FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます


    日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

    【  2013年10月  】 

    白猫夢・分派抄 2

    白猫夢 第6部

    2013.10.31 (Thu)

     麒麟を巡る話、第288話。2つの派閥。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. 第1日目の講義が終わり、新しく入ったゼミ生の何人かは、茫然としていた。「……すげえ難しい」「うん……」「やべー……。何言ってるか全然分かんなかった」 早くも挫折気味になっている者もいたが、大多数のゼミ生は早速、今日の受講内容を復習していた。「トポリーノ親子ってすごい方たちなんですね、本当」「ホンマになぁ。ポスター見る限りでは...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・分派抄 1

    白猫夢 第6部

    2013.10.30 (Wed)

     麒麟を巡る話、第287話。初日の講義。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. 562年上半期の天狐ゼミ、開講初日。「おっす、お前ら。昨夜も大騒ぎしてたみてーだな。エルガのおばちゃん、またイライラしてたぜ。ま、いつものコトだから気にするほどでもねーけど、一応、会ったら謝っとけよ。 ……っと、初回だからな。ちゃんと挨拶しとくか」 講義室に現れた天狐が、軽く会釈する。「改めて自己紹介させてもらうぜ。オレ...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・五雛抄 7

    白猫夢 第6部

    2013.10.29 (Tue)

     麒麟を巡る話、第286話。新入生歓迎会。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -7. フィオへの面接を最後に、562年上半期のゼミ生募集は終了時刻を迎えた。 それと同時に、ゼミ生たちの寮「エルガ亭」では、今期入塾生の歓迎会を開く準備が整えられていた。「あの、わたしも何かお手伝いを……」 申し出た春に、先輩たちは「いやいや」とやんわり首を振る。「新入生はじっとしてな」「そうそう、ゲストなんだから」「いいん...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・五雛抄 6

    白猫夢 第6部

    2013.10.28 (Mon)

     麒麟を巡る話、第285話。ふしぎな少年。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -6. 玄関に向かった鈴林が、ニコニコと笑いながら戻って来た。「姉さん姉さんっ、も一人受講希望者が来たよっ」「お、そっか。……ギリギリだな」 目の端でチラ、と確認すると、時計は締切の5分前を指している。「でねっ、その子も……」「子? ……って言うと、また10代のヤツか?」「うんうんっ」「……ま、とにかく面接だな」 やって来たのは、1...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・五雛抄 5

    白猫夢 第6部

    2013.10.27 (Sun)

     麒麟を巡る話、第284話。克大火の六人弟子。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5. 葵が入寮してから2日が経ち、563年度上半期ゼミ生の募集も、この日に最終日を迎えた。「今期の入塾生は、……9名、と。平年よりちょっと少な目だな」「だねっ」 名簿を付けながら、天狐と鈴林は今期生について感想を交わす。「数は少ないが、内容はかなり珍しいよな。何たって、9名中4名が10代だからな」「うんうんっ。前期も前々...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・五雛抄 4

    白猫夢 第6部

    2013.10.26 (Sat)

     麒麟を巡る話、第283話。モール・ホールデム。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4. マロが開いたカードゲームの場は、大いに盛り上がっていた。 今宵行われていたのは、「ウィザード・ホールデム」、もしくは「モール・ホールデム」と呼ばれているカードゲームである。この名称は言うまでも無くあのギャンブル好きの賢者、モール・リッチに由来する。 使用されるのは、1~9の数字にそれぞれ魔術の6属性(火・氷・水...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・五雛抄 3

    白猫夢 第6部

    2013.10.25 (Fri)

     麒麟を巡る話、第282話。狐と狼の少年。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3. 葵が入寮したその晩、食堂にて。 彼女は早速、マークが「気を許すな」と忠告していた少年、マラネロと出会った。 葵より1歳か2歳程度年下に見える彼は、葵ににこっと屈託なく笑い、声をかけてきた。「あのー、今日入った方、……ですよね?」「うん」 遠くでマークが目を白黒させて眺めていたが、葵は彼の正面に座る。「はじめまして、よろ...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・五雛抄 2

    白猫夢 第6部

    2013.10.24 (Thu)

     麒麟を巡る話、第281話。葵の入寮。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. 20年前の、秋也たちが「特別集中講義」を受けた際には、彼らは天狐と鈴林の家に寄宿していた。 しかしそれは、寄宿する人数が非常に少なかったことと、通常時には寄宿場所として使われている宿が、休講中につき休館していたためであり、562年上半期講義が始まろうとしている今は、普通に営業している。 よって鈴林も、葵をその宿――「エルガ...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・五雛抄 1

    白猫夢 第6部

    2013.10.23 (Wed)

     麒麟を巡る話、第280話。天狐の面接。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1.「姉(あね)さんにゃ似てねーな。親父さんの面影は割かしあるけど」 それが天狐ゼミ塾長、克天狐が葵に向けて放った第一声だった。「あねさん?」「ん……、お前さんの父方のお婆ちゃんに当たる人のコトだ。その人とオレとは、色々あってな。 ……で、だ。渾沌、何でコイツをオレんトコに連れてきたんだ? ココは魔術塾であって、訓練所じゃねーん...全文を読む

    PageTop▲

    2013年11月携帯待受

    携帯待受

    2013.10.22 (Tue)

       2013年、11月の携帯待受。日産の人気車種、ノート。そろそろ今年の待受画像も終盤です。今年は前2年とデザインを大きく変え、背景に色を付けてみました。来年も背景部分のデザインを強化したいと考えていますが、何か案、もしくはリクエストがあれば、お気軽にコメントをお願いします。Calender picture application by Henry Le Chatelier...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・離西抄 4

    白猫夢 第6部

    2013.10.21 (Mon)

     麒麟を巡る話、第279話。お別れ。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4.「カズラ」 葛が泣き止んだところで、葵が口を開いた。「なに……?」「最後に、一回だけ仕合しよっか」「え?」 葵は葛から手を放し、まとめていた荷物の中から竹刀と道着を取り出した。「だめ?」「……ううん、やる」 葛はぐしぐしと顔を拭き、葵の誘いに応じた。 門下生が全員帰った後の、既に夕日も落ち、暗くなった道場を、葵と葛が訪れた。「防...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・離西抄 3

    白猫夢 第6部

    2013.10.20 (Sun)

     麒麟を巡る話、第278話。故郷を離れる前に。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3. 葵がプラティノアールを離れることになり、彼女が通っていた学校や道場では一時、その話題で持ち切りになった。「聞いた? ハーミット姉のこと」「あー、聞いた聞いた。中央大陸に行くらしいって」「そうそう。なんかすごい難しいゼミに行くって言ってた」「うんうん、で、学校の方は退学するって。びっくりだよねー」「って言ってもさ、...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・離西抄 2

    白猫夢 第6部

    2013.10.19 (Sat)

     麒麟を巡る話、第277話。修行の誘い。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. 自分の膝を打つ寸前で手刀を止め、渾沌はソファの裏まで跳んだ葵に、仮面越しにチラ、と目をやる。「傷、治してあげるわよ」「……うん」 葵の額に、じわ……、と血が垂れている。渾沌の放った手刀で切られたらしい。 もう一度自分の膝に頭を乗せた葵に、渾沌はにたぁ、と笑って見せた。「難訓と戦った時は、相手に慢心があったし、標的はあなたじ...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・離西抄 1

    白猫夢 第6部

    2013.10.18 (Fri)

     麒麟を巡る話、第276話。諭す渾沌。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. 双月暦542年以降、ハーミット卿と大火は密かに友好関係を築いていた。 この関係を公にしていないのは、排他意識が強く、かつ多くの宗教・宗派が存在する西方において、黒炎教団の現人神である大火とつながりがあると知られれば、無用な宗教対立を生じさせかねないためである。 そしてもう一つ、公にしない理由として、卿が自身を「大火との連...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・立葵抄 7

    白猫夢 第6部

    2013.10.17 (Thu)

     麒麟を巡る話、第275話。千年級の会話;人形遣い二人。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -7. 同日、明け方。 どこか、遠い場所で。 難訓は激怒していた。「アウ……アウ……」「ガガ……ガピー……」 伴っていた人形たちにあらん限りの「折檻」を加えてもなお、怒りが収まらない。「……」 一言でも耳にすればたちまち心が張り裂け、脳が溶け腐りそうな悪口雑言を、喉がかれるほどに吐き散らしても、難訓のほとぼりが冷める様子...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・立葵抄 6

    白猫夢 第6部

    2013.10.16 (Wed)

     麒麟を巡る話、第274話。「勘」の考察。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -6.「『勘』ってものを砕いて言い換えるとするなら、『あっちとこっちを比較したら、何となくあっちの方が怪しそうな気がする』って表現になるだろう。 しかしそもそも、その『何となくそんな気がする』って言う判断基準は、二人はどうやって付けてると思う?」「え? んー……」 ハーミット卿の問いに、秋也とベルが異口同音に答える。「ソレこそ...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・立葵抄 5

    白猫夢 第6部

    2013.10.15 (Tue)

     麒麟を巡る話、第273話。SS、面目丸つぶれ。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5.「以上です」 アテナから顛末を伝え聞いた秋也たち夫妻は、揃って怪訝な表情を浮かべていた。「『以上』って言われても……」「わたしが卿から伺った内容は、先程の説明ですべてです」 そう返したアテナに、夫妻はまたも、揃って首を横に振る。「んなこと聞いてるんじゃないよ。あたしたちが言いたいのは、話の内容が信じられないってこと...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・立葵抄 4

    白猫夢 第6部

    2013.10.14 (Mon)

     麒麟を巡る話、第272話。妖魔撃退。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4.「交渉だと!? ……コホン、交渉ですか」 どうにかしゃなりとした声色を出して、「リンネル」が応じる。「あなた方とわたくしが、何を交渉すると言うのです」「じいちゃんを解放して、この先一生、二度と手を出さないで。その代わりあたしは、あなたに手を出させないから」「そんな内容のどこが、交渉と言うのです」「じゃああたしと戦う? もしか...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・立葵抄 3

    白猫夢 第6部

    2013.10.13 (Sun)

     麒麟を巡る話、第271話。目覚めた眠り猫。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3. 葵の木刀でこめかみを打たれて転がっていた、赤と黒のドレスを着た人形――トリノが立ち上がり、腰に佩いていた剣を抜く。「主様のご命令により、始末いたします」「やだ」 葵は木刀をトリノに向け、構え直す。 と、青と黒のドレス――フュージョンも立ち上がり、魔杖を構えてくる。「重ねて申し上げます。始末いたします」「やだってば」 葵...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・立葵抄 2

    白猫夢 第6部

    2013.10.12 (Sat)

     麒麟を巡る話、第270話。思いもよらない、あの子の参上。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. 一瞬のうちに、ハーミット卿はどこかの小屋の中に立っていた。「ここは?」「答える理由がありません。どこであろうと、お前には関係のないこと」「再教育って、具体的には何をするつもりだい?」「お前を一度人形に戻し、老朽化した各部品を取り換えると共に、制御・演算機構を初期化後、再インストールします」「もっと分か...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・立葵抄 1

    白猫夢 第6部

    2013.10.11 (Fri)

     麒麟を巡る話、第269話。誘拐されて、また誘拐されて。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. 時間は日付が変わる前、夜10時頃に戻る。 ハーミット卿を乗せたタクシーが廃車工場の前で停車し、先頭のタクシーからミシェルが降りてきた。「あ、門お願いしますね。私、ハーミット卿と話しますので」「へい」 タクシーの御者たちに門を開けてもらう間に、ミシェルはハーミット卿の乗るタクシーに駆け寄る。「あの、今回は...全文を読む

    PageTop▲

    業務連絡;5周年

    雑記

    2013.10.10 (Thu)

     去る10月6日、当ブログ「黄輪雑貨本店 新館」は開設5周年を迎えました。あと、もうちょっとすればアクセス30万件を達成します。と言っても記念企画とかはしません。代わりに当ブログのメインコンテンツ、長編小説「双月千年世界」について、書いてる自分自身があれこれ思ったこと、気になっていることを。まず、連載期間について。当初の予定では、10年~15年で完結させたいと考えていました。そして5年が経過した現在、予定して...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・捜卿抄 5

    白猫夢 第6部

    2013.10.09 (Wed)

     麒麟を巡る話、第268話。二つ目の誘拐。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5. ともかくハーミット卿を誘拐した事実から、ミシェル氏と、彼に金で雇われたタクシー業者3名は、即座に逮捕・連行された。 その途中で彼から動機を問いただしたところ――以前に断られた縁談を何としてでもまとめるため、ハーミット卿を拘束して脅迫しようとしたのだと言う。「ミシェルさん、バカ過ぎるよね……」「ええ、単純に愚かと言うには、...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・捜卿抄 4

    白猫夢 第6部

    2013.10.08 (Tue)

     麒麟を巡る話、第267話。犯人確保、……か?- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4. 隊員2名を裏手に回らせた後、ベルは残りの隊員たちを一人ずつ、工場の敷地内に送る。(……よし) 全員を静かに張り込ませてから、ベルと、そして秋也が最後に門をくぐる。(パパは、……いないか) タクシーの陰に隠れ、工場の中を覗き見たが、ハーミット卿らしき姿は無い。(となると、そろそろフレッドたちがパパを救出してくれてる頃、……...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・捜卿抄 3

    白猫夢 第6部

    2013.10.07 (Mon)

     麒麟を巡る話、第266話。目標捕捉。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3. SS招集から1時間後、隊員たちが集めてきた情報と、アテナの判断・推理とで、誘拐犯らの居場所を、ほぼ特定することができた。「3台のタクシーについてですが、アニェント通りから中央大通りへ抜けたのち、数ヶ所の街道を渡って、そのまま郊外、西の方へ向かったとのことでしたね? その後は目撃情報が無い、とのことでしたが、そのことから逆...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・捜卿抄 2

    白猫夢 第6部

    2013.10.06 (Sun)

     麒麟を巡る話、第265話。セクレタ・セルヴィス。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. さらに1時間進み、真夜中近くになった頃。 プラティノアール王宮、ブローネ城の一室に、秋也・ベル夫妻と、十数名の将校・兵士が集まっていた。「まず、緊急招集した理由から説明するよ」 ベルが場の中心に立つ形で、まずは背後の黒板に、自宅周辺の地図と、自分の父の名前を書き付けた。「2時間半前、我が国の総理大臣であるネロ...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・捜卿抄 1

    白猫夢 第6部

    2013.10.05 (Sat)

     麒麟を巡る話、第264話。電話連絡。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1.「え? まだパパ、帰ってないの?」 秋也の家にかかってきた電話によって、このハーミット卿誘拐事件は発覚した。「……遅すぎるよね?」《確かにのう。どんなに遅くとも、10時には家に着かねば、明日の公務に差し支えると言うのに》 ベルの母であるジーナが電話の向こうで、心配そうな声を上げる。《もしやと思うが、何かあったのかも知れん》「...全文を読む

    PageTop▲

    カウンタ素材;中日ドラゴンズ(2013)

    カウンタ、ウェブ素材

    2013.10.04 (Fri)

     去年、中日ファンのポール・ブリッツさんのお祝いとして制作したドラゴンズカウンター。制作した当時、他の球団のも作りたいな、と思いながら、……早一年以上経過。思っただけで作らないのはもったいない。折角1つ作ったので、改めて他の11球団のものも作ろうと、今回決意を新たにしました。と言うわけで、まずは昨年度のリメイクから。今年度のスタメンは以下の通り。 0 (投)22 大野 1 (二)02 荒木 2 (中)08 大島 3 ...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・宰孫抄 4

    白猫夢 第6部

    2013.10.03 (Thu)

     麒麟を巡る話、第263話。静かで不穏な夜。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4.「わー、『央南八朝志』! あたし、一度読んでみたかったの!」「だろうと思ってね」 葛の反応に、ハーミット卿はにっこりと笑う。 そして葵の方を向き、反応を伺ってみると――。「……どうかな? 僕の読みだと、君はこれを気に入ると思ったんだけど」「うん」 葵は顔こそ無表情に近い、ぽやっとしたものだったが、尻尾の方は正直に、ピコピ...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・宰孫抄 3

    白猫夢 第6部

    2013.10.02 (Wed)

     麒麟を巡る話、第262話。眠り猫、飛び猫。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3. 葵・ハーミットと言う少女は、確かに天才の部類に入る人間と言えた。「えやあッ!」「てい」 黄派焔流、シルバーレイク道場。 練習相手の、気合の入った初太刀をすい、と避け、葵が竹刀でぺち、と面を小突く。それを確認した師範代が、苦い顔をしてこう告げた。「一本! ……と言いたいが、ハーミット」「はい?」「もっと気合を入れてくれ...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・宰孫抄 2

    白猫夢 第6部

    2013.10.01 (Tue)

     麒麟を巡る話、第261話。孫との一局。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. 青年期の長い長耳といえども、流石に齢70を超えれば相応に老けてくる。 ハーミット卿も既に老境を迎え、さっぱりとまとめていた金髪も、その大部分は既に白髪へと変わっていたし、顔にもしわが刻まれていた。 しかしその優れた頭脳も、あっけらかんとした性格も、宰相に就任した頃とほとんど変わっていなかった。「そもそも相手のことをまっ...全文を読む

    PageTop▲

    前月     2013年10月       翌月

    Menu

    検索フォーム

    最新記事

    最新コメント

    カテゴリ

    プロフィール

    黄輪

    Author:黄輪
    猫と中華と可愛いものが好きなモノ書きです。ドット絵も描けますよ(*゚ー゚)ノシ

    ブロとも申請フォーム

    月別アーカイブ

    オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:

    現在の閲覧者数:

    QRコード

    QRコード