更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます


    日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

    【  2015年10月  】 

    白猫夢・偽計抄 6

    白猫夢 第11部

    2015.10.31 (Sat)

     麒麟を巡る話、第581話。党首の正当性は?- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -6.「……と言うわけで、アレックス・トポリーノを筆頭とするレジスタンス組織の摘発に成功しました。 これより一味を央中、カンバスボックス駐屯基地に移送します」 トレーラーが基地へと移動する合間に、ロンダはシエナと通信を交わしていた。《分かったわ。コレで元通り、領民放送が行えそうね。アローサもほっとするでしょう》「そうですな。...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・偽計抄 5

    白猫夢 第11部

    2015.10.30 (Fri)

     麒麟を巡る話、第580話。摘発作戦。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5. マロと天狐が拘束されてから1週間後、党本部からの命令を受けた央中駐留軍、そして本部からの援軍を加えた大軍勢がコールマインに集結していた。「いいか、敵には地の利がある。多少囲んだ程度では逃げられる可能性がある。入念かつ堅固に包囲を行い、一滴の水も漏らさぬような態勢で向かうのだ」「了解であります」 例によってロンダはシエナか...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・偽計抄 4

    白猫夢 第11部

    2015.10.29 (Thu)

     麒麟を巡る話、第579話。シエナの尋問。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4.「俺にここへ行くよう指示したんは、財団や。それはホンマや。アレックスのことも、大体話した通りや。 ただ、ホンマのことを言うと、アレックスは財団の援助で動いとるんや」「でしょうね。いくら技術力があっても、一介のレジスタンス如きが党を撹乱できるほどの設備を、自前で整えられるワケがないものね。 じゃあ動機は? アンタが言った...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・偽計抄 3

    白猫夢 第11部

    2015.10.28 (Wed)

     麒麟を巡る話、第578話。マロのデタラメ。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3.「妙て、何がです?」 尋ねたマロに、シエナは依然として冷たい目を向ける。「財団の要求が、あまりにも小さ過ぎるわ。あの業突張りの金火狐なら、もっと明確に、現時点で確実に利益が出るような要求を提示するわよね? 例えば央中に駐留してる、アタシたち白猫党の撤退とか」「いや、それはあんまりにも吊り合わへん要求ですから」「だとし...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・偽計抄 2

    白猫夢 第11部

    2015.10.27 (Tue)

     麒麟を巡る話、第577話。レジスタンス。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. シエナが会議室に戻るなり、マロがニヤニヤと笑いながら声をかけてきた。「用事、済みました? えらい音立ててはりましたけど」「ええ。それじゃ、交渉を始めましょうか」 シエナはマロたちの向かいに座り、話を切り出した。「あなたの話によれば、今回の電波ジャック犯の素性と居場所を知っている、とのことだったわね」「ええ」「ソレを教...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・偽計抄 1

    白猫夢 第11部

    2015.10.26 (Mon)

     麒麟を巡る話、第576話。煽り屋マロ。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1.「お招きいただきありがとうございます、っと」 現在は白猫党の本部となっている、ヘブン王国の首都クロスセントラルの、その正に中心に位置するドミニオン城。 その城門前でわざとらしく挨拶したマロと、そしてその隣に立つ女性を見て、シエナの右目はピクピクと痙攣していた。「……ざけんな」「はい?」 思わず口から漏れてしまったのだろう――...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・上弦抄 6

    白猫夢 第11部

    2015.10.25 (Sun)

     麒麟を巡る話、第575話。Why done it?- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -6. 葛とビッキーが帰った後で、一聖はマークとルナ、そしてフィオ夫妻を呼び寄せた。「確認したいコトがあるんだ」「って言うと?」 首を傾げるルナに答えず、一聖はフィオに顔を向けた。「フィオ、お前さんが元いた世界じゃ、ビッキーが『コンチネンタル』を主導したっつってたな?」「ああ。577年に第3代国王に即位。その1年後に諸外国と連...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・上弦抄 5

    白猫夢 第11部

    2015.10.24 (Sat)

     麒麟を巡る話、第574話。葛の葛藤。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5.「あれ?」 と、葛が辺りを見回す。「そう言えば、タイカさんはー?」「先生? 帰ったわよ、とっくに」 渾沌にしれっと返され、葛は目を丸くする。「え、帰っちゃったの? 魔力無くなったって言ってなかったっけ?」「なんか『思うことがある』とか言って、去年暮れくらいに『オリハルコン』の魔力を使って、さっさと。わたしは『ゆっくり休みた...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・上弦抄 4

    白猫夢 第11部

    2015.10.23 (Fri)

     麒麟を巡る話、第573話。カミナリ。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4. 他の研究員と同様に、一聖は王国の住宅街から通勤している。 と言っても、2年前までは集合住宅に住んでいたのだが、大火と渾沌が王国に来て以降は一軒家に居を移し、彼らと共に暮らしていた。「んー」 ビッキーからの相談を受け、彼女は腕を組んでうなる。「つってもなー、特にねーんだよな、今」「本当に、何もございません?」「いや、でもマ...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・上弦抄 3

    白猫夢 第11部

    2015.10.22 (Thu)

     麒麟を巡る話、第572話。ワガママあしらい。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3.「研究員になりたいって?」 場所をフィオたちの家の居間に移し、ビッキーはルナに自分の希望を伝えた。「ええ。必ずご期待に添えると思いますが」「うーん」 ルナは短くうなり、こう尋ねる。「ウチの目的、知ってて言ってる?」「どっちのことでしょう?」「オモテ」「再生医療ですね」「あなたの得意分野と違わない? 電気工学畑でしょ...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・上弦抄 2

    白猫夢 第11部

    2015.10.21 (Wed)

     麒麟を巡る話、第571話。うろうろビッキー。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2.「と言う感じでごまかしてます」「ありがとう、ビッキー。助かるよ」 研究所に新設された部屋に一人こもって作業していたマークは、ビッキーからの報告に苦笑していた。「いつもならそう言う根回し、ルナさんがやってくれるんだけど、あの人も今、色々忙しいからね」「それなんですけどね」 と、ビッキーがすい、と一歩、マークに詰め寄っ...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・上弦抄 1

    白猫夢 第11部

    2015.10.20 (Tue)

     麒麟を巡る話、第570話。雑談。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1.「最近さー」「うん」「主任、見かけなくない?」「……あー、確かに」 トラス王国、「フェニックス」研究所。 休憩時間に集まっていた研究員たちが、雑談を交わしていた。「いや、来てるっぽいんだけど、なんか勤務時間一杯、新設された棟にこもってるみたい」「何してるんでしょうね?」「んで、代わりにさー」「代わりに?」 一人が辺りを見回し、小...全文を読む

    PageTop▲

    2015年11月携帯待受

    携帯待受

    2015.10.19 (Mon)

       2015年11月の壁紙。フィアットから、500(チンクェチェント)。そろそろ来年の壁紙のことを考えておかないといけません。何だかんだ言って、2ヶ月経てば2016年になってますから。昨年のものは外国の高級車に、そして今年はほぼ、外国の一般車に統一して制作しました。例外は8月のZ4だけ。来年のテーマをどうしようか、現在まだ決まっていません。とりあえず案としては、次の3つ。1.国産の一般車、軽を中心に(NBOXとかハスラー...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・撹波抄 9

    白猫夢 第11部

    2015.10.18 (Sun)

     麒麟を巡る話、第569話。翻弄される白猫党。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -9. 怒れるシエナの指示により、すぐに白猫軍の突撃部隊がマロの宿を強襲したが――。「いなかった? どう言うコトよ!?」「どうやら総裁の行動を先読みし、我々が動くよりも早く宿を発ったものと……」「……~ッ!」 ロンダからの報告を受けたシエナは顔を真っ赤にし、手を振り上げたが、どこにも振り下ろすことなく、そのまま椅子に座った。「...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・撹波抄 8

    白猫夢 第11部

    2015.10.17 (Sat)

     麒麟を巡る話、第568話。苛立つシエナ。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -8. この報告を受けた途端――アローサが予期していた通り――シエナは苦い顔をした。「いまさら?」「私も同感ですが……、しかし有益な情報です」「裏は取ったの? 本当にマロが、犯人を知ってるって証拠は?」「我々の内情を間接的に知っていたことから、信憑性は高いと思われます」「いくらでも知る方法はあるだろう」 と、二人の間にイビーザが割...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・撹波抄 7

    白猫夢 第11部

    2015.10.16 (Fri)

     麒麟を巡る話、第567話。マロの暗躍。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -7. 返事を送ってから2日後の深夜、アローサはマロが泊まる宿を訪れていた。「よお来てくれたなぁ、ミリー」「変わってない、……とは言えないわね、マロ。すごく痩せたわ」「ほっとけ、はは……」 数年ぶりに握手を交わし、席に着いたところで、アローサは本題を切り出した。「騒動って、何のこと?」「そら勿論アレや、電波ジャックの話」「やっぱり...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・撹波抄 6

    白猫夢 第11部

    2015.10.15 (Thu)

     麒麟を巡る話、第566話。栄光なき最高幹部。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -6. 政務部と財務部がその国の悪事・悪評を嗅ぎ付け、策を仕掛けて支配者層への支持を急落させ、混乱が極まった頃に白猫軍が攻め込み、占領する――これが白猫党が今まで行ってきた、諸国乗っ取りの「手口」である。 では乗っ取った後は、どこの部署が、何をするのか? それはこのアローサが管轄する、党員管理部に委ねられている。 アローサ...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・撹波抄 5

    白猫夢 第11部

    2015.10.14 (Wed)

     麒麟を巡る話、第565話。ニュースの余波。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5.「Mr.コンチネンタル」なる人物から秘密にするよう言われてはいたものの、人の口に戸は立てられないのが、世の常である。「なあ、聞いたか?」 工場へと向かう上級バスの奥で、ホルヒと同僚は党バッジを付けた運転手に聞かれないよう、こそこそと話し合っていた。「もしかして、昨夜のアレか?」「そう、アレだ。Mr.コン……」「言うなっ...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・撹波抄 4

    白猫夢 第11部

    2015.10.13 (Tue)

     麒麟を巡る話、第564話。電波ジャック。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4.「……!?」 何が起こっているのか分からず、ホルヒとリンダは顔を見合わせ、そして同時に、互いのほおを引っ張り合う。「あいてて」「いたっ」 ほおに痛みが走り、これが夢ではないと悟る。「今の……」「なに?」 二人は同時にラジオに顔を向け、息を殺して音声に耳を傾ける。《繰り返します。白猫党に日々、虐げられし皆さん。どうか寝てしま...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・撹波抄 3

    白猫夢 第11部

    2015.10.12 (Mon)

     麒麟を巡る話、第563話。管理下において;晩。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3.《午後6時になりました。定時勤務の皆さんは、作業を止めて退勤しましょう。残業勤務のある皆さんは、1時間の休憩を取りましょう。繰り返します……》 スピーカーからの指示が終わらないうちに、工場からぞろぞろと人が出てくる。「いやぁ、今日はびっくりしたなぁ」「イメネス班長が逮捕されたってやつ?」「うんうん、びっくりしたよね...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・撹波抄 2

    白猫夢 第11部

    2015.10.11 (Sun)

     麒麟を巡る話、第562話。管理下において;昼。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2.《午後1時になりました。皆さん、休憩しましょう。繰り返します、午後1時になりました。皆さん、休憩しましょう》 スピーカーから休憩時間が告げられ、工場内にいた者たちはぞろぞろと、食堂へ向かう。 しかしホルヒは一人、休憩室に入り、ロッカーからかばんを取り出した。「よお、ホルヒ」 休憩室の奥で煙草を吸っていた、あの面倒...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・撹波抄 1

    白猫夢 第11部

    2015.10.10 (Sat)

     麒麟を巡る話、第561話。管理下において;朝。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1.《午前7時になりました。皆さん、起床しましょう。繰り返します、午前7時になりました。皆さん、起床しましょう》 街中に取り付けられたスピーカーから、白猫党員によるアナウンスが聞こえてくる。「……ふあ、あ」 もそもそとベッドから起き上がり、彼は寝室を後にしようとする。 と、妻がまだベッドにいることに気付き、声をかける。...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・掴雲抄 5

    白猫夢 第11部

    2015.10.09 (Fri)

     麒麟を巡る話、第560話。ビッキーの驚くべき奇策。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5. ビッキーの意図が読めず、マークとフィオは同時に首を傾げた。「って言うと?」「お兄様が、本来わたしが行うはずだったと言う『コンチネンタル』を実行し、その結果、白猫党を大混乱に陥れることに成功すれば、アオイはその収拾に当たるはずです。 それはフィオさんの世界で、事実として起こっていたことであり、わたしたちの世界...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・掴雲抄 4

    白猫夢 第11部

    2015.10.08 (Thu)

     麒麟を巡る話、第559話。大胆不敵な狼姫。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4.「ビッキー!? まさか君、僕たちの話を?」 顔をこわばらせて尋ねたマークに対し、ビッキーは平然と、ふるふると首を振って否定する。「いいえ、何も」「嘘おっしゃい」 ルナがじろ、とにらみつける。「扉にひっついて、聞き耳立ててたでしょ? まだ寒いし、扉に吐息がべったり残ってるわよ」「あら」 ビッキーの視線が扉に向き、すぐに...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・掴雲抄 3

    白猫夢 第11部

    2015.10.07 (Wed)

     麒麟を巡る話、第558話。対応策。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3.「『夢の世界』ってなんやねん。メルヘンすぎやろ」 突っ込んだマロに対し、一聖はフン、と鼻を鳴らす。「お前さんが信じようが信じまいが、あるものはあるんだ。 と言っても物質的な話じゃなく、あくまで精神的な話だけど、な。世界中の人間の心の奥の奥、無意識の更に奥深くに――つっても、ちんぷんかんぷんだろうな。 ま、ともかく白猫は今、ソコ...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・掴雲抄 2

    白猫夢 第11部

    2015.10.06 (Tue)

     麒麟を巡る話、第557話。「克麒麟」とは?- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. マロが身柄を移されてから3日後、マークは現在自分たち一家が住んでいる屋敷、通称「貧乏神邸」へ皆を集めた。「ここなら本当の『フェニックス』の会議に持ってこいだ。色々と対策を施してあるし」「本当の、って? ちゅうか『フェニックス』って何や?」 尋ねたマロに、一聖が答える。「表向きには、『フェニックス』は再生医療研究チー...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・掴雲抄 1

    白猫夢 第11部

    2015.10.05 (Mon)

     麒麟を巡る話、第556話。白日の下に。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1.「……っ」 うめいたマロに、取り囲んでいた公安職員が声をかける。「どうした?」「い、いや、……目が、ずきっと」「大丈夫か?」「大丈夫です、段々慣れてきました。5年ぶりに、直射日光を浴びたからやと……」「そうだったな」 背後の一人が、マロの背を押す。「相手の準備が整ったようです。向かって下さい」「はい」 そのまま囲まれつつ、マロ...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・狼煙抄 7

    白猫夢 第11部

    2015.10.04 (Sun)

     麒麟を巡る話、第555話。若き狼、反撃の狼煙を上げる。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -7.「きゅ、……9割方負かすだと!? 馬鹿な、そんなことができるものかっ」 声を荒らげて見せたが、明らかにトラス王の勢いは失われている。 それに乗じるように、ビッキーはマークに向き直った。「さ、お兄様。お膳立ては整いました。どうぞ、お話し下さいな」「い、いや、ビッキー?」 完全に場の空気に呑まれ、唖然としていた...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・狼煙抄 6

    白猫夢 第11部

    2015.10.03 (Sat)

     麒麟を巡る話、第554話。白塗りの裏地。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -6. 帰国するなり、マークは父であるトラス王の元に詰め寄った。「父上、お話があります」「聞かんぞ」 が、にべもなく断られる。「お前がそんな顔をして『話があります』などと改まって言い出すような時は、決まって白猫党をどうにかせんと主張する時だ。 何度も言ったはずだ。放っておけとな」「いいえ、父上」 出鼻をくじかれたものの、マー...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・狼煙抄 5

    白猫夢 第11部

    2015.10.02 (Fri)

     麒麟を巡る話、第553話。その時、マークに天啓走る。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5. マロは恨みがましく、財団と公安が彼に取った対応を愚痴り始めた。「公安も言うてたわ、『そんな情報が何になる』『憶測ばっかりやないか』『いつまで幹部気取りのつもりや』ってな。 そら盗聴術の話はそこそこ有用やとは言うてたけども、でも『減刑に値するほどの情報やない』ちゅうて、結局なんも無しや。あんまりやあらへんか...全文を読む

    PageTop▲

    白猫夢・狼煙抄 4

    白猫夢 第11部

    2015.10.01 (Thu)

     麒麟を巡る話、第552話。元幹部からの情報。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4. マロはまず、党首シエナについて話し始めた。「白猫党の党首はシエナ・チューリン。540年、ゴールドコーストの下町生まれ。詳しいことは聞かんんかったけど、下町時代には結構ひどい目に遭うてたらしいわ。 その後、半独学で魔術の勉強して、天狐ゼミに入る。……とまあ、ここまではお前らも知っとるやろ?」「ええ、聞いた覚えがありま...全文を読む

    PageTop▲

    前月     2015年10月       翌月

    Menu

    検索フォーム

    最新記事

    最新コメント

    カテゴリ

    プロフィール

    黄輪

    Author:黄輪
    猫と中華と可愛いものが好きなモノ書きです。ドット絵も描けますよ(*゚ー゚)ノシ

    ブロとも申請フォーム

    月別アーカイブ

    オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:

    現在の閲覧者数:

    QRコード

    QRコード