更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます


    日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

    2016 101234567891011121314151617181920212223242526272829302016 12

    【  2016年11月  】 

    習作;アイロンビーズの型絵(電車)

    雑記

    2016.11.30 (Wed)

     数ヶ月ほど前、母から「電車が大好きな孫(僕にとっては甥)がアイロンビーズをやっているので、型を作ってくれないか」と依頼がありました。ご周知の通り、僕はドット絵師でもあるので、そう言う依頼は大歓迎。で、作ってみたのがこちら。まずは、近所をよく通っている103系。(鉄道関係に詳しい人なら、これだけで僕の住所がある程度把握できるかも知れません。恐ろしい時代ですね)続いて母からのリクエスト、江ノ電300系。そし...全文を読む

    PageTop▲

    双月千年世界シリーズ 第一次大修正;11月27日までの進捗状況

    更新報告

    2016.11.27 (Sun)

     シュウ「今回も『大修正』の進捗状況を説明しますー」パラ「報告および解説はわたくしが」シュウ「そして説明はわたしが行いますー」シュウ・パラ「よろしくお願いします」シュウ「さて、前回(11月20日)時点での進捗率は88.22%でした」パラ「『蒼天剣』の更新も大部分が終わり、残すは第9部のみとなりました」シュウ「果たして今年中に終了できるんでしょうか? ソレでは報告、行きましょー」シュウ「まずは進捗率をお願いしま...全文を読む

    PageTop▲

    2016年12月携帯待受

    携帯待受

    2016.11.23 (Wed)

       2016年12月の壁紙。三菱の軽トラック、ミニキャブ。今年の待受、軽自動車シリーズの最後はトラックにしようと考えていました。「クリスマスプレゼントを運ぶ絵」として。そんなわけで、今年の携帯待受もすべて完成しました。来年のものも考えなくてはいけないですが、まだアイデアなし。なにかしらリクエストがあれば、お応えできるかも知れません。と言うより、リクエストして欲しいです。次回アンケートは未定です。来年度の...全文を読む

    PageTop▲

    双月千年世界シリーズ 第一次大修正;11月20日までの進捗状況

    更新報告

    2016.11.20 (Sun)

     シュウ「今回も『大修正』の進捗状況を説明しますー」パラ「報告および解説はわたくしが」シュウ「そして説明はわたしが行いますー」シュウ・パラ「よろしくお願いします」シュウ「さて、前回(10月30日)時点での進捗率は81.48%でした」パラ「『DW6』掲載を挟み、およそ3週間ぶりの更新報告となります」シュウ「この間、果たして修正は進んだんでしょうか? さっそく報告行きましょー」シュウ「まずは進捗率をお願いしますー」...全文を読む

    PageTop▲

    DETECTIVE WESTERN 6 ~ オールド・サザン・ドリーム ~ 16

    DETECTIVE WESTERN

    2016.11.16 (Wed)

     ウエスタン小説、第16話。局長の懸念。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -16. アデルたちがフランコビル南でスティルマン議員を拘束してから、10日後――。「クインシー君から報告が来たよ。スティルマン議員は無事、司法当局に引き渡されたそうだ」「そうですか、良かった」 出張から戻って来たパディントン局長から顛末を聞かされ、アデルは笑顔を作って応じた。「これでまた、捜査局とうちとのパイプが太くなるって...全文を読む

    PageTop▲

    DETECTIVE WESTERN 6 ~ オールド・サザン・ドリーム ~ 15

    DETECTIVE WESTERN

    2016.11.15 (Tue)

     ウエスタン小説、第15話。誰にも語られなかった懺悔。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -15.「Thursday,12.27.1860. 先生は北部連中の言動を受け、大層お怒りになっていた。そして私に大量の資金と兵士、さらには武器を集めるよう指示された。大変な役目を負わされたものだ。 恐ろしくてたまらない。もし万が一、司法当局や政府権力が私を拘束した際、少しでもその責を逃れるために、日記を分けて...全文を読む

    PageTop▲

    DETECTIVE WESTERN 6 ~ オールド・サザン・ドリーム ~ 14

    DETECTIVE WESTERN

    2016.11.14 (Mon)

     ウエスタン小説、第14話。内戦前夜の空白。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -14. スティルマン議員をワシントンへ護送する前に、アデルたちはサンクリストへ寄り道していた。「このままじゃ気になって仕方無いし、F資金についての手がかりだけでもつかんでおきたいんだ。 協力してもらうぜ、議員先生。……ただし、このことは内緒にしてくれ」「それは司法取引かね?」 憮然とした顔で尋ねたスティルマン議員に、アデ...全文を読む

    PageTop▲

    DETECTIVE WESTERN 6 ~ オールド・サザン・ドリーム ~ 13

    DETECTIVE WESTERN

    2016.11.13 (Sun)

     ウエスタン小説、第13話。食い違い。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -13.「君たちは?」 尋ねてきた相手に、アデルが先頭に立って答える。「俺たち3人はパディントン探偵局の者だ。こっちの1人は、連邦特務捜査局の人間だけどな」「ふむ」 相手は煙草をくわえたまま、ゆっくりと馬を歩かせ、近付いて来る。「つまり、私を逮捕しようと?」「話が早くて助かるぜ、セオドア・スティルマン上院議員殿」 アデルは馬を...全文を読む

    PageTop▲

    DETECTIVE WESTERN 6 ~ オールド・サザン・ドリーム ~ 12

    DETECTIVE WESTERN

    2016.11.12 (Sat)

     ウエスタン小説、第12話。カウボーイだった男の哀愁。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -12. アデルたちがフランコビルに着いてから、5日後。 いかにも神経の細そうな、蒼い顔をした中年の男が、大きなスーツケースを両手にそれぞれ1つずつ提げて、駅から現れた。「……」 神経質じみた仕草で辺りを確かめつつ、男は駅を離れ、そのまま南へと歩いて行く。 1時間ほどかけ、男は「ダンカン牧場」と看板がかけられた、...全文を読む

    PageTop▲

    DETECTIVE WESTERN 6 ~ オールド・サザン・ドリーム ~ 11

    DETECTIVE WESTERN

    2016.11.11 (Fri)

     ウエスタン小説、第11話。偵察。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -11.「あ、俺が出ます」 ロバートはぐでっと横になったままのアデルに断りを入れ、続いてドアに向かって応じる。「姉御っスか?」「ええ。一息ついたでしょうし、そろそろ回ってみないかって声かけに来たんだけど、アデルは? 不貞寝してるの?」「え? あー、と……」「まさか! んなわけ無いって」 ロバートが返事を返しかけたところで、アデルが慌...全文を読む

    PageTop▲

    DETECTIVE WESTERN 6 ~ オールド・サザン・ドリーム ~ 10

    DETECTIVE WESTERN

    2016.11.10 (Thu)

     ウエスタン小説、第10話。煩悶アデル。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -10.(こんな先輩、初めて見るぜ) 半月前に出た初任給で早速買った懐中時計で時間を確かめつつ、ロバートはベッドの上で、一言も発さずとぐろを巻いているアデルを眺めていた。「先輩、ちょっと寝たらどうっスか? 夕飯まであと3時間ありますし」「……」 何度か声をかけたが、アデルの耳には入っていないらしく、彼はじっと壁の方を見つめたま...全文を読む

    PageTop▲

    DETECTIVE WESTERN 6 ~ オールド・サザン・ドリーム ~ 9

    DETECTIVE WESTERN

    2016.11.09 (Wed)

     ウエスタン小説、第9話。部屋割り。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -9. ワシントンを発ってから8日後、アデルたち一行は予定通りT州、フランコビルを訪れていた。「西部っつーか、南の端まで来ちまったなー」「そっスねー。って言うか鉄道自体が端っこ、終着駅っスもんねー」 並んで立つアデルとロバートは、だらだらと汗を流している。サムも額をハンカチで拭きながら、気温の変化を分析している。「流石に緯度10...全文を読む

    PageTop▲

    DETECTIVE WESTERN 6 ~ オールド・サザン・ドリーム ~ 8

    DETECTIVE WESTERN

    2016.11.08 (Tue)

     ウエスタン小説、第8話。二手、三手先を読む。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -8.「え……?」 思ってもいなかったエミルの返答に、アデルは面食らう。「いや、変な話じゃないだろ? 時間差があるから……」「そこじゃ無いわよ、問題は」 エミルは肩をすくめつつ、こう返した。「あんた、火が点いたダイナマイトが目の前に落ちてるのを見付けても、その場でじっと突っ立ってるの?」「どう言う意味だよ?」「危ないと思っ...全文を読む

    PageTop▲

    DETECTIVE WESTERN 6 ~ オールド・サザン・ドリーム ~ 7

    DETECTIVE WESTERN

    2016.11.07 (Mon)

     ウエスタン小説、第7話。議員先生の足取り予測。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -7. 司法省ビルでの情報収集を終えたアデルたちは、その日のうちに、T州行きの列車に乗り込んでいた。「サム、到着は何日後だ?」 列車がワシントン郊外に差し掛かった辺りで、アデルがサムに尋ねる。「えーと……、8日後の予定です」 手帳に視線を落としながらサムがそう返したところで、横に座っていたロバートが愕然とした表情を浮か...全文を読む

    PageTop▲

    DETECTIVE WESTERN 6 ~ オールド・サザン・ドリーム ~ 6

    DETECTIVE WESTERN

    2016.11.06 (Sun)

     ウエスタン小説、第6話。二つの事件と二人の政治家。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -6. サムを懐柔したところで、アデルたちは改めて、その「お宝」の情報集めに取り掛かった。「で、アデル。情報屋から聞いたお宝の話って、具体的には?」「ああ。グレースから聞いたのは、こんな感じだ。 T州のとある大物政治家が1860年、即ち南北戦争の直前になって、資金を大量にかき集めたんだ。どうやら戦争が起こることを...全文を読む

    PageTop▲

    DETECTIVE WESTERN 6 ~ オールド・サザン・ドリーム ~ 5

    DETECTIVE WESTERN

    2016.11.05 (Sat)

     ウエスタン小説、第5話。仕事と遊びと、宝探しと。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5. うずくまったままのサムを放っておき、アデルたちは引き続き、資料を確認する。「んで、そのフィッシャー議員から政治基盤を受け継ぎ、上院議員にまで出世ってわけか。 そして今年、汚職が発覚、と」「汚職って、そう言やこのおっさん、何やったんスか?」尋ねたロバートに、エミルが説明する。「簡単に言えば贈賄と背任、横領よ。...全文を読む

    PageTop▲

    DETECTIVE WESTERN 6 ~ オールド・サザン・ドリーム ~ 4

    DETECTIVE WESTERN

    2016.11.04 (Fri)

     ウエスタン小説、第4話。米連邦司法省ビルにて。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4.「あ、そ、その、ビアンキさん、よ、よろしく……、お願いします」 前回共に仕事をしてから4ヶ月ほど経っていたが、やはりサムは以前と変わらず、シャイな様子を見せていた。「ロバートでいいぜ。こいつもお前さんと同じヒヨッコだ。仲良くしてやってくれ」「何スかそれ、子供扱いして……」 口をとがらせつつも、ロバートは素直に、サム...全文を読む

    PageTop▲

    DETECTIVE WESTERN 6 ~ オールド・サザン・ドリーム ~ 3

    DETECTIVE WESTERN

    2016.11.03 (Thu)

     ウエスタン小説、第3話。欲と義と。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3.「今回君に任せる件の詳細は、以下の通り。 先のN準州開発に絡む汚職事件についての追求を逃れ蒸発した代議士、セオドア・スティルマンの捜索、及び拘束だ。 無論、罪に問われているとは言え、まだ犯罪者と確定したわけでもない男を、我々が勝手に拘束するわけにはいかん。そこで逮捕権を持つ連邦特務捜査局の人間に同行し、名目上は彼に拘束させ...全文を読む

    PageTop▲

    DETECTIVE WESTERN 6 ~ オールド・サザン・ドリーム ~ 2

    DETECTIVE WESTERN

    2016.11.02 (Wed)

     ウエスタン小説、第2話。おたから。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2.「『猛火牛(レイジングブル)』、だろ?」 アデルがニヤニヤしながら放ったその言葉に、エミルはけげんな表情を浮かべた。「なにそれ?」「あれ? 間違えたかな……」 エミルの反応を受けて、アデルは途端に自信を失う。「それがトリスタン・アルジャンの通り名だっつって、情報屋のグレースからそう聞いたんだけどなぁ」「ふーん、そうなの?」 ...全文を読む

    PageTop▲

    DETECTIVE WESTERN 6 ~ オールド・サザン・ドリーム ~ 1

    DETECTIVE WESTERN

    2016.11.01 (Tue)

     5ヶ月ぶりにウエスタン小説。Civil war "eve"。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. アメリカ合衆国最大の内戦、南北戦争。 勃発の直接の原因は、それまで合衆国の富裕層における「常識」であった奴隷制に対する意見の相違に起因するのだが、そもそも何故、戦わねばならぬほどに意見を違えることとなったのか? それは北部地域と南部地域の産業構造が分化し、それぞれの地域に住む人民の意識が変化していたことが、最...全文を読む

    PageTop▲

    前月     2016年11月       翌月

    Menu

    検索フォーム

    最新記事

    最新コメント

    カテゴリ

    プロフィール

    黄輪

    Author:黄輪
    猫と中華と可愛いものが好きなモノ書きです。ドット絵も描けますよ(*゚ー゚)ノシ

    ブロとも申請フォーム

    オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:

    現在の閲覧者数:

    QRコード

    QRコード