FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます


    日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

    【  2012年05月  】 

    白猫夢・遭克抄 1

    白猫夢 第1部

    2012.05.31 (Thu)

     麒麟を巡る話、第26話。仮面の女剣士。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. ゴールドコーストを後にした秋也たち三人は、ミッドランドへ向かうべく、街道を進んでいた。「ミッドランドまでは、あとどのくらいなんだ?」 そう尋ねたウォンに、秋也は地図を広げながら答える。「えーと……、今いるのが、ココだろ。リトルマインから北にちょっと、行ったところ」「この先街道が分かれているが、これは西に進むんだな?」「...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢 目次(第1部;秋也、青春群像編 前編)

    双月千年世界 目次 / あらすじ

    2012.05.30 (Wed)

     絵師さん募集中!黄輪雑貨本店 総合目次 (あらすじもこちらにあります)- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -「白猫夢」地図- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -双月世界の魔力・魔術観について双月世界の種族と遺伝 補足1双月世界の戸籍「双月暦」の暦- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1話目から読みたい方はこちら白猫夢・麒麟抄1白猫夢・秋分抄1 2 3 4 5白猫夢・橘喜抄1 2 3 4 5白猫夢・逸狼抄1 2 3 4 5 6 ...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・旧交抄 8

    白猫夢 第1部

    2012.05.29 (Tue)

     麒麟を巡る話、第25話。思いを馳せる'41。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -8. 次の日、昂子は秋也たちに手を引かれる形で、ウィルとシルキスのところへ、赤虎亭での無礼に対する謝罪を行った。 二人は昂子の謝罪を快く受け入れ、改めて5人で市中を巡り、遊ぶことになった。「なーなー、どないやった、ウチのご飯?」「うん、すっごく美味しかった!」 シルキスの両親が営む定食屋で昼食を取り、シルキスは昂子の反応...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・旧交抄 7

    白猫夢 第1部

    2012.05.28 (Mon)

     麒麟を巡る話、第24話。見方、聞き方を広げるために。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -7. 公園で一休みしたところで、秋也たちはウィルと別れ、宿へと戻って来た。「ただいまー」「おかえり。ドコ行ってたの?」 出迎えた昂子に、秋也は公園で買ったサンドイッチを渡す。「ウィルの仕事先。ウォンを雇ってもらえないかって」「ふーん」 昂子はサンドイッチの包みを開きながら、ウォンに尋ねる。「行けそうなの?」「...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・旧交抄 6

    白猫夢 第1部

    2012.05.27 (Sun)

     麒麟を巡る話、第23話。不採用通知。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -6. プレアの返答に、ウィルは信じられない、と言いたげな顔をする。「どうしてです?」「今は大会プロモーターと出版業が商会の主軸とは言え、うちはまだ、情報屋の端くれよ。この子が『山』でやったこと、私も聞いてるのよ」「……っ」 プレアの言葉に、ウォンは顔を強張らせる。「ウォンが、何をしたんです?」「簡単に言うと、謀反ね。教団上層部...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・旧交抄 5

    白猫夢 第1部

    2012.05.26 (Sat)

     麒麟を巡る話、第22話。自堕落娘。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5. 赤虎亭で飲み明かした翌日。 秋也たちの泊まっていた宿を、ウィルが訪ねてきた。「よぉ、シュウヤ、ウォン」「おー……」「……」 散々飲んでいたため、秋也はひどい頭痛を覚えている。ウォンも同様らしく、ソファにぐったりともたれながら、のろのろと手を挙げてウィルに応える。 一方、ウィルの方はまったく響いていないらしい。「お前ら、二日酔...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・旧交抄 4

    白猫夢 第1部

    2012.05.25 (Fri)

     麒麟を巡る話、第21話。ウォンの職探し。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4. 秋也と昂子、ウォン、そしてウィルとシルキスの5人で卓を囲み、改めて再会祝いと、初対面の挨拶とを行った。「どーも、アコ・タチバナ、です。13歳、魔術師を、目指して、ます。……通じてる?」 たどたどしい央中語での挨拶に、ウィルとシルキスはにっこり笑みを返す。「分かる分かる」「大丈夫やでー」 続いて、ウォンも自己紹介を行う...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・旧交抄 3

    白猫夢 第1部

    2012.05.24 (Thu)

     麒麟を巡る話、第20話。旧友との再会。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3. ウィルたちが来るまでの間、秋也たち三人は、カウンターの向こうで作られている料理に釘付けになっていた。「ソレ、何です?」「ん? ああ、トビウオだ。今が旬だからな、脂が乗っててうまいぞ。今朝上がったばっかりだから刺身には持って来いだし、後は天ぷらだな」「うはぁ……、うまそう」 朱海の魚捌きに秋也が食い付いている横で、昂子と...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・旧交抄 2

    白猫夢 第1部

    2012.05.23 (Wed)

     麒麟を巡る話、第19話。懐かしいあの店に。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. 夕暮れを迎えるよりも少し前辺りには、三人は央中の中心地、そして世界最大の都市であるゴールドコーストに到着した。「確かに大きな街だ。黒鳥宮も相当に広いと思っていたが、比較にならないな」 きょろきょろと辺りを見回すウォンに対し、昂子はフン、と鼻を鳴らして見せる。「アンタ、まるで田舎者ね。ちょっとは落ち着いたら?」「お...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・旧交抄 1

    白猫夢 第1部

    2012.05.22 (Tue)

     麒麟を巡る話、第18話。今後の相談。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. 屏風山脈を西へ下り、三人はいよいよ央中地域に入った。 山道を抜けた直後の、その道中――。「でさ、確かに香りはいいなーとは思ったんだけど、あんまり……、何だっけ、コーヒー? って飲まないからさ、味はあんまり……」「だよねー。ま、あたしは好きかもって思ったけど。 ねえ、ウォンはコーヒー好きな方?」「……」 秋也と昂子は山道でも何度...全文を読む

    PageTop▲

    2012年6月携帯待受

    携帯待受

    2012.05.21 (Mon)

     6月の携帯待受。ホンダのトールワゴン、エディックス。当ブログのお客さんの一部は、FC2の機能により足跡が確認できます。内訳としては、ファンタジー関係で来られたのが7割、クルマ関係で来られたのが2割くらい。(ちなみに残り1割は猫関係ですが、それは今回置いておいて)その、クルマ関係で来られた方の中で、このエディックスをプッシュされている方がいらっしゃり、興味を惹かれたので今回、待受を作成してみました。こうい...全文を読む

    PageTop▲

    業務連絡;総合目次ページを簡略化しました

    雑記

    2012.05.20 (Sun)

     http://auring.web.fc2.com/au-novel.html総合目次が若干重たく、また、見辛い部分があったため、それぞれの目次ページに飛ぶように変更しました。あらすじはまたおいおい、と言うことで。...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・逸狼抄 7

    白猫夢 第1部

    2012.05.19 (Sat)

     麒麟を巡る話、第17話。とりあえずの和解。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -7.「あ、やっぱり! どうしたんだその頭、……と耳と尻尾と」「……言いたくない」 ウォンは背を向け、逃げ去ろうとする。 その様子を見て、秋也はピンときた。「もしかしてお前、破門された、……とか?」「……ッ!」 足を止めたウォンに、秋也は質問を続けようかとためらう。 ところが昂子は、お構いなしにこう言い放った。「え、追い出された...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・逸狼抄 6

    白猫夢 第1部

    2012.05.18 (Fri)

     麒麟を巡る話、第16話。はぐれおおかみ。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -6. ウォンが起こしたこの騒動は、教主であるウェンディ・ウィルソンによって、その日のうちに裁かれた。 まず、ウォンに加担し、兵を集めた6人については、頭と耳、尻尾を丸刈りにした上で独房に3ヶ月の禁錮。さらに僧兵から降格、平の教団員に格下げされた。 また、扇動に乗った50数名についても、先の6人同様丸刈りと、1ヶ月の禁錮処...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・逸狼抄 5

    白猫夢 第1部

    2012.05.17 (Thu)

     麒麟を巡る話、第15話。焔流と黒炎、若獅子対決。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5. 多数の僧兵に囲まれた中でも、秋也の心はまるで乱れていなかった。(試験の時は、相手が相手だったからなー……。アレは正直、どーしたらいいか困ってた。 こーやってハッキリ、『敵だっ』って分かってりゃ、なんも悩まないで済む) 刃先をすい、とウォンの喉元に定め、秋也は正眼の構えを取る。 一方のウォンも、まだ顔を紅くして...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・逸狼抄 4

    白猫夢 第1部

    2012.05.16 (Wed)

     麒麟を巡る話、第14話。峠の封鎖。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4. 宿を後にしてから4、5時間ほどが経ち、秋也と昂子は峠の中腹に差し掛かった。「もうお昼くらいだよね」 懐中時計をチラチラと見つつ、そうつぶやいた昂子に、秋也はニヤ、と笑って見せる。「なんだ、もう腹減ったのか?」「そりゃ減るよ、朝ご飯あんなだったし」「ま、そりゃそうか。んじゃ、この辺りで……」 と、秋也はそこで言葉を切り、峠の...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・逸狼抄 3

    白猫夢 第1部

    2012.05.15 (Tue)

     麒麟を巡る話、第13話。ウォンの暴走。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3.「あー……、だから朝食は雑だったんだな。昨夜のに比べて」「露骨に嫌がってたわね。ま、缶詰よりはマシだけどさ」 翌朝、黒荘の宿を発った二人は、店主の態度について話していた。「にしてもさ、根に持ち過ぎだと思うんだよね。そりゃ確かに、大会で恥かかされたってのはあるだろうけど、ソレだって結局、秋也より弱かったからじゃんよ」「お前...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・逸狼抄 2

    白猫夢 第1部

    2012.05.14 (Mon)

     麒麟を巡る話、第12話。確執、今もなお。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2.「うめー」「うまぁ」 缶詰ではない食事を口にし、秋也と昂子は同時に感動する。「肉、臭くない!」「野菜、こんなに食べられる!」「やっぱり……」 そしてまた同時に、二人は声を挙げた。「普通の料理、サイコー!」 と、二人で騒いでいるところに、店主がそっとやってくる。「すまんが、お二方。あまり大声を出すのは遠慮願いたい」「あ、...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・逸狼抄 1

    白猫夢 第1部

    2012.05.13 (Sun)

     麒麟を巡る話、第11話。黒い領地に来た焔。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1.「それは、本当ですかっ」 そのうわさを聞いた狼獣人の少年は、思わず大声を挙げていた。「……あ、と。すみません」 静かな聖堂に響き渡ったその大声は自分にも返り、彼は周囲に頭を下げる。「それで、その、……奴がこちらに向かっている、と?」「その可能性は非常に高い。 黒荘に到着したと言うことは、それ即ち、東側の峠を上ってくるつ...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・橘喜抄 5

    白猫夢 第1部

    2012.05.12 (Sat)

     麒麟を巡る話、第10話。明日に向かって。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5. 喧嘩はひとまず収まったが、険悪な雰囲気は解消されなかった。「……」「……」 街道の端と端で、二人とも背を向けて座り込んでいる。「……」「……」 一言も言葉を交わさず、両者とも所在無さげに草を抜いたり、石や木の枝を放り投げたりしている。 そのうちに日が傾き、街道は赤く染まり出した。「……ねえ」 と、昂子の方から声をかけてきた。...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・橘喜抄 4

    白猫夢 第1部

    2012.05.11 (Fri)

     麒麟を巡る話、第9話。本音と言い訳の衝突。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4. 翌日になり、ようやく橘邸に刀が届けられた。「お待たせ、秋也君。コレで準備、万端ね」「ありがとうございます、小鈴さん」 喜ぶ秋也の陰で、昂子がやはりどことなく、面倒くさそうな顔をしている。「さーて、昂子」「なに?」「いい加減、肚決めなさいよ。アンタ自分で、『行く』っつったんだから」「分かってるって、行くよ、行くって...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・橘喜抄 3

    白猫夢 第1部

    2012.05.10 (Thu)

     麒麟を巡る話、第8話。央南と世界の変遷。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3. 秋也が弧月に駆け込んでから、1週間が経った。 本来ならば、とっくに昂子を伴い、ミッドランドへと向かっているはずだったのだが、秋也にとって肝心のもの、即ち刀がまだ届いていなかったためである。「まーだ届かないの!? 今、ドコよ!? 発注してどんだけ経ったと思ってんの!?」 小鈴が頭巾を頭に巻き、誰かに向かって怒鳴り散ら...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・橘喜抄 2

    白猫夢 第1部

    2012.05.09 (Wed)

     麒麟を巡る話、第7話。20年の結果。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. エルス・小鈴夫妻には子供が4人いる。 その内の一人、長女の飛鳥は秋也と同じ19歳ながら、既に橘喜新聞社の社員として働いており、将来は次期社長、小鈴のポストに就くと目されている。 一方で末娘の昂子は、先月で13歳になったばかりの少女である。そんな多感な時期にある彼女は、その先月の誕生日にこんなことを言いだしたのだ。「お父...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・橘喜抄 1

    白猫夢 第1部

    2012.05.08 (Tue)

     麒麟を巡る話、第6話。英雄、「大徳」の今。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. 西大海洋同盟が発足したのは、双月暦520年のことである。 元々は、「中央政府」と呼ばれた央北の超大国を壊滅・占領した「ヘブン」と呼ばれる新興軍事国に対し、北方・央中・央南の三地域が軍事・政治的連携を取ったことに端を発する組織である。 発足後、「ヘブン」との間で戦争が起こり、その結果、同盟側が勝利を収めた。同盟側か...全文を読む

    PageTop▲

    クルマのドット絵 その50.3

    クルマのドット絵

    2012.05.07 (Mon)

     節目の50回を迎えたということで、ずっと昔に制作したドット絵の中でも特にその出来、クオリティの低さが気になっていたものを、この機会に打ち直しました。・メルセデス・ベンツ SSK(1929)・ホンダ S2000(1999)・ホンダ シビック タイプR(1998)まず、何度か紹介してきたメルセデスの名車、SSK。あろうことか、前バージョンは前輪が1ピクセルながら浮いており、クルマとして有り得ない状態になっていたのを修正。あとはフロン...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・秋分抄 5

    白猫夢 第1部

    2012.05.06 (Sun)

     麒麟を巡る話、第5話。再挑戦への交渉。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5. 開口一番、橘飛鳥は秋也にこう言い放った。「アンタって、あたしが思ってた以上にバカだったのね」「う……」 苦い顔をした秋也に、飛鳥は立て続けになじってくる。「小雪さんの言う通りじゃん。アンタ最近、天狗になり過ぎだったし。そもそも、ちょっといーコトあると、途端に得意げになる、かるーい性格してるし。 そんなだから試験に落ちた...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・秋分抄 4

    白猫夢 第1部

    2012.05.05 (Sat)

     麒麟を巡る話、第4話。落第。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4. 秋也が堂を出たところで、小雪はようやく顔を向けてきた。「……」 だがその顔には、温かさは微塵も感じられない。昨日までのニコニコと笑う彼女の姿は、そこには無かった。「あの、こ、こゆ、……家元……」「残念ね」「う……」 小雪は冷たいまなざしを向け、続いてこうなじる。「あなたはもっと、剣士として修業を積むべきね。ちょっと大きな大会で優勝して...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・秋分抄 3

    白猫夢 第1部

    2012.05.04 (Fri)

     麒麟を巡る話、第3話。鬼より怖い母。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3. その瞬間、空気が変わったのを、秋也は感じた。(……熱っつ……?) 不意にやってきた熱気に、秋也は曲がった刀をつかんで飛び上がった。 そこにいたのは、自分と同じくらいの歳に見える三毛耳の、猫獣人の少女だった。(母さん!? ……じゃない) 自分が知るより大分若い彼女の姿に、秋也はそれが、母本人ではないとすぐに気付く。 しかし、こ...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・秋分抄 2

    白猫夢 第1部

    2012.05.03 (Thu)

     麒麟を巡る話、第2話。幼馴染は家元。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2.「おはよう、秋也」 家元の間に通された秋也は、ぴし、と背筋をただした。「おはようございます、こゆ、……家元」 上座に座っていた、まだどこか幼さの残る長耳は、にこりと笑って立ち上がった。「『小雪お姉ちゃん』でも構わないけれど?」「い、いえ」「まあ、そう呼ぶような歳でも無いわよね。何だかんだ言って、わたしももう25だし、あなた...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・秋分抄 1

    白猫夢 第1部

    2012.05.02 (Wed)

     麒麟を巡る話、第1話。大剣豪の息子。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. とある、教会の中。「母さん?」 白地に茶色と言う毛並みをした、黒髪の猫獣人の男の子が、不意にうずくまった三毛耳の母親を見て驚く。「どうしたの?」「……あ、……いや」 普段から気丈に振る舞い、凛々しい姿を見せるこの母が、こんな青ざめた顔を見せるとは思わず、少年は戸惑った。「顔色、わるいよ? 大丈夫?」 が、顔色とは裏腹に、そ...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・麒麟抄 1

    白猫夢 第1部

    2012.05.01 (Tue)

     麒麟の話、第1話。克大火の弟子;未来を見つめる者。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. 読めていたはずだ。「な……なんで……」 ボクには、すべてが読めていたはずだった。「なんで……こうなった……」 読めていたはずだったんだ! だけど何故、何故!?「思い知ったか、麒麟」「なにを、……何を、思い知れって言うんだッ!」 何故ボクは、このいけ好かない、真っ黒な、「己の身の程を、だ」「……ッ、そんなもの!」 魔術...全文を読む

    PageTop▲

    前月     2012年05月       翌月

    Menu

    検索フォーム

    最新記事

    最新コメント

    カテゴリ

    プロフィール

    黄輪

    Author:黄輪
    猫と中華と可愛いものが好きなモノ書きです。ドット絵も描けますよ(*゚ー゚)ノシ

    ブロとも申請フォーム

    月別アーカイブ

    オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:

    現在の閲覧者数:

    QRコード

    QRコード