FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます


    日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

    2020 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312021 01

    【  2020年12月  】 

    そのまんまお正月までこもる気やわ

    今日の旅岡さん

    2020.12.28 (Mon)

     年の暮れ。旅岡さん家も、大掃除やらおせちの準備やらで大忙し。旅岡さん「おかん、こっちのレンコンさんは全部輪切りでええんやな?ほんでもういっこは乱切りやんな、おっけおっけ」ちなみに何やかやと言い訳を付け、円さんは年末も大江さんを引き連れて、旅岡さん家に押しかけています。その分、お年玉は弾んでくれるようですが……。「せやないと困るわ。今も掃除手伝わんと、おこたで双葉とゲームしとるし。あれ多分、そのまんま...全文を読む

    PageTop▲

    イラスト;小鈴(蒼天剣、6回目) & エリザ(琥珀暁、7回目) / アンタそーゆーヤツだったわね

    双月千年世界

    2020.12.24 (Thu)

     DWも無事に一段落したので、考察メンバーのイラストリレーを再開。今回はエリザと小鈴。小鈴「なんかさー、こっちの世界でくり……きんとん? みたいな名前のイベントあるみたいよ」エリザ「甘そうな名前やな」小鈴「天狐ちゃんに聞いたら、『なんだっけ、こっちの偉い人の生誕祭だってさ。オレも良く分かんねーけど』だってさ」エリザ「さよか」小鈴「みんなパーティしたいって言ってたけど、アンタどーする?」エリザ「言うても知...全文を読む

    PageTop▲

    宣伝;三度「DW」を書籍化しました

    雑記

    2020.12.22 (Tue)

     https://www.amazon.co.jp/dp/B08R35BKQ3完結から1週間、早くも最終作を含めた電子書籍「DW III」が発売されました。今回も書籍化に合わせて加筆修正を行うと共に、書き下ろし小説「OUTLAW WESTERN 3」を掲載しています。……どっちも誰だか分からない?そんな方は、「妄想の荒野」の代表作、「荒野の放浪娘」を全編チェックしましょう。そう、今回は矢端さんにお願いし、あちらのサイトのキャラクタに出演していただきました!完全...全文を読む

    PageTop▲

    2021年1月携帯待受

    携帯待受

    2020.12.21 (Mon)

       何だか色んなことが下半期にバタバタと終わったせいで、今現在、大作RPGのエンディングを見終わったような、いわゆる燃え尽きた気分ではありますが、そんな気分も今年いっぱいまでのつもりです。来年に向けて、新たな活動をじゃんじゃん始めて行きます。と言うわけで2021年1月の携帯待受。トヨタの83年式スプリンタートレノ。いわゆる「ハチロク」。2021年の待受テーマは「80年代日本のスポーツカー」としました。その第一弾と...全文を読む

    PageTop▲

    「DETECTIVE WESTERN」完結記念イラスト ~ 矢端想さんより

    他サイトさんとの交流

    2020.12.16 (Wed)

     と言うわけで、7年間連載してきたウエスタン小説、「DETECTIVE WESTERN」が昨日完結しました。そのお祝いとして、これまでイラストを提供していただいた「妄想の荒野」の矢端想さんから、イラストをいただきました!カラー。そして19世紀らしい、セピア色仕様。矢端さん、本当にありがとうございました!一キャラ、一キャラを眺めると、実に感慨深いですね……。(双月千年世界でやってるみたいに、あとがきインタビューとかやっても...全文を読む

    PageTop▲

    DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 15

    DETECTIVE WESTERN

    2020.12.15 (Tue)

     ウエスタン小説、最終話。新世界へ!- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -15.「むぐ、もぐ……。一体何で、兄貴を追い出すようなことしたんスか?」 ベーコンをかじりながら尋ねたロバートに、エミルはクスクス笑いながら答える。「気ままな旅に一つ、スパイスが欲しくてね」「スパイス?」「本当に単なる一人旅じゃ、退屈だもの。あたしを追いかけるような奴が一人くらいいてくれなきゃ、面白くないじゃない」「ひっでーな...全文を読む

    PageTop▲

    DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 14

    DETECTIVE WESTERN

    2020.12.14 (Mon)

     ウエスタン小説、第14話。無期限捜索命令。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -14. 翌朝――。「エミル! どこだ、エミル!?」 アデルが慌てた顔でサルーンを右往左往し、部屋のドアを片っ端から叩いて回っていた。「何かね、騒々しい。察するにエミルが行方不明にでもなったかね?」 まだ寝間着姿の局長に看破され、アデルはようやく立ち止まる。「そ、そうなんです! あいつ、俺の部屋にこれ挟んで……」 説明しつつ...全文を読む

    PageTop▲

    DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 13

    DETECTIVE WESTERN

    2020.12.13 (Sun)

     ウエスタン小説、第13話。これからのこと。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -13. トリーシャはエミルたちに、自分の農場を案内してくれた。「今は牧畜と酪農を主軸にやってるけど、最近、周りを本格的に開墾(かいこん)してるの。頑張ればマメとかトウモロコシとかいっぱい作れそうだから。上手く行けばもう一儲けできるかもね」「今だって相当儲けてるんでしょ? まだおカネがいるの?」 尋ねたエミルに、トリーシ...全文を読む

    PageTop▲

    DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 12

    DETECTIVE WESTERN

    2020.12.12 (Sat)

     ウエスタン小説、第12話。フェアリーとエンジェル(Fairy and Angel)。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -12.「はぁ……はぁ……」「ぜぇ……ぜぇ……」 組織のあった廃村が火の手に包まれ、JJの屋敷が音を立てて崩れるのを背中越しに聞き付けながら、二人は肩を貸し合う形で、よろよろとその場を後にした。「あんた……大丈夫……?」「こっちの……セリフよ……」 たった2人で300人以上の手勢がいた組織を壊滅させると言う、超人...全文を読む

    PageTop▲

    DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 11

    DETECTIVE WESTERN

    2020.12.11 (Fri)

     ウエスタン小説、第11話。終末の日。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -11. 襲い掛かって来た手下たちを、まずは6人倒す。一瞬で半数がやられ、手下たちはぎょっとしたが、すぐに迫って来る。(6発撃ったらもう終わりだろ、……って? バカにすんじゃないわよ) アンジェは倒れた手下たちの手から小銃をもぎ取り、残った者たちも一掃する。10秒と経たない内に敵を全滅させ、アンジェはさらにもう一人の死体から、小...全文を読む

    PageTop▲

    DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 10

    DETECTIVE WESTERN

    2020.12.10 (Thu)

     ウエスタン小説、第10話。袂別。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -10. 自分たちの父親の、その醜い素顔を知ってしまった二人は、重い足取りでアジトへの帰路に就いていた。「このまま帰ったらまずいわよね。まだ2人だってバラすわけには行かないもの」「そうね……。まずあたしが先に帰るわ。いい?」「ええ。夜になったら玄関開けてね」「分かってる。……ねえ、フィー。この16年、言わないようにしてたけど、でも、ど...全文を読む

    PageTop▲

    DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 9

    DETECTIVE WESTERN

    2020.12.09 (Wed)

     ウエスタン小説、第9話。最低の男。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -9. フィーもアンジェも、自分とそっくりな相手の顔のことを、それなりに美人な方だと互いに認識していたし、ジュリウスを始めとする、周囲の評価も高いものだった。だから何となく、自分たちのそれぞれの親――どちらかの母であるミカエルと、そしてもう一方の父であるルシフェルのことも、美しい顔立ちなのだろうと夢想していた。「……っ」 だが今、目...全文を読む

    PageTop▲

    DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 8

    DETECTIVE WESTERN

    2020.12.08 (Tue)

     ウエスタン小説、第8話。狂い始めた歯車。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -8.「どうしたのだ、トリーシャ? 今のは前回、お前が仕掛けた手ではないか」 アンジェがアレーニェと出会って1週間後、とうとうJJがチェスの席で詰問してきた。「えっ? そう……だったかしら」「忘れたと言うのか? 頭脳明晰なお前らしくない。つい3日、いや、4日前のことを覚えておらんとは。いや、と言うよりも……」 フィーが倒した白...全文を読む

    PageTop▲

    DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 7

    DETECTIVE WESTERN

    2020.12.07 (Mon)

     ウエスタン小説、第7話。妄執と情熱と。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -7. フィーとアンジェは組織の者たちに知られぬようこっそりとルシフェルのことを探り、そして程無く、「ルシフェルがアジトの付近をうろついているらしい」と言う情報を、組織がつかんでいることを知った。「だからおじいさまは、迷ったってわけね」「今更ノコノコと戻って来るくらいだから、相手なりに改心したんじゃないか、……って考えたのね、...全文を読む

    PageTop▲

    DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 6

    DETECTIVE WESTERN

    2020.12.06 (Sun)

     ウエスタン小説、第6話。大閣下の後継者。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -6. 彼女との会話を交わすにつれ、どうやらJJはトリーシャのことを、「ろくでなしが作った子供」ではなく、「愛しい孫娘」と認識し直したらしい。彼女が16歳になった頃には、JJはトリーシャを、己の正当な後継者として扱うことを明言した。「チェックメイトです、おじいさま」「なんと!?」 白黒の盤面に視線を落として苦々しげにうなり...全文を読む

    PageTop▲

    DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 5

    DETECTIVE WESTERN

    2020.12.05 (Sat)

     ウエスタン小説、第5話。フィーとアンジェ(Fée et Ange)。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5. 大変な秘密を一人で抱える羽目になったジュリウスだったが、彼の献身の甲斐あって、二人のトリーシャは聡明かつ物分りの良い、それでいて勇ましい娘たちに成長した。 二人はジュリウスの苦労を幼い身で良く理解してくれたし、離れに住まわされて何年か経ち、どうにかJJの怒りも冷め、アジト内に限定しての外出許可を与え...全文を読む

    PageTop▲

    DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 4

    DETECTIVE WESTERN

    2020.12.04 (Fri)

     ウエスタン小説、第4話。奇妙な相談。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4. 悪の道に堕ちた身ではあるが、ジュリウス・アルジャンは元々貴族の出であり、高潔と品行方正を己の誇りにする男である。親を失った赤ん坊を荒野のあばら家に放っておくような、非道で恥ずべき行いをするはずも無く、彼は赤ん坊を、組織のアジトにしている廃坑そばのゴーストタウンに連れ帰った。 と――。「おお、ジュリウス! 久しぶりじゃねえ...全文を読む

    PageTop▲

    DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 3

    DETECTIVE WESTERN

    2020.12.03 (Thu)

     ウエスタン小説、第3話。ジュリウスの討伐劇。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3. ようやくジュリウスがマイヨンのところに行き着いたところ、彼はジュリウスの前にひざまずき、深々と頭を垂れた。「申し訳ございません、アルジャン様! どうかこのまま、何も見なかったことにして、お帰りいただけませんか」「それは無理な相談だ。こうして見付け出した以上、私は任務を遂行する義務がある」 マイヨンの願いをにべも...全文を読む

    PageTop▲

    DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 2

    DETECTIVE WESTERN

    2020.12.02 (Wed)

     ウエスタン小説、第2話。天使と悪魔。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. JJが合衆国の地に足を踏み入れた時、手下はわずか――腹心のジュリウス・アルジャンと、ダビッド・ヴェルヌ。パトロンであり、アメリカへの逃走ルートを用意したアルテュール・リゴーニ。そして下僕のアンリ=ルイ・ギルマンと、エイミッシュ・マイヨンの5人しか残っていなかった。 そして彼の家族も元々、子供がわずかに2人――兄のルシフェル...全文を読む

    PageTop▲

    DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 1

    DETECTIVE WESTERN

    2020.12.01 (Tue)

     ウエスタン小説、最終作。闇の叡智、新大陸へ。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. 19世紀のヨーロッパ大陸は、ほとんど常にフランスの動向に左右されていたと言っても過言では無い。2度の帝政と王政の復古、そしてその合間、合間に立ち上がってくる共和制と、フランスと言う国家そのものが目まぐるしく形を変え、その度に、周辺国は翻弄され続けてきた。 そして当時既に60の大台を超えていたこの小男もまた、フ...全文を読む

    PageTop▲

    前月     2020年12月       翌月

    Menu

    検索フォーム

    最新記事

    最新コメント

    カテゴリ

    プロフィール

    黄輪

    Author:黄輪
    猫と中華と可愛いものが好きなモノ書きです。ドット絵も描けますよ(*゚ー゚)ノシ

    ブロとも申請フォーム

    月別アーカイブ

    オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:

    現在の閲覧者数:

    QRコード

    QRコード