頭角を表し、対大火の急先鋒として活躍していると...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・世俗録 3

    蒼天剣 第4部

    2008.12.14 (Sun)

     晴奈の話、第166話。あの人とあの人の関係。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3. 店主に案内してもらい、晴奈は銀行にたどり着くことができた。「ほれ、ここが友達の勤めてる金火狐銀行、弧月支店だ」「金火狐?」「ゴールドマン家の通称だよ。一族みんな金毛の『狐』だから、そんな呼び名が付いたらしい」「ほう」 その後、晴奈は店主の友人と会い、早速クラム交換と多少の預金を行った。「これで世界中の金火狐銀行で...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・世俗録 2

    蒼天剣 第4部

    2008.12.12 (Fri)

     晴奈の話、第165話。双月世界の経済情勢。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. 何とか無事に出された焼鯖定食を食べた後、話好きの店主に色々と聞き込み、晴奈は世界情勢について学んだ。 まず今、世界の命運を左右している戦争のこと。 中央大陸の北中部にその勢力を誇る政治組織、中央政府が大火の傀儡であるとして、反大火姿勢を採る北方、ジーン王国が516年に宣戦布告。 今なお北方と央北を結ぶ海――北海で、戦...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・世俗録 1

    蒼天剣 第4部

    2008.12.11 (Thu)

     晴奈の話、第164話。先行き、いまいち不安。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. エルスの剣を奪い逃げ去った北方の虎獣人、日上中佐を追い、晴奈は黄海から南西にある街、弧月に来ていた。 早朝、黄海で情報を集めたところ、それらしい集団が南西の街道へ走っていくのを見た者がいたのだ。 弧月は央南でも歴史ある街の一つで、あちこちに古い建物や遺跡がある。中には紀元前10世紀以上を裕に越えるものもあるそうだ...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・悔恨録 4

    蒼天剣 第4部

    2008.12.09 (Tue)

     晴奈の話、第163話。長い旅の始まり。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4. 黄屋敷に戻った晴奈はそのまま部屋に閉じこもり、自分の不覚を恥じた。(ああ……! 賊の存在に気付いておきながら、むざむざ取り逃がすとは! 何が剣士だ、何が免許皆伝だ! 情けない、本当に情けなさ過ぎる……) 延々と自分を罵り、なじる。晴奈はうずくまり、自分を呪っていた。(この愚か者が、一体どうして許されようか……!)《あのさ》 ...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・悔恨録 3

    蒼天剣 第4部

    2008.12.08 (Mon)

     晴奈の話、第162話。エルスの過去。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3.「セイナ……、セイナ! しっかりして!」「……う、うう? ……エルス? エルスか?」 晴奈はエルスに抱き起こされた状態で、目を覚ました。「一体どうしたんだ!? こんなところで、君が倒れているなんて!?」 エルスの問いに応じず、晴奈はフラフラと起き上がり、ナイジェル邸の様子を確かめる。 そして既に賊たちの姿が無いことを確認し、晴奈...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・悔恨録 2

    蒼天剣 第4部

    2008.12.07 (Sun)

     晴奈の話、第161話。はるかな国からの侵入者たち。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. ナイジェル邸に侵入している者たちは、央南ではエルスたち以外に見かけたことの無い、異国の服を着ている。また髪や目の色、顔つきも、およそ央南人とは思えない。ただ、虎獣人だけは黒髪に灰縞の虎耳と尻尾で、その顔立ちも含め、央南風と見えなくもない。(彼奴ら、何者だ?) 晴奈はじっと扉の陰に潜み、中の様子と彼らの会話を...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・悔恨録 1

    蒼天剣 第4部

    2008.12.06 (Sat)

     晴奈の話、第160話。祝勝会。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. 黒炎教団との戦いが終わり、黄海にもようやく平和な空気が戻ってきていた。 これで晴奈の物語も終わり――とは、行かない。 またしても晴奈は、騒乱に巻き込まれることとなる。 落ち着けない生活、あわただしい日々――それもまた、彼女が英雄たる所以だろうか。 双月歴518年、7月。 戦争勝利を祝うため黄屋敷に将が集められ、宴が催された。「皆、...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣 目次(第3部;抗黒戦争編 後編)

    双月千年世界 目次 / あらすじ

    2008.12.05 (Fri)

     黄輪雑貨本店 総合目次感想用掲示板- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -「蒼天剣」地図- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -キャラ紹介双月世界の魔力・魔術観について双月世界の種族と遺伝 補足1双月世界の戸籍「双月暦」の暦- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -あらすじ蒼天剣・霊剣録1 2 3 4 5 6 7 8蒼天剣・狂狐録1 2 3 4 5 6 7 8 9 10蒼天剣・戦凪録1 2 3 4 5 6蒼天剣・鬼謀録1 2 3 4 5蒼天剣・魍魎録1 2 3 4...全文を読む

    PageTop▲

    12月待受

    携帯待受

    2008.12.04 (Thu)

     さてさて、今年もいよいよ残り一ヶ月になりました。2008年度の携帯待受も、これが最後っ。師走の語源なんて、調べるまでも無い。そう思ってたんですが、それでも一応調べてみることに。……えっ!?「師匠が走るから」師走じゃないんですか Σ(゚∀゚;)調べてみてちょっとびっくり。何でも「四季の果てる月」「一年の果てる月」だから、「四季、果てる」→「しはつ」→「しわす」、もしくは「年、果てる」→「としはつ」→「しわす」だそ...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・傑士録 4

    蒼天剣 第3部

    2008.12.03 (Wed)

     晴奈の話、第159話。好敵手との思い出。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4.「ウィル!」 晴奈が飛び起きると、そこは天玄館で晴奈が借りている寝室だった。 周りには明奈、リスト、そしてエルスがいる。「お姉さま、気が付きましたか!」 明奈は髪を拭きながら、心配そうな声をかけてくる。「明奈? ……ここは」 ぼんやりしている晴奈を見て、エルスが苦笑しつつ説明してくれた。「川の中で戦って力尽きた君を、明奈...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・傑士録 3

    蒼天剣 第3部

    2008.12.02 (Tue)

     晴奈の話、第158話。傑士の矜持。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3.「久しぶりだな、セイナ」 川の向こう岸で、ウィルバーは声を上げる。赤い月に照らされたその姿は、ひどく憔悴したように見えた。 晴奈はそのまま、川岸に向かって進む。「久しぶりだな。聞いたぞ、お前の窮状を」「ヘッ、そうでもねえよ。うるさい血縁関係から解放されて、清々してる」「清々? そうは見えぬな。顔色が悪いぞ。それに、目が野獣の...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・傑士録 2

    蒼天剣 第3部

    2008.12.01 (Mon)

     晴奈の話、第157話。複雑な胸中。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2.「……と言うわけで休戦を提案したく、参上いたしました」 ウェンディ卿は紫明とエルスの前で静々と語り終え、頭を下げた。「ふむ……」 紫明はウェンディ卿からの突然の提案に、腕を組んでうなっている。(そりゃまあ、何かの謀略かと思っちゃうよね) 気持ちを察したエルスが、代わりに応える。「えーと、まあ。黄主席は突然の申し出で混乱してらっし...全文を読む

    PageTop▲

    前月     2008年12月       翌月

    Menu

    検索フォーム

    最新記事

    最新コメント

    カテゴリ

    プロフィール

    黄輪

    Author:黄輪
    猫と中華と可愛いものが好きなモノ書きです。ドット絵も描けますよ(*゚ー゚)ノシ

    ブロとも申請フォーム

    月別アーカイブ

    オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:

    現在の閲覧者数:

    QRコード

    QRコード