黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第4部

    火紅狐・戦宣記 5

     ←火紅狐・戦宣記 4 →キャラ紹介;特別造船所①
    フォコの話、169話目。
    安穏と静寂。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
     311年、夏が終わろうかと言う頃。
    「はい、アガリ。天刻子に槓子で5倍付け、ほんで4本場やから30倍掛けやね」
    「ひぎゃー」
     戦局はほぼベール側に軍配が上がり、ロクシルム―ベール陣営の中には、安堵の空気が流れていた。
     ゲーム好きのフォコもその空気にならい、ランニャやアミルたちを交えて、休憩室でカードゲームに興じていた。
    「ホコウ、お前……、ドン引きするくらい強いな」
    「いやいや、そんな」
    「一人勝ちじゃんか。謙遜したってただのイヤミだしー」
     頬を膨らませるランニャを見て、卓を囲んでいた者はクスクスと笑いだす。
    「なんだよ、もぉ」
    「……ま、ま。そろそろこの辺にしとこか」
     フォコはカードをまとめ、席を立つ。
    「ちぇー。……フォコくん、明日もやろ」
    「はい、はい。なんぼでも。……ほんなら、お休みさん」
     フォコは手をぱたぱたと振りつつ、休憩室を後にした。
     残ったランニャたちは、フォコを肴に雑談を始める。
    「しっかし、あいつはつくづく分からん」
    「分からんって?」
    「妙な言葉遣いも、ぼんやりした感じなのに異様に頭が切れるってのも、平和に対する、どこまでも真剣な考え方も。
     俺みたいな凡人とは、どこまでも違う世界の奴だよ。知り合ってからもう10年経つが――まあ、間に5年の空きはあるけど――あいつをどう捉えたもんか、今でも悩む」
     アミルの言葉に、メフルも同意する。
    「同感だ。最初は何をやっているのかまったくつかめず、イライラとさせられることもあるが、結局はこれ以上ないほど、的を得たことを行っている。
     あの先見の明るさには、ただただ呆然とするしかない」
     続いて、ランニャもうんうんとうなずく。
    「あたしも。普段はヘタレくんなのに、ここぞって言う時にはみょんに鋭いしカッコいいし。本当、つかみどころのない、不思議な魅力のある奴だ。
     ……つくづくさ、うらやましくなるわけよ。あいつを射止めた、ティナって人が」
    「ティナか……。あいつ、元気してるのかな」
     元同僚の話になり、アミルは宙に目線を移しつつ想像する。
    「俺たちがバラバラにならなけりゃ、あいつ、もしかしたら今頃、ホコウとの間に1人、2人くらい子供がいてもおかしくなかったんだよな……。
     その幸せをブチ壊しにしたアバントの野郎、俺は今でも許せやしないぜ」
    「だよな。あたしもムカつく」
     と、ランニャのその言葉に、アミルは怪訝な顔をした。
    「……なあ、ランニャちゃんよ」
    「ん? なに?」
    「君はホコウのこと、好きなんだよな?」
    「そうだよ」
    「じゃああいつ、口説いたりなんかしないのか? 何だかんだ言っても独り身なんだしさ」
    「はっは」
     アミルの質問に笑いで返しつつ、ランニャはこう答えた。
    「そりゃさ、したいのは山々なんだけども。
     でもあたしが今、『フォコくん大好きだよ、結婚して』って言ったところで、あいつはどう答えるよ?」
    「……断るよな」
    「だろ? 勝てない博打に挑むほど、あたしもバカじゃないもん、あはは……」
     どこかさびしそうに笑いながらそう言ったランニャを見て、アミルも、メフルも、離れて読書をしていたマフスも、一様に彼女のことを、不憫に思ってしまった。
    (こんなこと言ったらランニャちゃん、絶対怒るだろうけど。……可哀想だな、なんか)



     休憩室を離れ、自分の寝室に戻ろうとする途中の廊下で、フォコもまた、ティナのことを思い返していた。
    (こんなに静かな夜になると、……思い出す。
     いっつも騒がしかった砂猫楼。そんなでも、夜中は静まり返っとった。来た初めの頃は、その静寂が怖かった。自分は一人なんや、一人になってしもたんや、……それをしつこく認識させられとるみたいで。
     でも、……いつの間にか、ティナと一緒に寝るようになって、静寂が楽しくなった。何にも聞こえへんねん、ティナの寝息以外、な。一人やない、こんな近くにもう一人いてくれる。……そう思うようになれた。
     あの時は、二人っきりの静寂が楽しくて、愛おしくてたまらへんかった)
     立ち止まると、何の音もしなくなる。既に休憩室も遠く、人の話し声もしない。
    (……また、静寂は僕の敵になってしもた。また、僕は一人やとささやいてくる)
     フォコは気を紛らわせようと、窓の外に目をやろうとした。

     が――何も見えない。
    「……?」
     いや、窓の外はおろか、うすぼんやりとだが見えていた暗い廊下も、見えなくなってしまっている。
    「な、なんや……!?」
     気が付けばフォコは、頭から黒い袋を被らせられていた。
    「誰や、いきなり何をしよる……」
     言いかけたフォコの背中に、鈍い痛みが走る。
    「ぐ、へ、……っ」
     どうやら棍棒か何かで殴られたらしく、フォコはこらえきれずにその場へ倒れ込んだ。
    「ホコウ、と呼ばれていたか。一緒に来てもらうぞ」
    「だ、誰や、あんたら……」
     フォコは袋越しにそう尋ねたが、答える声は無かった。

    火紅狐・宣戦記 終
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・戦宣記 4】へ
    • 【キャラ紹介;特別造船所①】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・戦宣記 4】へ
    • 【キャラ紹介;特別造船所①】へ