更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます


    日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

    【  2013年02月  】 

    白猫夢・落紅抄 1

    白猫夢 第4部

    2013.02.28 (Thu)

     麒麟を巡る話、第198話。戦いの終わり。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. 拘束された朔明と笠尾の両名は、翌日のうちに拘置所へ移送されることとなった。現時点での罪名は、公務執行妨害、傷害および殺人未遂、またその教唆となっている。 笠尾に命じて州軍の兵士8名を襲わせ、うち2名は重体である。死者こそ出なかったものの、それでも軍相手に狼藉を働いた現行犯である。 そして今後は当局から然るべき処置が下...全文を読む

    PageTop▲

    業務連絡;コメントを残される際に留意していただきたい件

    雑記

    2013.02.27 (Wed)

     ここ最近、当ブログに様々なコメントやメールをいただく機会が増え、非常にうれしい限りです。「いつも読んでます! 頑張ってください!」など応援の言葉をいただいた際には、心躍る思いをしております(*´∀`)非常にうれしいのは確かなんですが。ただ、時々、ちょっと困ってしまう内容のコメントないしメールをいただく時があります。具体的には「相互リンクをしたい」と言う旨のものなのですが、どこのサイト、もしくはブログ...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・龍息抄 6

    白猫夢 第4部

    2013.02.26 (Tue)

     麒麟を巡る話、第197話。×印。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -6. 霙子と御経がじっと見守る中、晴奈と朔明は互いに刀を構えたまま、にらみ合っていた。 いや――晴奈の方はまったくブレを見せず、凛と構えているが、一方の朔明はボタボタと汗を流し、刀の切っ先をカタカタと揺らしている。「……勝てると思っているんですか」 それでもなお、朔明は強がった台詞を口にする。「20年まともに刀を握っていないあなたが、...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・龍息抄 5

    白猫夢 第4部

    2013.02.25 (Mon)

     麒麟を巡る話、第196話。傲慢な剣。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5. 関戸たちは三人がかりで笠尾に対峙する。「1対3が卑怯とは言うまいな? 50対6で袋叩きにしようとした貴様らが」「……ふん」 笠尾は刀を一振り抜き――。「言うものか。……貴様らには俺一人で十分だからだ」 さらに脇差を抜き、二刀流の構えを見せた。「二刀流……?」「焔流の流儀では無い……、型だな」「一刀流の焔流に、それぞれの手に刀を構え...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・龍息抄 4

    白猫夢 第4部

    2013.02.24 (Sun)

     麒麟を巡る話、第195話。晴奈の一喝。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4.「……くく」 晴奈のクスクスと笑う声が、その殺伐とした場に響く。「何がおかしいんです? 最早これまでと諦めましたか?」「はは……。いいや、馬鹿な奴らだ、と呆れたのだ」「何ですって?」「ええ、そうね。おかしくてたまらない」 霙子が同意する。「左様。斯様な光景、滑稽この上なし」 御経もうなずく。「何がおかしい! ……と聞いているん...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・龍息抄 3

    白猫夢 第4部

    2013.02.23 (Sat)

     麒麟を巡る話、第194話。壁際での攻防。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3. 清滝――いや、篠原朔明は晴奈と対峙し、こう尋ねた。「私の本名まで分かってらっしゃると言うことは……、我々の計画は、ほとんど発覚していると言う認識でよろしいでしょうか?」「無論だ。此度の騒動、貴様がすべて裏で手を引いていたこと、既に割れている」「なるほど、なるほど。では我々の目的もご存知でしょうね」「私と、焔流に対する復讐...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・龍息抄 2

    白猫夢 第4部

    2013.02.22 (Fri)

     麒麟を巡る話、第193話。黒幕の露呈。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. 晴奈は霙子と信頼できる剣士――晴奈の直弟子である水越と紀伊見、柊派の関戸、そして御経を連れ、笠尾と「篠原」の捜索に乗り出した。「笠尾錬士については、朝から姿が見えません」「道場にも顔を出しておりませんし、他の錬士や門下生らも見ていないとのことです」 水越らの報告に続き、御経が手を挙げた。「ただ、『篠原』に関してはいつも通...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・龍息抄 1

    白猫夢 第4部

    2013.02.21 (Thu)

     麒麟を巡る話、第192話。30年越しの恨み。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. 篠原朔明が生まれたのは、双月暦502年のことである。 その1年前、彼の両親である篠原龍明と竹田朔美は、紅蓮塞において「新生焔流」を名乗り謀反を起こしたが、当時の家元である焔重蔵に阻止され、失敗。 扇動し、味方に付けた門下生20余名を連れ、そのまま紅蓮塞から逃亡した。 それから2年後、篠原らは隠密の職を得ることにな...全文を読む

    PageTop▲

    2013年3月携帯待受

    携帯待受

    2013.02.20 (Wed)

       2013年、3月の携帯待受。現行型から一個前の、日産のマーチ。こちらは以前にも待受にしたことがあるのですが、制作した当時にいただいた感想として、「キャラクタの顔色が悪い」と言われたことが。まだまだ勉強不足、技術不足でした。というわけでリベンジの意味も込めて、もう一度制作。今度はかわいくなったはず。Calender picture application by Henry Le Chatelier...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・背任抄 5

    白猫夢 第4部

    2013.02.19 (Tue)

     麒麟を巡る話、第191話。不安な指揮体制。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5. 突然の狙撃により、明奈は重傷を負った。 心臓や頭と言った、当たれば即死するような箇所は奇跡的に外れたものの、それでも肺と肝臓を貫通する形で矢が刺さっており、病院に運ばれて即、面会謝絶となった。「先生、母は助かるのですか……!?」 朱明は顔を真っ青にし、医師に尋ねる。「一応、峠は越しましたが、射られた場所が場所です。魔...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・背任抄 4

    白猫夢 第4部

    2013.02.18 (Mon)

     麒麟を巡る話、第190話。裏で手を引く者たち。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4. 紅蓮塞が妙な動きを見せたことは、黄州側でも早急に察知された。「紅州境に、浪人が結集……?」 報告を受けた明奈は、直ちに動いた。「最後のあがきに出よう、と言うことかも知れません。至急州軍に連絡し、紅黄街道の警備体制を最大限強化するよう伝えてください。 黄州に入られれば、州内の焔流道場は少なからず動じるでしょう。それ...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・背任抄 3

    白猫夢 第4部

    2013.02.17 (Sun)

     麒麟を巡る話、第189話。詭弁で誇りを焚き付ける。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3.「何がおかしい!?」 いきり立つ九鬼に、深見はニヤニヤしながらこう返す。「お前さんもなかなか、目先しか追えない奴だなと思ってな。 この目論見を知って、今更塞を抜けるか? なるほど、仁義と礼節に篤いご立派な剣士だ。そりゃ、そうしてもいい。それはそれで、お前さんの矜持は一応なりには守られるだろうさ。 だが得られる...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・背任抄 2

    白猫夢 第4部

    2013.02.16 (Sat)

     麒麟を巡る話、第188話。壊れた正義。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. 深見は煙草を一息吸い、ふーっと吐き出してから話し始めた。「俺も黄も、実はある男から命じられてるんだ。ここに残り、焔流を徹底的に混乱させろってな」「ある男……? 誰だ、そいつは?」 九鬼が問うが、深見は肩をすくめて返す。「それは、ま、おいおい話す。とりあえず、『ある男』だ。 そいつはな、焔流と、そこの黄のお袋さん、つまり『...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・背任抄 1

    白猫夢 第4部

    2013.02.15 (Fri)

     麒麟を巡る話、第187話。側近らの本意。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. 双月暦544年、夏間近の、しかし重苦しい天気が続く頃。 昨年暮れから続いた資金難を解消し、塞内の人間と、抱えていた500名もの浪人たちを充実させたのも束の間、家宰であった御経の裏切りでその半分近くを失い、小雪は半狂乱と化していた。「なんで……なんでよ……なんでこんなことばっかり……」「……」 残された側近、深見と月乃、そして...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・暗計抄 8

    白猫夢 第4部

    2013.02.14 (Thu)

     麒麟を巡る話、第186話。仄見える、悲惨な結末。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -8. 明奈は、きっちりと約束を守った。 御経をはじめ、紅蓮塞から黄海へ逐電した浪人たちに、明奈は柊学園での教職や用務員、黄商会関係の用心棒、黄州軍での指導教官など、様々な職をあてがった。 そして御経自身にも柊学園における教頭職が打診され、御経はこれを快諾した。「黄、まさかお前とまた、こうして碁を囲むことができようと...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・暗計抄 7

    白猫夢 第4部

    2013.02.13 (Wed)

     麒麟を巡る話、第185話。剣士にあるまじき者。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -7. 御経と明奈が密談を交わした翌日――これまで無理難題に近い提案をし続けてきた央南連合が突如、こんな案を出してきた。「これまでの3日、交渉を続けて参りましたが、どちらの意にも沿わない案ばかりが出ており、まったく進展が無いまま過ぎました。 これでは互いに時間を浪費するばかりです。心苦しいですが、我々が多少、譲歩しようか...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・暗計抄 6

    白猫夢 第4部

    2013.02.12 (Tue)

     麒麟を巡る話、第184話。定食屋での密談。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -6.「共に修行した頃から数十年が経てども、拙者は黄の字を忘れてはおりませんし、奴の言いそうなこと、言わなさそうなことも見当が付きます。 黄がこんな、人を利、不利で誘うようなことを言うはずが無い」「あら……、バレちゃいましたか」 明奈はぺろ、と舌を出して見せた。「姉の字を真似るの、得意だと思っていたんですけどね」「ええ、字は...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・暗計抄 5

    白猫夢 第4部

    2013.02.11 (Mon)

     麒麟を巡る話、第183話。おてがみ?- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5. 交渉に進展が見られないまま、3日が過ぎた。「侵略を行ったのは資金不足によるもの。それを央南連合が補うなら紅州解放を約束する」として金を要求する紅蓮塞と、「我々の提示した内容に従うなら、資金供給は吝かではない」として、紅蓮塞にとってひどく分の悪い条件を突きつけてくる央南連合との話し合いは平行線をたどるばかりであり、紅蓮塞側...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・暗計抄 4

    白猫夢 第4部

    2013.02.10 (Sun)

     麒麟を巡る話、第182話。紅蓮塞と連合の交渉。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4. 連合と紅蓮塞との交渉は紅州と白州の境にある街、椛町で行われることとなった。「ではまず、現在起こっている問題の確認を行い、そしてそれについて対応策を検討したいと思います」 連合主席、三国が連合側の代表となり、交渉が始められる。「現在、紅州は武力組織、紅蓮塞がその実力を行使し、不当に支配している状態である。これが我...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・暗計抄 3

    白猫夢 第4部

    2013.02.09 (Sat)

     麒麟を巡る話、第181話。馬脚を露した家元。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3. 央南連合は紅蓮塞に対し、これ以上の侵略行為を行わないことと、占拠した都市を解放することを要請した。「『なお、従わない場合には実力行使もやむを得ないものとする』、……ですって? 従う義理なんか無いわよ!」 これを受けて、小雪はあからさまに不快感を示した。しかしそれを、御経が平伏してなだめる。「いや、ここは聞き分けてい...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・暗計抄 2

    白猫夢 第4部

    2013.02.08 (Fri)

     麒麟を巡る話、第180話。連合の不安。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. 小雪派による紅州実効支配を受け、央南連合は戦々恐々としていた。 央南連合は元々、各州間で起こる諸問題を、戦争と言う最終的・暴力的手段を使わず解決するために設立された機関である。 そのため今回のように、一つの州が不当な暴力を以て占拠・征服され、近隣州にまで危害が及ぶことなど、あってはならない事態だったからである。「奴らの...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・暗計抄 1

    白猫夢 第4部

    2013.02.07 (Thu)

     麒麟を巡る話、第179話。仁義と礼節なき乱暴者。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. 柊派の離反以降、紅蓮塞における「本家」焔流――小雪派は、混乱と暴走の一途をたどっていた。 まず、紅蓮塞の台所事情が既に火急の状況であったことが、冷静になる機会を失わせた。 柊派離反以前の資金源の7割に上る、軍や商家からの謝礼や献金、援助金を差し止められた上に、軍をはじめとする武力組織からの強制的な解雇・排斥を受...全文を読む

    PageTop▲

    業務連絡;「白猫夢」目次とあらすじを追加しました(第3部)

    雑記

    2013.02.06 (Wed)

     http://auring.web.fc2.com/au-novel.html上記ページにて、「白猫夢」第3部の目次とあらすじを追加しました。http://auring.web.fc2.com/ha-outline3.html(第3部)ようやく先程、第4部の執筆が終了しました。いやぁ、悩んだ悩んだ。「キャラが動く」と言う言葉がありますが、今回はその逆。キャラが動かない、動かない。無理矢理動かしても不自然だしぎこちないしで、何度修正を重ねたか。余談ですが、自分のファイル名の付け方、...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・剣宴抄 9

    白猫夢 第4部

    2013.02.05 (Tue)

     麒麟を巡る話、第178話。妹たちの懸念。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -9. 晴奈の怒りに対し、明奈はこう返した。「確かに賭けはしておりました。けれどお姉様、それが何か、いけない結果を生じさせましたか?」「市民はともかくとしてもだ、剣士や門下生に対してまで射幸心をあおるようなことを仕掛けるなど、剣士としての誇り、理念を惑わせるようなものだ」 晴奈はそう反論したが、明奈はふるふると首を振った。「...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・剣宴抄 8

    白猫夢 第4部

    2013.02.04 (Mon)

     麒麟を巡る話、第177話。宴が終わって。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -8. 柊派も副将が敗れ、いよいよ大将戦、範士同士の大一番となった。「よろしくお願いします」 どちらも大将に選ばれた者同士とは言え、霙子の方が年齢も経験量も、子弟の筋で言っても格上であり、黄派の不利は明らかだった。「やあッ!」 清滝は先程の防戦姿勢とは逆に、果敢に間合いへ踏み込み、霙子に仕掛けていく。一方、霙子はそれをきっち...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・剣宴抄 7

    白猫夢 第4部

    2013.02.03 (Sun)

     麒麟を巡る話、第176話。酣(たけなわ)。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -7. 両陣とも中堅までの三人が敗れ、七回戦は副将同士の対決となった。「……」 柊派の中堅、笠尾は礼以外に言葉を発さず、静かに構える。「始め!」 そして一本目が始まっても笠尾は動かず、じっと正眼に構えていた。「りゃあッ!」 当然、水越が先に仕掛ける形となる。 しかしこれもほとんど最小限の動作で受け切り、それでもなお迫ってくる...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・剣宴抄 6

    白猫夢 第4部

    2013.02.02 (Sat)

     麒麟を巡る話、第175話。シーソーゲーム。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -6. 悔しそうな顔で壇上から戻ってきた朱明に、晴奈は声をかけた。「なかなか善戦したが、最後は逆に罠にかけられる形となったな」「そう……、ですね」「説教するようだが、朱明」 晴奈は朱明を自分の横に座るよう促し、先程の戦い方をとがめる。「ここぞと言うところで策を弄する人間は、自信と実力が付かんぞ。ましてや目上を嵌めようなど、褒...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・剣宴抄 5

    白猫夢 第4部

    2013.02.01 (Fri)

     麒麟を巡る話、第174話。朱明、策を弄す。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5. 両陣とも先鋒が敗れ、三回戦は次鋒対次鋒、朱明と晶奈との戦いとなった。「よろしくお願いします」 朱明と晶奈が、互いに礼をする。 柔らかい印象を与える朱明に比べ、晶奈は凛とした空気を漂わせていた。(小雪や良蔵と比べて、晶奈が刀を振るうところはあまり目にしてはいないが……、一見したところ、16歳にしてはなかなか鍛錬を積んで...全文を読む

    PageTop▲

    前月     2013年02月       翌月

    Menu

    検索フォーム

    最新記事

    最新コメント

    カテゴリ

    プロフィール

    黄輪

    Author:黄輪
    猫と中華と可愛いものが好きなモノ書きです。ドット絵も描けますよ(*゚ー゚)ノシ

    ブロとも申請フォーム

    オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:

    現在の閲覧者数:

    QRコード

    QRコード