FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます


    日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

    2021 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312021 04

    【  2021年03月  】 

    お話とお芋、どっちする?

    今日の旅岡さん

    2021.03.29 (Mon)

     黄さんのアジアンスイーツ店の店員さん、兎波さんと兎倉さん。二人は別に姉妹ではないし、親戚でもない。ないはずなのだが、顔も身長も3サイズも、そして金田朋子並みのベビーボイスまでもが全部一緒。旅岡さんも見分けが付かないし、恐らく常連の誰もが分かっていない。だけど黄さんはどうやら、見分けが付いているらしい。「見分け方? カンタンよ、カンタン。ケイは右利きだけどジュンは左利きよ」「……どっちがケイでどっちが...全文を読む

    PageTop▲

    健常者と称する者の傲慢

    短編・掌編

    2021.03.22 (Mon)

     健常者と称する者の傲慢 ある医師が、「画期的な治療法を発明した」と発表した。それは視覚や聴覚など感覚器官に障害のある人間に生体工学的手術を施し、健常者と同様の感覚を与えることができる、と言うものだった。「これにより、この世から『障害者』などと言う言葉は消滅するでしょう」 彼はそんなことを豪語した。 事実、この治療技術が確立されて以降、多くの人間がこの手術によって、大多数の人間と同水準の感覚を獲得す...全文を読む

    PageTop▲

    2021年4月携帯待受

    携帯待受

    2021.03.15 (Mon)

       2021年4月の携帯待受。ホンダの'89年式CR-X。30年前のクルマのはずですが、このデザインの良さは現代でも通じると思います。中身もこの時代にしては、妙なスペックの高さを誇ります。今の時代、排気量1L辺り100PSの出力を出せるエンジンは割とありますが、80年代にそんなクルマは――ターボ搭載車か、相当バッキバキにチューニングしない限り――あまり存在しません。そんな中でCR-Xとシビック、そしてインテグラに搭載されていた...全文を読む

    PageTop▲

    央中神学事始 24

    央中神学事始

    2021.03.10 (Wed)

     ペドロの話、最終話。ピリオド。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -24. 総帥交替が行われてまもなく、3世が死去したとの知らせが市国に広まった。しかし、「現総帥は死亡の事実を把握していなかった」、「葬儀の場には遺体が無かった」など、本当に亡くなったのか疑問を抱かせるような要素がいくつもあり、人々は「3世は財団の急進派に暗殺された」、「3世はどこかに逃げ延び、再起の機会を図っている」などと、口々...全文を読む

    PageTop▲

    央中神学事始 23

    央中神学事始

    2021.03.09 (Tue)

     ペドロの話、第23話。革命の顛末。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -23. 5年ぶりに市国に戻ったペドロ父子は、すぐさま3世を訪ねた。「久しぶりやな。そんなに変わってへんみたいやし」「3世もお変わりないようで」 そう言ったものの、ペドロの目には、3世の衰えぶりがはっきりと映っていた。「挨拶はこの辺でしまいや。早速、仕事の話や」 しかし3世の心の中には辛うじて、仕事に対する意欲と情熱は残っていた...全文を読む

    PageTop▲

    央中神学事始 22

    央中神学事始

    2021.03.08 (Mon)

     ペドロの話、第22話。最後の依頼。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -22. 第4冊目となる「モール師事記」を刊行した後も、ペドロは変わらず聖書編纂事業に勤しんでいた。一方で、歳を重ねるごとに妄執を強め、剣呑な行動を繰り返す3世に、さしもの聖人ペドロも辟易しており、彼は352年、今度は南海へと旅立った。建前上は「エリザの最晩年についての資料を集めること」を目的としたものであったが、3世から距離を...全文を読む

    PageTop▲

    央中神学事始 21

    央中神学事始

    2021.03.07 (Sun)

     ペドロの話、第21話。子息革命。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -21. 350年の暮れ、ナイジェル博士はペドロの元を去った。別れの言葉も無く、突然消息を絶ってしまったのである。ペドロは右腕であった彼がいなくなり困惑したものの、既にこの時「モール師事記」は概ね完成しており、ナイジェル博士がいなくても大きな支障は無く、翌年無事に刊行された。 それから3年後の354年――ネール家が突然、「大公位」の...全文を読む

    PageTop▲

    央中神学事始 20

    央中神学事始

    2021.03.06 (Sat)

     ペドロの話、第20話。博士の復讐。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -20. 時間と場所は349年、モールが拘束されていた宿に戻る。 話し疲れ、休憩を取っていたモールのところへ、ナイジェル博士が訪ねて来た。「休憩中、失礼する」「失礼なんかしないでほしいんだけどね」「言葉の綾だ。用がある」「私にゃ無いね」 つっけんどんに対応するモールに、ナイジェル博士はこう切り出した。「3世には腹が立つだろう?」...全文を読む

    PageTop▲

    央中神学事始 19

    央中神学事始

    2021.03.05 (Fri)

     ペドロの話、第19話。礼を示す。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -19. ペドロもナイジェル博士も、長年の研究でエリザが必ずしも聖人君子の類ではないことを把握していたし、その師とされるモールについても、相応の性格であろうことを察していた。「……ふん」 それ故、ベッドの上でとぐろを巻き、肌着姿で煙草をふかす、退廃的な彼女の姿を目にしても、両者ともたじろいだり愕然としたりするようなことは無かった。「...全文を読む

    PageTop▲

    央中神学事始 18

    央中神学事始

    2021.03.04 (Thu)

     ペドロの話、第18話。最後の謎を知る者。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -18. モール・リッチ――央北天帝教において「三賢者」の一角と称される人物であり、「彼」は「旅の賢者」とも呼ばれている。残る二人「時の賢者」ゼロ・タイムズ、そして「幻の賢者」ホウオウ、この三人によって現代における魔術の基本理論が確立されたとされてきたが、克大火や黒炎教団の件もあって、この説は近年、疑問視され始めている。 便...全文を読む

    PageTop▲

    央中神学事始 17

    央中神学事始

    2021.03.03 (Wed)

     ペドロの話、第17話。斜陽の大商人。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -17. 北方での研究の甲斐あって、「北方見聞記」改訂版は初版以上の好評を博した。そしてその主筆であるペドロも、既に教主の職を辞して10年以上経っているにもかかわらず、その評価と人気は衰えることを知らなかった。 一方で3世の評判は、次第に陰りを濃くしていた。316年の大交渉で央中を中央政府から独立させ、大規模な再開発計画を打ち...全文を読む

    PageTop▲

    央中神学事始 16

    央中神学事始

    2021.03.02 (Tue)

     ペドロの話、第16話。ナイジェル氏との邂逅。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -16. 率直に言えば、ナイジェル氏は己の知識をひけらかすことを快感とする類の人間だった。「ふむ、そこに気が付いたか。いや、確かに世界中の図書館やら資料庫やらを漁り渡るような人種でなければ、気付くはずもなかろう。確かにここは世界有数の蔵書量を誇っている。いいや、中央政府文化院や神学府など足元にも及ばんほどにだ。それには...全文を読む

    PageTop▲

    央中神学事始 15

    央中神学事始

    2021.03.01 (Mon)

     ペドロの話、第15話。北の邦での研究。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -15. 央北滞在中に2人の子供に恵まれ、4人家族となっていたペドロ一家は、10年ぶりに央中へと戻って来た。だが、やはり10年前と変わらず、3世はペドロを疎んじていたようだった。戻ってまもなく、3世がこんな提案を持ちかけて来たからである。「北方へ……?」「せや。ほれ、あの……、『北方見聞記』やったかなんか、君、出したやんか? ま...全文を読む

    PageTop▲

    前月     2021年03月       翌月

    Menu

    検索フォーム

    最新記事

    最新コメント

    カテゴリ

    プロフィール

    黄輪

    Author:黄輪
    猫と中華と可愛いものが好きなモノ書きです。ドット絵も描けますよ(*゚ー゚)ノシ

    ブロとも申請フォーム

    月別アーカイブ

    オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:

    現在の閲覧者数:

    QRコード

    QRコード