更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます


    日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

    【  2014年12月  】 

    大魔術師、再び立つ

    短編・掌編

    2014.12.30 (Tue)

     大魔術師、再び立つ「もう二度と来るんじゃ無いぞ、……じいさん、でいいのか?」「見りゃ分かるじゃろ」 そうは言ってみたが、出口に突っ立っていた刑務官は、微妙な表情を浮かべておる。 まあ、そうじゃろうな。わしの見た目は30歳前の若者なんじゃから。 わしは偉大な魔術師である。 どれくらい偉大かと言うと、わしの研究を恐れ、妬んだ時の為政者によって冤罪にかけられ、20年もの熾烈な戦いの末、ようやく捕まったくら...全文を読む

    PageTop▲

    HYPER POSITION ADVENTURE

    短編・掌編

    2014.12.29 (Mon)

     HYPER POSITION ADVENTURE◆とうぞく は たからばこ を あけた!◆とうぞく は 200 クラム を てにいれた!「へっへ、やりぃ」 手に入れた宝を、盗賊はいそいそと懐にしまう。「この洞窟はまだ、他のヤツの手が付いてねーみてーだな。となりゃ……」 洞窟の奥に目をやり、盗賊は舌なめずりする。「もーちょい奥まで探りたいトコだ、……が」 盗賊はそうつぶやきつつ、先ほど魔物に噛み付かれた肩をさする。「オレ一人じゃ...全文を読む

    PageTop▲

    Elder H……

    短編・掌編

    2014.12.28 (Sun)

     Elder H……「こうして皆様にお集まりいただいたのは、他でもありません。 つい先程、このペンションで起こった事件、即ち米良氏の失踪と、ペンション裏手にて身元不明の外国人の死体が発見された件についての……」 ふあ、ああ……。分かりきったことじゃないか。犯人はあの二人だ。 よく見てみろよ、あいつらの袖を。今夜はマイナス5度を切る極寒の夜だと言うのに、あいつらの袖にはまくった跡がある。「この2つの事件に関...全文を読む

    PageTop▲

    2015年1月携帯待受

    携帯待受

    2014.12.27 (Sat)

       2015年1月の壁紙。フォルクスワーゲンのハッチバック、7代目ゴルフ。前回宣言した通り、2015年版の待受は高級車ではなく、一般・大衆向けのクルマを素材にすることにしました。その第一弾として今回は、フォルクスワーゲンでビートルと人気を二分するこのクルマに決定。あと、前年と比較して、背景を大幅に変更しました。前年版までは一部のみ柄がありましたが、今回からは上下の枠部分にも柄を入れました。また、縦長版のみ明...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢番外編 その6

    双月千年世界 短編・掌編

    2014.12.26 (Fri)

     麒麟を巡る話、とは関わりのない、別のところで。緑猫の奇跡。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -白猫夢番外編 その6「……」 目の前で起こったことが未だ把握できず、彼は呆然としていた。「……ああ……どうしたものか……」 しばらく経って、ようやくそんな言葉を漏らす。「大変なことになりましたね」 彼の背後に並んでいた警吏の一人が、そう返す。「え、ええ。まさかこんなことが起こるとは」「私もこの仕事に就いて長い...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・跳猫抄 10

    白猫夢 第9部

    2014.12.25 (Thu)

     麒麟を巡る話、第480話。跳び猫が跳んだ理屈。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -10. いつの間にか床にへたり込んでいた葛に気付き、一聖が声をかける。「よお」「……」「どうだった? 次元を飛び越えた気分は」「アンタの話、……ようやく分かった気がする」 辛うじて上半身を起こしていた葛は、そこで仰向けに寝転がった。「もー無理。マジ動けないー」「そのまま寝てていい。もう葵は襲ってなんかきやしねーよ」「そう...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・跳猫抄 9

    白猫夢 第9部

    2014.12.24 (Wed)

     麒麟を巡る話、第479話。Beat The Oracle!;預言をブッ壊せ!- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -9.「……消えた。『星剣舞』だね」 葛が目の前から消えても、葵にうろたえた様子は無い。「でもそれはもう、パパの時に見切ってる」 葵は刀を構え直し、周囲を警戒する様子を見せた。 この時、葵は周囲だけではなく、別のものを見ていた。 これまで散々と語ってきた、あの恐るべき予知能力によってもたらされた「複数の未来...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・跳猫抄 8

    白猫夢 第9部

    2014.12.23 (Tue)

     麒麟を巡る話、第478話。「予知」と現実をつなぐもの。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -8. 跳びかかってはみたが、葛は攻めの手を見出せないでいた。(さっきのだって、何がなんだか分かんないうちにやられちゃったしなー) それでも刀を振りかぶり、葵に袈裟斬りを仕掛ける。 しかし、やはり容易にかわされ、葵が突きを放ってきた。「わわ、っと」 先程と違ったのは、ここからだった。 まったく把握できなかった葵...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・跳猫抄 7

    白猫夢 第9部

    2014.12.22 (Mon)

     麒麟を巡る話、第477話。葛、発奮。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -7. 兎獣人のその言葉に、葛は思わず怒鳴っていた。「なんでそうなるのよッ!」「どうされました?」 表情を変えず、そう尋ねてきた兎獣人に、葛はこう主張する。「じゃあ、じーちゃんがやったコトも全部無かったコトになるって、そう言うコトなの?」「じーちゃん、とは?」「ネロ・ハーミット卿よ! じーちゃんはソレこそ、世界を変えるほどのコト...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・跳猫抄 6

    白猫夢 第9部

    2014.12.21 (Sun)

     麒麟を巡る話、第476話。あの、暗い駅で。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -6.「……ん……」 ふと気が付くと、葛はどこかのベンチに座っていた。「……えっと?」 辺りを見回してみると、見覚えがある。「駅、……かなー」 確かにそこは、自分がかつて良く使っていた、エルミット駅のホームだった。「お嬢さん」 と、声をかけてくる者がいる。振り向くと、黒いスーツに黒いコート、そして黒い帽子と言う、黒ずくめの格好をし...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・跳猫抄 5

    白猫夢 第9部

    2014.12.20 (Sat)

     麒麟を巡る話、第475話。姉妹対決。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5. 葵は刀を下げ、淡々と声をかける。「カズラ、やめて」 だが、葛は激昂に任せ、怒鳴り返す。「バカばっかり言ってんじゃないわよ!」 葛は「夜桜」を構え、葵と対峙する。「こないだから思ってたけど、ずーっと自分勝手なコトばっかり言ってるって、自分で分かんないの!? パパを斬った時も、あたしと再会した時も! 今のもよ! 全部アンタの...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・跳猫抄 4

    白猫夢 第9部

    2014.12.19 (Fri)

     麒麟を巡る話、第474話。僧兵ウォーレン、奮戦す。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4.「うわ……っ」「ひ……」 聞こえてきた悲鳴に、ウォーレンが血相を変える。「なんだ!?」「……チッ」 一聖はどこからか鉄扇を取り出し、葛たちの前に立つ。「恐らく葵だろう。オレたちを追ってきたらしい。ウォーレンって言ったっけか、腕に自信あるか?」「うん? あ、ああ。教団の秘義、武芸十般は全て修めている。21の時には黒炎...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・跳猫抄 3

    白猫夢 第9部

    2014.12.18 (Thu)

     麒麟を巡る話、第473話。克大火の弟子;神器を造りし者。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3.「な、何と言うことを、……い、いや、それよりも、何と言う魔力だ。 完全に岩と化していたはずのミスリル化珪素を一瞬で活性状態に引き戻し、しかもこの数秒であれほどまでに変形させるとは」「ケケケ、手間が省けたろ?」 尻餅を着き、まだ唖然としているウォーレンに背を向け、一聖は石柱に向かう。「ふむ……。お、やっぱアレ...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・跳猫抄 2

    白猫夢 第9部

    2014.12.17 (Wed)

     麒麟を巡る話、第472話。古戦場考察。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. ウォーレンはその若干無骨な見た目と口調とは裏腹に、気さくな性格を持っており、気配りも細やかだった。 珍しく訪れた観光客、葛と一聖を、彼自らがもてなし、案内してくれたのだ。「君は存じているかも知れないが、我が黒炎教団とプラティノアール王国、と言うよりもネロ・ハーミット卿には繋がりがあるのだ」「あ、聞いたコトありますー。な...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・跳猫抄 1

    白猫夢 第9部

    2014.12.16 (Tue)

     麒麟を巡る話、第471話。西方の中の黒炎教団。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. 市街地からバスにのんびり揺られて30分後、葛と一聖は目的地、スカーレットヒル工場跡に到着した。「黒炎教団の人たちがいるって言うから、物々しい感じなのかなーって思ってたけど」「言ったろ? 特に重要な場所じゃなくなって久しいって」 工場跡周辺は柵で囲まれており、その入口には黒衣の短耳や狼耳がうろうろしている。「お、...全文を読む

    PageTop▲

    カウンタ素材;パンケーキ

    カウンタ、ウェブ素材

    2014.12.15 (Mon)

     カウンタ素材。パンケーキ2色。これはこれでそこそこ美味しそうには見えるんですが、まだ改善の余地があるので、今度また、新たに描くかも知れません。お菓子系はカウンタ素材を作り始めた頃からの、習作対象の一つ。実はクルマのドット絵よりも、もっと昔から制作しています。具体的に言えば、まだ自分が学生だった頃から。(ちなみに初めてドット絵を描いたのは、10歳の時。デザエモンと言うSFCのソフトがきっかけでした)話を元...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・聖媒抄 5

    白猫夢 第9部

    2014.12.14 (Sun)

     麒麟を巡る話、第470話。化学反応。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5.「これはこれで、面白い流れになってるのかも知れない」 一応、トラス王国に軍籍を置いているフィオも、城内におけるビッキーの奇行は耳にしていた。「どう言う意味?」 尋ねたルナに、フィオはこう説明する。「僕の元いた世界の歴史ではビッキー、即ちビクトリア・トラスが女王に即位するのは577年。その1年後に央南における白猫軍との交戦相...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・聖媒抄 4

    白猫夢 第9部

    2014.12.13 (Sat)

     麒麟を巡る話、第469話。変人学を得て不善を成す。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4. マークが予想していた通り、ビッキーの件を聞いた一聖は、しれっとこう返して来た。「お、成功したのか。じゃあビッキーに『ソレにチョコ付けて送ってくれ』つっといてくれ」「そうじゃないです」 マークは頭を抱えながら、恐る恐るこう続ける。「あんまりビッキーに、変なことを教えないで下さい。と言うか、みだりにあっちこっち...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・聖媒抄 3

    白猫夢 第9部

    2014.12.12 (Fri)

     麒麟を巡る話、第468話。イタズラっ娘と変人娘。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3. マーク自身は一聖が研究所に参与したことについては、非常に喜ばしく、そして心強く思っていたし、何より率直に嬉しかった。 何故なら、彼女の中身はそっくりそのまま、ゼミ時代の恩師なのである。色々と込み入ったことも気軽に話すことができたし、自分の専門に対しても、これ以上求めようが無いくらい的確に答え、教えてくれるのだ...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・聖媒抄 2

    白猫夢 第9部

    2014.12.11 (Thu)

     麒麟を巡る話、第467話。橘一聖の人物評。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. 双月暦570年6月、トラス王国再生医療研究所、通称「フェニックス」。「この子が本日からうちの研究顧問として参加する、橘一聖ちゃん。よろしくね、みんな」「よろ……し、く」 まだ10代にしか見えない彼女の姿に、研究員一同は一様に、面食らった表情を浮かべている。 その動揺を見て取った一聖は、こんな質問をぶつけた。「そこの長...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・聖媒抄 1

    白猫夢 第9部

    2014.12.10 (Wed)

     麒麟を巡る話、第466話。西方の東。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. 正直なところ――葛は当初、一聖のことを信用していなかったし、好意を覚えていたわけでも無かった。(図々しーし、態度デカいし、ムチャクチャ言ってくるしー……) だが結局、葛は一聖と西方東部のこの国、サングフェル共和国を訪れている。(なーんか……、断れなかったのよね。 まあ、お姉ちゃんの件もあるし、コイツの言う『神器』がどんなのか気...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・探葵抄 6

    白猫夢 第9部

    2014.12.09 (Tue)

     麒麟を巡る話、第465話。きっと彼女ならば。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -6.「きゃっ……」「うゎっ……」「これ……は……」 ルナ、フィオ、そしてパラの声が、異様に遠のきつつ、鈍く響いてくる。「ちっくしょー……! こんな大掛かりな罠仕掛けやがって!」 一聖の体も、部屋の奥へと吸い込まれそうになる。 しかし壁に突き刺した鉄扇に何とかつかまり、ルナたち3人のように吸い込まれずに済む。「コレは多分、次元操作...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・探葵抄 5

    白猫夢 第9部

    2014.12.08 (Mon)

     麒麟を巡る話、第464話。白猫製造工場。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5.「……気持ち悪い」 その光景に対し率直な感想を述べたフィオに、全員が無言でうなずき、同意した。「これ、何?」 尋ねたフィオに、一聖が答える。「人工の、人間だな。ホムンクルスってヤツだ」「どう言うこと?」「どう、って?」「色々。『人工の人間』って、どう言う意味さ?」「そのまんまだよ。男と女の間から生まれた子供じゃない、土や...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・探葵抄 4

    白猫夢 第9部

    2014.12.07 (Sun)

     麒麟を巡る話、第463話。秘密施設、発見。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4. 休憩を終えたルナたち一行は、パラが感知した「謎の魔力源」に向かって歩き始めた。「で、さ」 と、フィオが口を開く。「もしもここにカツミがいたら、こないだ言ってたあの『契約』、果たしてくれるんだよな?」「ん?」「ほら、僕とパラを人間にって言う、あれ」「ちょっと違うぜ」 一聖は人差し指をピン、と立て、こう訂正する。「親父...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・探葵抄 3

    白猫夢 第9部

    2014.12.06 (Sat)

     麒麟を巡る話、第462話。マーク王子のスキャンダル。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3. 双月暦573年のはじめ、プラティノアールでは「エトワール病」が蔓延していた頃。 ルナたち「チーム・フェニックス」の実働部隊――ルナ、パラ、フィオ、そして一聖の4人は、央中と央南の境、屏風山脈のとある場所にいた。「蒸し暑い……」「そう? ちょうどいいくらいだと思うけど」「気温28度前後、湿度65%前後。不快指数...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・探葵抄 2

    白猫夢 第9部

    2014.12.05 (Fri)

     麒麟を巡る話、第461話。半世紀ぶりの……。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2.「うーむ……」 食卓を囲みながら、ジーナがうなっている。「どしたの、ばーちゃん?」 尋ねた葛に対し、ジーナは首をかしげつつ、一聖に話しかける。「いや……。カズセと言うたか、お主の声はどこかで聞いた覚えがある、と思うてのう」「え? ……あ」「うん?」「いや、何でもねー、……何でもないです。人違いじゃないでしょうか?」「ふーむ……...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・探葵抄 1

    白猫夢 第9部

    2014.12.04 (Thu)

     麒麟を巡る話、第460話。来訪者、一聖。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. ふらっと自宅に戻ってきた秋也を見て、ベルが慌てて駆け寄ってきた。「あっ、シュウヤ! やーっと帰ってきた! ねえ、何があったの?」「……」「シュウヤってば!」「……ん? あれ? ……家?」「はい?」 きょとんとしている秋也の額に、ベルがぴと、と手を当てる。「熱は無いね。……ボーっとしてるだけ?」「……ああ。……ボーっとしてる、かも...全文を読む

    PageTop▲

    クルマのドット絵 その62

    クルマのドット絵

    2014.12.03 (Wed)

     携帯待受などでストックができていたので、改めて3点。・日産 ノート(2012)・アストンマーティン DB9(2013)・アルファロメオ ジュリエッタ(2014)ちなみにクルマのドット絵を描く際、車体の大きさ比較用として、左下にどうぶつっぽいものを付け足しています。どうぶつ的なものの身長をおよそ170cmと仮定して、クルマの大きさを決めています。しかしまだまだ自分の技術が未熟なせいか、猫や兎以外は、そうと認識されないことが度...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・晩秋抄 6

    白猫夢 第9部

    2014.12.02 (Tue)

     麒麟を巡る話、第459話。終わりと、始まり。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -6. 立ち上がったとは言え、秋也の顔色は未だ、悪い。やや浅黒かった肌は、今は異様に青白く染まっている。「真っ青だね。立ってるのもやっと、……じゃないよね。 多分体が、急速に回復してきてるから、かな。今、パパの体は体力と魔力を目一杯使ってる。エネルギー的なものがいっぺん、全部空になるくらいに。 だから本当に仕留めるのは、今...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・晩秋抄 5

    白猫夢 第9部

    2014.12.01 (Mon)

     麒麟を巡る話、第458話。葵の黄家仮説。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5. 再びその場に現れた秋也は、大きく一息をつく。「ふー……っ」 もう一度刀を納め、遠くに転がったままの葵を眺めて、声をかけた。「葵、どうだ? 今度こそ、目ぇ醒めただろ?」「……」 葵は答えない。「お前がこの10年、何してたかなんて聞かねー。そんなコト、オレにはどうでもいいしな。……戻ってこいよ、葵。また母さんと葛に、顔見せてや...全文を読む

    PageTop▲

    前月     2014年12月       翌月

    Menu

    検索フォーム

    最新記事

    最新コメント

    プロフィール

    黄輪

    Author:黄輪
    猫と中華と可愛いものが好きなモノ書きです。ドット絵も描けますよ(*゚ー゚)ノシ

    ブロとも申請フォーム

    オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:

    現在の閲覧者数:

    QRコード

    QRコード