更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます


    日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

    【  2013年01月  】 

    白猫夢・剣宴抄 4

    白猫夢 第4部

    2013.01.31 (Thu)

     麒麟を巡る話、第173話。冷静対冷静。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4. 霙子の息子、暎吉(あきよし)が勝利し、第二回戦は黄派の次鋒、朱明との対決となった。「よろしくお願いします」 そろってぺこ、と頭を下げ、竹刀を構える。 この対戦は知る人ぞ知る、面白い組み合わせだった。片や雪乃の一番弟子、晴奈の甥であり、片や雪乃の二番弟子、霙子の息子である。 雪乃の一番弟子と二番弟子の、それぞれの孫弟子同...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・剣宴抄 3

    白猫夢 第4部

    2013.01.30 (Wed)

     麒麟を巡る話、第172話。剣士たちの宴、始まる。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3. 事前に明奈とプレアは試合形式と出場者の選出方法を、両陣営に伝えていた。 まず前述の通り、試合形式は5対5の勝ち抜き団体戦。先鋒対先鋒から進め、三本勝負の二本先取で勝利。負けた先鋒は次鋒に交代し、同様に負けた側が中堅、副将、大将と交代していき、先に相手側の大将を倒した方が勝利となる。 そして選出される者について...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・剣宴抄 2

    白猫夢 第4部

    2013.01.29 (Tue)

     麒麟を巡る話、第171話。お祭り騒ぎ。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. 昔から、黄晴奈と言う人物は一つの「悪い癖」を持っていた。 自分の考えと違うこと、意に沿わないことが起こると、それについて小声でブチブチと文句をこぼす点である。「……確かに交流戦を承知しはしたが、こんなお祭り騒ぎにするとは聞いておらぬ。内輪で催すのならまだしも、街中巻き込んでの宴会にするなどとは」「まあまあ」 そして姉のそ...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・剣宴抄 1

    白猫夢 第4部

    2013.01.28 (Mon)

     麒麟を巡る話、第170話。交流戦。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. 柊学園の設立も決まり、その準備も順調に進んでいた、双月暦544年の春間近の頃。 この頃には、元々から黄派焔流道場に在籍していた者と、紅蓮塞から移ってきた者との境目も薄くなってきており、その両門下生らが稽古終わりに入り混じって歓談することも、まったく珍しい光景ではなくなっていた。「大分空気がしっとりしてきたよなー」「だなぁ。...全文を読む

    PageTop▲

    クルマのドット絵 その54

    クルマのドット絵

    2013.01.27 (Sun)

     3ヶ月ぶりの、クルマのドット絵。今回はポルシェから3点。・ポルシェ 944(1991)・ポルシェ Cayman(2008)・ポルシェ Panamera(2010)ポルシェと言えば有名、と言うか他の車種を圧倒して登場するのが、911。ただ、これは長年にわたり生産されており、バリエーションがあまりにも豊富過ぎるため、今回はパスしました。(恐らく中途半端に古い911を描こうとした場合、集めた素材がいつの年式なのか分からなくなり、調査に次ぐ調査で作業...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・明察抄 4

    白猫夢 第4部

    2013.01.26 (Sat)

     麒麟を巡る話、第169話。昔に戻って、昔に戻れなくて。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4. 雪乃が学校長に選ばれてから数日後、雪乃および経営陣(勿論、明奈率いる黄商会のことである)は次のことを発表した。 まず、開校の予定日。教員や事務員の募集、校舎建設などの準備があるため、開校は翌545年の4月からとなった。 その他建設地や募集要項などを黄州全体に発表するとともに、雪乃から己自身の身の振りにつ...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・明察抄 3

    白猫夢 第4部

    2013.01.25 (Fri)

     麒麟を巡る話、第168話。方向転換。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3.「学校?」 思ってもみない提案に、晴奈も雪乃も面食らう。「学校って、つまり、わたしたちが勉強を教えるってこと?」「ちょっと違います。確かにそれも多少はやってもらおうとは考えていますが、基本的には元々、紅蓮塞でされていた指導・鍛錬とほぼ変わりません。 ただ、主旨を少し変えるつもりですが」「主旨、……と言うと?」「指導の重点を剣...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・明察抄 2

    白猫夢 第4部

    2013.01.24 (Thu)

     麒麟を巡る話、第167話。テイク・オフを目の前にして。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. 職にあぶれた焔流剣士たちが紅蓮塞に流れてきたのと同様に、黄海にも剣士たちの姿がちらほらと、目に付くようになった。「師匠。昔、青江へ旅をした際に楢崎派道場で会った虎獣人のことを、覚えておいででしょうか?」 明奈を交えて三人で茶を飲んでいたところで晴奈にそう尋ねられ、雪乃はコクリとうなずく。「ええ、柏木くん...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・明察抄 1

    白猫夢 第4部

    2013.01.23 (Wed)

     麒麟を巡る話、第166話。神器の書、信念の書、矜持の書。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. 焔流分裂から1週間が経った、双月節も間近のある夜。「すみません、質問させていただきたいことがあるのですが、よろしいでしょうか?」 そう挨拶して朱明が、黄屋敷内の雪乃一家が仮住まいしている部屋へと訪ねてきた。「あら、朱明くん。質問って、わたしに?」「ええ。あ、もしかしたらこの話は、良太先生の方が詳しいか...全文を読む

    PageTop▲

    2013年2月携帯待受

    携帯待受

    2013.01.22 (Tue)

       2013年、2月の携帯待受。フィアットの人気車種、500(チンクエチェント)。以前に何かの記事で話しましたが、イタリア車のイメージカラーは総じて赤色。(フェラーリやアルファロメオなどを想像してもらうと分かりやすいかも)こう言う青色はあまり使われていません。だからこその、あえての青。思っていたより綺麗に仕上がりました。Calender picture application by Henry Le Chatelier...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・逐雪抄 8

    白猫夢 第4部

    2013.01.21 (Mon)

     麒麟を巡る話、第165話。アナリスト、明奈。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -8.「まず、経済面ですけれど」 明奈は自分を指差し、こう説明した。「焔流の収入・運営資金は、本拠の紅蓮塞周辺における温泉街からの献金が3割。央南連合軍をはじめとする、武力を必要とする各組織からの報酬と謝礼金が5割。そして残りの2割ですけれど、わたしみたいな央南各都市の有力商人、商家からの献金・援助金です。 今回の件で、...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・逐雪抄 7

    白猫夢 第4部

    2013.01.20 (Sun)

     麒麟を巡る話、第164話。焔流の分裂。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -7. 門を抜け、街道を進んでしばらくしたところで、雪乃たちは良太と笠尾の二人と合流した。「無事で良かった、雪さん。そうそう、松さんもやっぱり、僕たちと一緒に来るってさ」「良かったわ。でも……」 雪乃は良蔵が既に小雪派に付いていたこと、そして月乃が襲いかかって来たことを話した。「そうか……、なんか、悲しいな」 良太はそうつぶやき、...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・逐雪抄 6

    白猫夢 第4部

    2013.01.19 (Sat)

     麒麟を巡る話、第163話。人望と指導の賜物。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -6. 月乃と戦っている間に、どうやら相手方も雪乃たちの動きに気付き始めたらしい。(塞の上の方に、どんどん灯りが点ってるわね。のんびりしてたら、ここまで来ちゃうかも) 雪乃は晶奈へ振り返り、声をかける。「晶ちゃん、そろそろ行こっか」「あ、は、はい」 晶奈は目を白黒させ、雪乃の後に付く。「大丈夫? どこか怪我したの?」「い...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・逐雪抄 5

    白猫夢 第4部

    2013.01.18 (Fri)

     麒麟を巡る話、第162話。獣道に迷い込んだ「猫」。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5. そのまま寮を後にし、二人は紅蓮塞の門前に向かう。「……あのっ、母上」 と、晶奈が思いつめたような声色で、雪乃に話しかけてきた。「ん? どうしたの、晶ちゃん」「母上は良お兄様が、……あのような、自堕落な生活を送っていたことに、……その、どうお考えでしょうか?」「……」 雪乃は立ち止まり、そして笑って見せた。「そうね、...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・逐雪抄 4

    白猫夢 第4部

    2013.01.17 (Thu)

     麒麟を巡る話、第161話。雪乃の子供たち。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4. 修行場まで近付いたところで、雪乃は魔術を唱えた。「『インビジブル』」 かつて親友、橘小鈴から又聞きした、「旅の賢者」の秘術である。 唱えると同時に雪乃の姿が消え、誰にも視認できなくなる。(これ教わった時、小鈴、むくれてたわね。治療術だけじゃなく、これもわたしの方がうまく使えたから) 雪乃が使う魔術はほとんど小鈴から...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・逐雪抄 3

    白猫夢 第4部

    2013.01.16 (Wed)

     麒麟を巡る話、第160話。大先生、雪乃の逐電。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3. 謀議を終え、小雪に追従していた者たちはバラバラと離れ、明日の計画実行の準備へと向かっていた。 と――その一人であった笠尾が、辺りを伺いつつ紅蓮塞の本堂裏手、焔雪乃・良太夫妻の住む離れを訪れた。「もし、大先生……」 辺りに漏れないよう、そっと声をかける。「起きていらっしゃいますか」「ええ。今開けるわ」 少し間を置いて...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・逐雪抄 2

    白猫夢 第4部

    2013.01.15 (Tue)

     麒麟を巡る話、第159話。黄家の談義、焔流の謀議。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. 晴奈は甥の朱明を後継者にしてもよいかと、まずは彼の母、即ち己の妹である当代黄家宗主、黄明奈に打診した。「どうだろう? いや、明奈が自分の後継者にと考えているなら、そちらを優先するが」「お姉様」 これを受けた明奈は眉をひそめ、あからさまに嫌そうな顔を見せた。「昔、ご自分にされたこと、忘れてらっしゃるのね」「う...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・逐雪抄 1

    白猫夢 第4部

    2013.01.14 (Mon)

     麒麟を巡る話、第158話。道を誤る者。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. 央南の大都市、黄海の街はずれ。 黄派焔流剣術の門下生が5人、隠れるように集まっていた。「秋也のヤツ、本当に持って来てくれるのかな……?」「どーだろーなー」「先生の息子ったって、流石に『アレ』持って来るなんて……」 こそこそとそんな話をしていたところに、その本人――「黄先生」の息子、黄秋也がやって来た。「いやー、苦労したぜ」「...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・麒麟抄 4

    白猫夢 第4部

    2013.01.13 (Sun)

     麒麟の話、第4話。秒速1センチの奇跡。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4. もしもセイナが。あの英雄、セイナ・コウが。 もしも、秒速1センチでも歩くのが早かったら。 あるいはもしも、秒速1センチでも歩くのが遅かったら。 さて、世界はどうなっただろう? もしも秒速1センチ早かったら、彼女は剣士にはならなかった。 だってそうだろ? 彼女が13歳の時、後に自分の師匠となる人間が酔っ払いに絡まれてる...全文を読む

    PageTop▲

    あけましておめでとうございます

    雑記

    2013.01.01 (Tue)

     新年明けまして、おめでとうございます。当ブログにお越しいただいた皆様、僕の素材をご利用いただいた皆様、旧年中は大変お世話になりました。皆様のご厚意、お礼申し上げます。昨年の主なトピックとしては、「火紅狐」の完結と「白猫夢」の連載開始、そして多数のイラストをいただいたことですね。特にイラストを提供していただいたことは、正直ブログランキング1位を獲ったことよりも嬉しかったです。(残念ながら昨年、2位に後...全文を読む

    PageTop▲

    前月     2013年01月       翌月

    Menu

    検索フォーム

    最新記事

    最新コメント

    カテゴリ

    プロフィール

    黄輪

    Author:黄輪
    猫と中華と可愛いものが好きなモノ書きです。ドット絵も描けますよ(*゚ー゚)ノシ

    ブロとも申請フォーム

    オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:

    現在の閲覧者数:

    QRコード

    QRコード