更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます


    日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

    【  2014年05月  】 

    白猫夢・陥湖抄 4

    白猫夢 第8部

    2014.05.31 (Sat)

     麒麟を巡る話、第383話。央中侵略、開始。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4. 月をまたぎ、5月1日を迎えても、一向に偽党員を発見できず、それでもなおミッドランドに居座り続ける白猫党に対し、ミッドランド周辺の国や都市では不満が高まりつつあった。 ミッドランドを経由する交易路が軒並み、白猫党によって封鎖・凍結されているからである。「……」 冷汗を流すロンダから、その日も成果を挙げられなかったと言う...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・陥湖抄 3

    白猫夢 第8部

    2014.05.30 (Fri)

     麒麟を巡る話、第382話。ミッドランド制圧。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3.「か、閣下。それはあまりにも……」 ここまで傍観していたトレッドが、慌ててシエナを止めた。 何故ならその要求をポエトに呑ませることは、彼の地位と権威を貶めることになる。そして貶めさせた原因は白猫党である。 それは実質的に、ポエトをミッドランド市国の最高権力者の座から引きずり下ろし、白猫党がその座を奪うことと同じ――即ち...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・陥湖抄 2

    白猫夢 第8部

    2014.05.29 (Thu)

     麒麟を巡る話、第381話。どっちが先?- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. 白猫党が開発した、最新の舟艇に乗っていた党首シエナは、ロンダ司令からの報告を受けていた。「目標地点の港に白旗が掲げられております。どうやら交渉を申し出ているようです」「分かったわ。兵士1分隊をよこしてちょうだい。アタシとイビーザとトレッドで、交渉に臨むわ」「了解であります」「港の様子だけど、どうなって……」 シエナはそこ...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・陥湖抄 1

    白猫夢 第8部

    2014.05.28 (Wed)

     麒麟を巡る話、第380話。襲来と不在。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. 双月暦570年、4月28日。 当代ラーガ家当主、狼獣人のポエト・ナルキステイル・ラーガ氏は、大慌てで天狐の屋敷へ駆け込んだ。「テンコちゃん、大変だ! 白猫党が軍を……」 ノックもせずに玄関をくぐり、突如発生した問題を説明しようとしたところで、ポエトはたむろしていた天狐ゼミ生の一人にぶつかった。「わっ!?」「あいたっ!」 ...全文を読む

    PageTop▲

    カウンタ素材;ねこ

    カウンタ、ウェブ素材

    2014.05.27 (Tue)

     カウンタ素材。ねこ(小サイズ)。これまで作ったカウンタ素材の中では最も小さいサイズ(一つあたり19*30)。0~9に細分化したものはこちら...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・新月抄 6

    白猫夢 第8部

    2014.05.26 (Mon)

     麒麟を巡る話、第379話。20年越しの回答。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -6. 外に出て煙草をくわえ、火を点けたところで、ルナはとぼとぼとした足取りで、袋を提げて戻ってきたフィオを見付けた。「あら、おかえりなさい」「ああ……ども……」 フィオはそのまま研究所の中に入ろうとし、途中で引き返してきた。「……って、ルナさん!?」「ただいま。どうしたのよ、そんなガックリして」「あ、いや、……何でも」「アンタ...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・新月抄 5

    白猫夢 第8部

    2014.05.25 (Sun)

     麒麟を巡る話、第378話。所員たちの評価。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5.「そう言えば……」 パラの手伝いをしていた研究員の一人が、唐突に口を開く。「ギアトさんって、普段は何してるんでしょう? あんまり話しないから、よく知らないんですけど……」 ちなみにフィオとパラの素性については、シャランを除く研究員たちには明かされていない。あまり吹聴すれば、白猫党(特に葵)や克難訓など、厄介な相手にうわさ...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・新月抄 4

    白猫夢 第8部

    2014.05.24 (Sat)

     麒麟を巡る話、第377話。一人相撲。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4.「……パラ」「何でしょう」「今の進捗状況をパーセントで表すとしたら、いくつくらいになる?」「16.22%です」 パラの回答に、フィオはげんなりした声を漏らした。「まだ、それだけ?」「状況は依然、初期段階にあると言えるでしょう」「そっか……」「事前に、わたくしの清潔度の基準は一般平均よりも著しく高く設定している、とお伝えしたはず...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・新月抄 3

    白猫夢 第8部

    2014.05.23 (Fri)

     麒麟を巡る話、第376話。イタズラ作戦会議。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3.「えぇ? 所長、いないんですかぁ?」 マークからルナが不在であると聞かされたシャランとクオラは、顔を見合わせた。「まあ、2日だけなら特に支障も無いだろうけど」 と、シャランはチラ、とマークの顔を見て、ニヤニヤ笑いながらこう尋ねる。「その間に所長をあっと言わせたい、……とか思ってるんだろ?」「う」 図星を突かれ、マーク...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・新月抄 2

    白猫夢 第8部

    2014.05.22 (Thu)

     麒麟を巡る話、第375話。鬼のいぬ間に。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. ルナにデコピンされた額をさすりながら――この時点でルナが本当に出かけたことは確認済みである――マークはフィオとパラに問いかける。「で、どうする?」「どうって」「そう仰られましても」 ニヤニヤしているマークに対し、フィオとパラは顔を見合わせている。「ルナさんがいないのって、最長でも2日だろ? 勝手に研究進めるって言っても……...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・新月抄 1

    白猫夢 第8部

    2014.05.21 (Wed)

     麒麟を巡る話、第374話。ルナの不安。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1.「来ないのよね」 唐突にそうつぶやいたルナに、マークはぎょっとした。「何がです?」「ん?」 尋ねたマークに、ルナは一瞬間を置いて、こう尋ね返した。「何だと思ってんの?」「いや、まあ、その、何だか分からないですけど」「来ないって言うのは、師匠からの返事よ」「ああ……」 ルナは腕組みし、いぶかしげにつぶやく。「おかしいのよね。...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・騙党抄 6

    白猫夢 第8部

    2014.05.20 (Tue)

     麒麟を巡る話、第373話。こっそり愚痴吐き。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -6. 央中進出がシエナの強い主張の元、正式に決定された、その日の晩。「これで、いいのよね?」「うん」 シエナは密かに、葵と話していた。「多少後ろめたい思いが無いわけじゃないけど……、でも、央中進出論を皆に認めさせるには、一番の方法よね」「シエナ」 ベッドに半身を潜らせたまま、葵はこう返した。「覚悟、決めたって言ったはずだ...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・騙党抄 5

    白猫夢 第8部

    2014.05.19 (Mon)

     麒麟を巡る話、第372話。党首シエナの激昂。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5. ロンダは葵に言われた通り、医務室で臥せっていたシエナと、付き添っていたイビーザたちに、死体に巻かれていた麻帯を見せた。「緑髪の『猫』から見せろと託りまして」「……そう」「面妖なことに、その『猫』、言うだけ言うとかき消えるように、その場から姿を……」「あの子はそう言う子よ」 適当に応じながら、シエナは麻帯に書かれていた...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・騙党抄 4

    白猫夢 第8部

    2014.05.18 (Sun)

     麒麟を巡る話、第371話。司令の検分。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4. 鋼鉄製の防具と盾で防御を固めた兵士たちにより、木箱が開けられることとなった。 しかし中に収められていたのは、そんな物理的な防御では防げない、恐るべき「攻撃」だった。「魔術反応、ありません」「爆弾の類も設置されていない模様です」 兵士たちが木箱を検証し、罠が無いことを確認する。「分かった。慎重に開けてくれ」 ロンダの命令...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・騙党抄 3

    白猫夢 第8部

    2014.05.17 (Sat)

     麒麟を巡る話、第370話。偽者の正体。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3. 講演会は盛況のうちに幕を閉じ、イビーザの名を騙って出席したマロは、ニコニコ笑いながら退出して行った。 しかし諜報員たちは額に青筋を浮かべ、怒りを露わにした様子で会場を飛び出す。「ゴールドマンめ……! すぐに拘束してくれる!」「幹事長閣下の名を借りておいて、あんな話を展開するとは!」「どう考えても我々、白猫党全体の品位を損...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・騙党抄 2

    白猫夢 第8部

    2014.05.16 (Fri)

     麒麟を巡る話、第369話。央中での党評。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. 飛ぶ鳥を落とす勢いで成長・拡大を続ける白猫党は双月暦570年現在、既にただの政治結社ではなくなっている。 豊富な財源と優秀なブレーンによる政治・経済指導、今や総勢3万人を超え、そしてそのすべてが最新装備で完全武装された強大な軍事力、そして何より「預言者」葵への、宗教にも近い信頼・信奉から来る絶大な結束力によって、央北...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・騙党抄 1

    白猫夢 第8部

    2014.05.15 (Thu)

     麒麟を巡る話、第368話。与り知らぬ遊説。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1.「妙って、何が?」 そう尋ねたシエナに、イビーザは手紙を一通差し出した。「こちらの差出元は央中のティント王国、スタンマインと言う街となっております。 内容は読んでいただければお分かりになるでしょうが、我が白猫党が当地で講演を開き、それが盛況であったことについての礼を述べるものです」「……ドコですって? 聞いたコトが無い...全文を読む

    PageTop▲

    2014年6月携帯待受

    携帯待受

    2014.05.14 (Wed)

       2014年6月の壁紙。BMW Mの、M6クーペ。商用に制作したものではなく、また、掲載する都度、該当するメーカー名を明らかにしており、かつ、適度と思われる範囲でjpgによる圧縮をかけ、鮮明さを下げているため、権利関係や著作権については問題無いと思いますが、今年のクルマのドット絵の待受の背景として、各メーカーのロゴマークを加えています。一見、BMWのロゴマークは簡単そうに見えますが、曲者だったのが円の外周上部分に...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢番外編 その4

    双月千年世界 短編・掌編

    2014.05.13 (Tue)

     麒麟を巡る話、の補完。パワースケール。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -白猫夢番外編 その4「ところでパラ」「なんでしょう」 フィオはパラに、こんな質問をした。「MPPって何? モールさんを見た時、そんなこと言ってたような気がするけど」「Magic Power Pressureの略称です」「何それ?」「魔力の単位だよ」 と、話の輪にマークが加わる。「魔術研究でよく使う単位だ。実戦用の魔術を教...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・訪賢抄 6

    白猫夢 第8部

    2014.05.12 (Mon)

     麒麟を巡る話、第367話。交渉決裂。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -6. 翌日、モールは再度、研究所を訪れた。「昨日言った通り、私と君で、央中を回って人形共と難訓が何やってるか、調査を行う。んで、そのメンバーにね、……えーと、何つったっけ、あの」 モールはルナの傍らに立つパラに、渋々尋ねる。「人形。あの水色、なんて名前だっけね?」「候補が多岐に渡るため、お答えいたしかねます。ちなみにわたくしはパ...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・訪賢抄 5

    白猫夢 第8部

    2014.05.11 (Sun)

     麒麟を巡る話、第366話。ソリがあわない。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5. モールが廊下に出たところで、再びルナと顔を合わせた。「どうかしら、うちのレベルは? 賢者サマが満足行くほどじゃないでしょうけど」「そうとも」 にべもなくそう言い放ったモールに、ルナはニヤッと笑って見せた。「でしょうね。特に気になったのはチームワークかしら」「……君、聞いてたね?」「いいえ? これはあたしなりの所見よ」...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・訪賢抄 4

    白猫夢 第8部

    2014.05.10 (Sat)

     麒麟を巡る話、第365話。賢者の評価。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4. マークを伴い、研究室に入った白衣姿のモールは、きょろきょろと室内を見回す。「ふーん……、レトロな工房を想像してたけど、ソレなりに近代的だね」「ありがとうございます」 モールが壁に貼られた注意書きを眺めたり、ケージ内の兎をからかったりしている間に、マークは書類を取り出し、机に置いた。「こちらがうちのチームでまとめた、これま...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・訪賢抄 3

    白猫夢 第8部

    2014.05.09 (Fri)

     麒麟を巡る話、第364話。魔女の不穏な動き。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3.「その賢者様が、この研究所に何の用なの?」 研究所に通されたモールは、ルナにこう切り出した。「なに、要件は2つさ。大したコトじゃないね」「2つ?」「1つは、君たちが研究してる、再生医療術についての助言を申し出たいんだけどね」「……!」 ルナの横で話を伺っていたマークは、目を丸くした。「あなたが?」「マーク、黙ってて」...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・訪賢抄 2

    白猫夢 第8部

    2014.05.08 (Thu)

     麒麟を巡る話、第363話。規格外の魔力源。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. マークたちがこの4年、地道に研究を続けていたのと同様に、フィオとパラもこの日、いつもと同じように稽古を行っていた。「よーし! 空中コンボだ!」「分かりました」 フィオの命令に従い、パラはふわりと跳び上がりながら、フィオに向かって何度も木刀を打ち下ろす。 しかしフィオは、その3太刀目を強めに弾き、パラの体勢を崩す。「...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・訪賢抄 1

    白猫夢 第8部

    2014.05.07 (Wed)

     麒麟を巡る話、第362話。地道な一歩。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. 双月暦570年、トラス王国。 チーム「フェニックス」結成から4年が経過し、その研究は順調とは行かないまでも、着実に成果を挙げていた。「はぁ……、良かったー」 ケージ内で寝息を立てている兎の左前足を確認し、チームの一員、シャラン・ネールはほっとした声を上げた。「ああ。良かった、本当に」 その傍らに立っていた主任研究員、マー...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・焦狐抄 5

    白猫夢 第8部

    2014.05.06 (Tue)

     麒麟を巡る話、第361話。マロの焦り。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5. マロは実家、アキュラ家に電話をかけた。「……よお、親父」《お? なんや、マロかいな。何や、いきなり?》 家を出た当時と変わらず、マロの父、モデノは気さくを装った、しかしどこかに陰気さを漂わせた声で、マロに応じた。「元気、しとった?」《あー、元気しとったけども、元気だけやな》「儲かっとる?」《ボチボチ以下やな。そら、損はし...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・焦狐抄 4

    白猫夢 第8部

    2014.05.05 (Mon)

     麒麟を巡る話、第360話。金火狐総帥選挙。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4. 金火狐一族――ゴールドマン家の者に「あなたの家にとって『最も複雑な事情』とは何か」と尋ねれば、誰もがこう答えるだろう。「そらアンタ、総帥を選ぶ時の選挙やろ」 次代総帥の選出方法を一族内での選挙制に定めたのは第10代総帥、ニコル3世である。 ニコル3世が総帥になった頃には既に、金火狐財団総帥と言う地位は世界を左右するほ...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・焦狐抄 3

    白猫夢 第8部

    2014.05.04 (Sun)

     麒麟を巡る話、第359話。金を稼げぬ金火狐。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3.「なんやと?」 マロの口から、憤った言葉が勝手に漏れ出た。「俺が、経済を知らんアホやと言いたいんか?」「ええ。そう断じざるを得ません」 オラース氏は持っていたかばんから、書類を取り出した。「これはそもそも本日、この席でしようと企画していた話ですが……。 まず、このデータをご覧下さい。深刻なインフレのモデルとして有名な...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・焦狐抄 2

    白猫夢 第8部

    2014.05.03 (Sat)

     麒麟を巡る話、第358話。財務部長マロの失敗。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. くたびれ始めたスーツを着込み、左目部分のみ黒く染めた眼鏡をかけ、マロは白猫党の本拠地、ドミニオン城の会議室に入った。 中には既に、白猫党の幹部たちが揃っている。「おはよう、ゴールドマンくん」「おはようございます」 ぺこ、と頭を下げて会釈したが、空気が非常に重苦しいものであることを、マロは下げた頭で感じていた。「...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・焦狐抄 1

    白猫夢 第8部

    2014.05.02 (Fri)

     麒麟を巡る話、第357話。「金火狐」とは。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1.「ん?」 その、自分と同い年くらいの、鮮やかな金と赤の毛並みをした狐獣人の少年は、自分を見るなり、こう言った。「ああ……、ニセモノやな」「に、……せ、もの?」 相手が何を言っているのか分からず、聞き返す。「どう言う意味?」「そのままの意味や。君らみんな、ニセモノの金火狐や。 ウチらトーナ家だけが、ホンモノや。君らはただ金...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・麒麟抄 8

    白猫夢 第8部

    2014.05.01 (Thu)

     麒麟の話、第8話。神の統治体制。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -8. 央北の戦争が終わって以来、アオイはまるで女神サマのような扱いを受けている。 ボクは実に気分がいい。自分の作品を、ソコまで評価してもらえたらね! 白猫党はアオイに、完全に心酔している。アオイのために、せっせと働いてくれている。 そう、ソコが大事なんだ。金や名誉、地位とか何とか、そう言う小さい視点、安い「見返り」で働いてない。...全文を読む

    PageTop▲

    前月     2014年05月       翌月

    Menu

    検索フォーム

    最新記事

    最新コメント

    カテゴリ

    プロフィール

    黄輪

    Author:黄輪
    猫と中華と可愛いものが好きなモノ書きです。ドット絵も描けますよ(*゚ー゚)ノシ

    ブロとも申請フォーム

    月別アーカイブ

    オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:

    現在の閲覧者数:

    QRコード

    QRコード