更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます


    日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

    【  2010年02月  】 

    蒼天剣・狐狩録 3

    蒼天剣 第8部

    2010.02.28 (Sun)

     晴奈の話、第500話。無限ループの網。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3. 他の3組がモンスターと遭遇していた一方で、晴奈とトマスは依然、それらに出会っていなかった。「静か、……だね」「ああ」 晴奈たちの足音と声の他には、何の音も聞こえてこない。「みんな、大丈夫かな」「分からぬ」「一体テンコって、何者なんだろうね」「さあな」 その話し声も、ほぼ一方通行――トマスが問い、晴奈が短く答えるばかりで、弾...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・狐狩録 2

    蒼天剣 第8部

    2010.02.27 (Sat)

     晴奈の話、第499話。それぞれの対処。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2.「今のところ……、わしらの他には、人や獣などはおらぬようじゃ」「それなら状況を整理するくらいの余裕はありそうかな」 辺りの様子を伺うジーナに、ネロがいつものように、泰然とした様子で応じる。「しかし、聞いた通りの構造だね。一見、古代めいた神殿のように見える。でも、全体を眺めると……」 ネロの手元には、ラルフ教授から受け取った地...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・狐狩録 1

    蒼天剣 第8部

    2010.02.26 (Fri)

     晴奈の話、第498話。狐を狩るのか、狩られるか。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. 晴奈たちは灯りを片手に、階段を下りていく。「大分、降りていくみたいだね。空気も変わった」「ああ」 と、追いついてきた公安チームが首をかしげる。「おかしいわね……?」「え?」「こんなにこの階段、長かったっスかね?」「わたくしの記憶では、すぐに到着したはずですけれど」「ええ、私もそう思うわ」 さらに、後方の明奈と小...全文を読む

    PageTop▲

    2010年3月 携帯待受

    携帯待受

    2010.02.25 (Thu)

     3月の携帯待受です。日産のマーチ。3月なだけに。(480*854pxl)...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・騒心録 7

    蒼天剣 第8部

    2010.02.24 (Wed)

     晴奈の話、第497話。真ん中がはっきりしないシーソー。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -7. 小鈴は晴奈たちと離れた後、トマスを訪ねていた。「どうしたの、コスズさん?」 宿で本を読んでいたトマスに、小鈴は単刀直入に尋ねた。「率直に聞くわよ。アンタ、晴奈のコト好き?」「へ」 ストレートな質問に、トマスは面食らった。「え、それはどう言う意味……」「どーもこーも、そのまんま。恋人にしたいと思うかって言う...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・騒心録 6

    蒼天剣 第8部

    2010.02.23 (Tue)

     晴奈の話、第496話。戸惑う晴奈と小鈴の指摘。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -6. 晴奈の心が一向に落ち着かないまま、一行はミッドランドに到着した。(やはりモンスターは出たものの、晴奈たちの敵ではなかったのは言うまでもない)「お待ちしておりました」 まっすぐラーガ邸に向かい、当主のトラムと会談した。「状況は変化なし、です。 あの扉からモンスターが出ることもなく、と言って街に人が戻ったわけでもな...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・騒心録 5

    蒼天剣 第8部

    2010.02.22 (Mon)

     晴奈の話、第495話。友達から、……恋人に?- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5. 一通りの準備が整い、晴奈たちは財団が用意した馬車に乗って、ミッドランドへと向かっていた。「お姉さま、どうされたのかしら?」「さあ……?」 明奈とフォルナは、一人端の席に座って物思いにふける晴奈を眺めていた。 二人とも、晴奈を慕う「妹」同士である。打ち解けるのも早かったし、話題の半分は晴奈のことだった。「旅から帰ってき...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・騒心録 4

    蒼天剣 第8部

    2010.02.21 (Sun)

     晴奈の話、第494話。ざわめく心と、でこぼこデート。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4. どう言うわけか、晴奈の心はゴールドコーストを訪れてからずっと、ざわついていた。 表面的には普段と変わらなかったし、晴奈も平静に過ごしていたが、心の奥底ではずっと、形容しがたい感情が渦を巻いていた。「……どうしたの?」 ミッドランドへ向かう準備を整えるため市場に出かけていた晴奈は、一緒についてきたトマスから、...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・騒心録 3

    蒼天剣 第8部

    2010.02.20 (Sat)

     晴奈の話、第493話。友人の変貌。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3.「……気が付かれました?」 目を開けると、シルビアの心配そうな顔がそこにあった。「え……?」 晴奈は上体を起こし、きょとんとする。「あの、先程倒れられて……」「倒れた? 私が? ……ああ、そうか」 晴奈はようやく、自分が乳児室で気を失ったことを思い出した。「大丈夫ですか?」「ああ……。このところあちこちを飛び回っていたせいで、疲れてい...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・騒心録 2

    蒼天剣 第8部

    2010.02.19 (Fri)

     晴奈の話、第492話。子供と夢。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2.「あら、……セイナさん!」 晴奈は墓を参ったついでに、シルビアの教会に立ち寄っていた。 出迎えたシルビアは、泣きそうな笑顔で晴奈に頭を下げた。「本当に、……本当に、ありがとうございました」「いや、礼など。こちらこそ、礼を述べなければ」「え?」 晴奈は殺刹峰のアジトでウィルに会った話を、シルビアと子供たちに聞かせた。「まあ……、そんな...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・騒心録 1

    蒼天剣 第8部

    2010.02.18 (Thu)

     晴奈の話、第491話。心残りの整理。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. ゴールドコースト、金火狐財団の屋敷。「お待ちしとりましたで、皆さん」 財団総帥、ヘレン・ゴールドマン女史はニコニコとした顔で、晴奈たちを出迎えてくれた。「先にお送りした手紙でお伝えした通り、王国軍を派遣するには時間的な……」「ああ、はいはい。分かっとりますよ、なんぼ何でもジーン王国さんから仰山来てもらおうと思てませんて」 ...全文を読む

    PageTop▲

    双月世界の戸籍

    世界観・補足・考察

    2010.02.17 (Wed)

     次の話、「騒心録」を書いていて、ちょっと気になった部分、わだかまった部分を整頓。最近なんか、政治ネタに絡むことが多いなぁ。・基本的に夫婦別姓方式であり、相手の名字に変えることは稀・どこかの家督や屋号を継いだ場合は変えることが多い(ex.魔剣録 1など)・子供は父か母、どちらかの姓を継ぐ・父母両方の姓を名乗ったり、父のものでも母のものでも無い、別の姓を付けさせたりはしない・子供が成年・自立後に変え、戸...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・狐騒録 6

    蒼天剣 第8部

    2010.02.16 (Tue)

     晴奈の話、第490話。賢将の未来展望。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -6. エルスの発言に、トマスが目を丸くする。「乗るって、……どう言う意味?」「行くってことさ。セイナと一緒に、僕も央中へ」「何を言うんだよ、リロイ?」 当然、トマスは反発する。「央南の軍事最高責任者である君が、何で央中へ? どう言うつもりさ?」「どうってこれは、セイナの手助けと、央南・央中親交の一プランの提案さ。 トマスが提案...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・狐騒録 5

    蒼天剣 第8部

    2010.02.15 (Mon)

     晴奈の話、第489話。ヘレンの妙案。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5.「……君は……」 まだ衰弱状態にはあったが、公安チームはラルフと話をすることができた。「そうだ……確か2年前……うん……あの時、私を助けてくれた……」「覚えていただけて光栄ですわ、ホーランド教授。いくつか伺いたいことがございますが、よろしいでしょうか?」「……何かな……」 ラルフの顔は血色が悪く、目も淀んでいる。非常に衰弱しているのは明ら...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・狐騒録 4

    蒼天剣 第8部

    2010.02.14 (Sun)

     晴奈の話、第488話。ミイラ取りがミイラに。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4.「何か……、さっきから」 トラムから話を聞いたものの、ジュリアたちは特に手がかりとなるような話を聞けなかった。そこで住民に聞き込みをしようとラーガ邸を離れたところで、エランが口を開いた。「耳の奥がザワザワしてるんですよね」「風邪か?」「いえ、そんな感じじゃないんですけど」「おいおい勘弁してくれよ、エラン」 フェリオが...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・狐騒録 3

    蒼天剣 第8部

    2010.02.13 (Sat)

     晴奈の話、第487話。金火公安チーム出動。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3. ラルフの入院から以後、ミッドランドでは奇怪な現象が頻発した。「ねぇねぇ、次はあっちのお店見よーよぉ」「おう。それじゃ、……う……っ」「どしたの? ……ね、ねぇ? ねえってば!?」 突然、人が倒れるのだ。場所、人種、性別を問わず、バタバタと人が倒れていく。その数は1週間で、50人にも上った。 それも不思議なことに、数分前ま...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・狐騒録 2

    蒼天剣 第8部

    2010.02.12 (Fri)

     晴奈の話、第486話。取り憑かれた教授。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. ラルフ教授の専門は歴史学である。中央大陸の政治経済史を研究しており、現在この湖上の島国、ミッドランドに逗留しているのもそのためだ。 彼は晩年の研究として、「サウストレードの大交渉」を手がけていた。黒白戦争後の中央大陸全土における利権を巡り、大火と金火狐一族有数の英雄、二コル3世とが争った、「もう一つの黒白戦争」である...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・狐騒録 1

    蒼天剣 第8部

    2010.02.11 (Thu)

     晴奈の話、第485話。ミッドランドに眠る怪物。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1.《……ん……》 暗く、静かな底。《誰だ……オレを呼ぶのは……》「何か」がうっすらと、目を覚ました。《その声は……》 どこからか、波紋のように声が響いてくる。《久しぶりだな》《……おや……っ……お前、は……!》 その「何か」は突然、猛る声でまくしたてた。《テメエぇぇ……! よくもまあ、オレに気安く声をかけられるな!?》《落ち着け》《落...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣目次(第8部;天国と地獄編 前編)

    双月千年世界 目次 / あらすじ

    2010.02.10 (Wed)

     黄輪雑貨本店 総合目次感想用掲示板- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -「蒼天剣」地図- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -キャラ紹介双月世界の魔力・魔術観について双月世界の種族と遺伝 補足1双月世界の戸籍「双月暦」の暦- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -蒼天剣・風砦録1 2 3 4 5 6蒼天剣・回北録1 2 3 4 5 6 7 8蒼天剣・黒隠録1 2 3 4 5蒼天剣・騒北録1 2 3 4 5蒼天剣・帰郷録1 2 3 4 5蒼天剣・蒼天録1 2...全文を読む

    PageTop▲

    「蒼天剣」地図 1.1

    世界観・補足・考察

    2010.02.09 (Tue)

     先日お伝えしたとおり、央南地域の説明を追加。第3部でも触れましたが、ちょっとした戦国時代がありました。晴奈の家が治めている黄州や紅蓮塞のある紅州、天原家騒乱の舞台になった玄州など、央南の各州が争って覇権を握ろうとし、その結果央南は荒れに荒れました。そこで各州の代表者たちが集まって連邦制を採り、央南連合が誕生。央南地域内に平和が訪れました。ところが地域外からの脅威、例えば黒炎教団からの侵略などが年々...全文を読む

    PageTop▲

    「蒼天剣」地図 4

    世界観・補足・考察

    2010.02.08 (Mon)

     (赤い点は峠道を示す)第7部、8部の舞台になった北方大陸、通称「北方」について。作中でも触れたとおり、北方大陸は「雪と星の世界」。一年を通して、厳しい寒さが続く土地です。それだけにほとんどの海岸は完全に凍りついており、港を置くのは不可能。南側、通称「沿岸部」だけは氷が溶ける時期があるので、そこに港が集中しました。  央中地域の説明で述べたように、港運の便がいいと都市は発展します。国際化が進んだ双月暦...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・蒼天録 9

    蒼天剣 第8部

    2010.02.07 (Sun)

     晴奈の話、第484話。How done it?- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -9. 突如目の前に戻ってきた晴奈とジーナを見て、リストは目を丸くした。「……! あ、アンタたち、ドコ行ってたのよ!?」「あ」 晴奈はきょろきょろと辺りを見回し、自分たちが黄海に戻ってきたことを確認した。「……はぁ。ちゃんと戻してくれたようだ」「何なのよ……」 リストは何が何だか分からず、目を白黒させていた。 と、騒ぎを聞きつけてトマス...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・蒼天録 8

    蒼天剣 第8部

    2010.02.06 (Sat)

     晴奈の話、第483話。道化師の最後の抵抗。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -8. 白虎に導かれ、晴奈とジーナは祠の外に出た。「……何じゃ、あの大きな影は」 ジーナが顔を挙げ、ポツリとつぶやく。晴奈の目にも最初、それは巨大な黒い影にしか見えなかった。「少しばかり、霧が深うございますね。えい」 白虎は手をぱたっと振り、風を起こした。 霧が払われ、改めてその巨大な影の正体が眼に映る。「……これはまた」 現...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・蒼天録 7

    蒼天剣 第8部

    2010.02.05 (Fri)

     晴奈の話、第482話。晴奈と「蒼天剣」の邂逅。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -7. 対決から30分後、晴奈は目を覚ました。「う……ん」「お目覚めになられましたか」 うっすらと目を開けると、白虎のニコニコとした顔が映った。「あ、れ……?」「試験は合格でございます。今度は及第点などとお茶を濁さず、満点にしておきましょう」「……ふん」 晴奈は立ち上がろうとしたところで、左腕に違和感を覚える。「いた……っ」 ...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・蒼天録 6

    蒼天剣 第8部

    2010.02.04 (Thu)

     晴奈の話、第481話。剛剣の想起;無理を通す。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -6. 白虎の構えを見て、晴奈の目は思わず潤んだ。(楢崎殿……!) 白虎のそれは、悲運の剣豪・楢崎瞬二の剛胆な構え、そのものだった。「先のお二人方は『技』をお借りいたしましたが、『剛剣』は読んで字の如く剛の剣、怪力の剣でございます。 一切の小細工・小技を排した、どこどこまでも一本気な戦い方――実を申しますれば、わたくし、あ...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・蒼天録 5

    蒼天剣 第8部

    2010.02.03 (Wed)

     晴奈の話、第480話。霊剣の想起;星剣舞のエッセンス。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5. 白虎は首筋に刀を当てられたまま、クスクス笑っている。「クスクスクスクス。なるほど、なかなかの腕前でございますね」「もっとも、篠原本人が相手であったならば、どうだったかは分からぬがな。 ……試験はこれで終わりか?」「いえいえ、まだまだ続きます」 白虎はひょいと身を引き、刀を構え直した。今度の構えは八相に近い...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・蒼天録 4

    蒼天剣 第8部

    2010.02.02 (Tue)

     晴奈の話、第479話。魔剣の想起;懐かしき太刀筋。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4.「『蒼天剣』?」 晴奈が聞き返すと、白虎は握っていた刀を一振り差し出した。「はい。克大火があなたのためだけに打った、紛れも無い神器でございます。 名を『晴空刀 蒼天』、またの名を『蒼天剣』と申します。素晴らしい刀ですよ。手にすれば必ずや、世界の頂点に立つ剣士になれましょう。 ですが」 晴奈に刀を渡したところで...全文を読む

    PageTop▲

    蒼天剣・蒼天録 3

    蒼天剣 第8部

    2010.02.01 (Mon)

     晴奈の話、第478話。不気味な道化師。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3.「……ん?」「何じゃ……?」 前方からヒタヒタと足音が近付いてくるのに、晴奈たちは気付いた。「また、あの岩の塊か……?」「いや、それにしては音が小さすぎる。……人のようじゃ」 ジーナの言う通り、晴奈たちに近付いてきたのは人間のようだった。「クスクスクスクス」「……?」 声からして、どうやら女性であるらしい。 やがて霧の向こうから、...全文を読む

    PageTop▲

    前月     2010年02月       翌月

    Menu

    検索フォーム

    最新記事

    最新コメント

    プロフィール

    黄輪

    Author:黄輪
    猫と中華と可愛いものが好きなモノ書きです。ドット絵も描けますよ(*゚ー゚)ノシ

    ブロとも申請フォーム

    オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:

    現在の閲覧者数:

    QRコード

    QRコード