FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第4部

    火紅狐・賭人記 3

     ←火紅狐・賭人記 2 →火紅狐・賭人記 4
    フォコの話、177話目。
    地獄からの脱出。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
    「杖、ですか? いわゆる、魔杖ってやつですかね」
    「そうそう、そーゆーヤツ。『ナインテール』って呼んでるんだけどね」
     モールは床の土埃で絵を描きつつ、その魔杖について説明した。
    「こんな風に、杖のてっぺんに薄紫の玉が付いてるんだけども、その中に渦が見える。それが九尾の尻尾みたいに見えるから、『ナインテール』。
     見た目も綺麗だけども、力もものすごい逸品なんだよね。それこそこの世に二つとない、そう、『神器』と言っていいようなモノさ」
    「何でそんなすごいもん、手放したんですか……」
     呆れるフォコに、モールは拗ねてみせる。
    「……うっかり賭けのレート間違えたんだよね。……二桁ほど」
    「なんぼの賭けしたんですか」
    「チップ一枚、10万ガニー。1000ガニーのつもりだったんだよ」
    「……」
     唖然とするフォコをチラチラと横目で見ながら、モールは話を続けた。
    「……で、大負けして、500万近い支払いを言い渡されてさー。払えなかったんでこーして、身売りされちゃったってワケだね」
    「……アホですな」
    「アホって言うなって。……自分でも分かってるね」
    「……で、その杖。どこにあるか、分かってるんですか?」
    「ココのバカ殿さ。ま、価値にゃ気付いてないだろうけども、それでものんびりしてたら私ともども、売り飛ばされちゃう。
     さっさとココから出て、そいつから杖を取り戻さなきゃならないんだよね」
    「なるほど。……モールさん、あなた、賢者って言ってましたよね」
    「ああ」
    「僕に力、貸していただけません?」
    「ほぇ?」

     フォコはモールに、自分が南海戦争に深く関与していることを説明した。
    「なるほど。君がいなきゃ、今起こってる騒ぎ、収められないってコトだね。……そもそも、君の手を借りなきゃ、ココから出られそうもなし。
     分かった、協力してやるね。……と、名前教えてもらってもいいね?」
    「あ、はい。……えー、と。とりあえず火紅で」
    「火紅? ……央南人にゃ見えないけど」
    「あ、名付け親が央南人だったもんで」
    「ふーん。ま、そんじゃ火紅、よろしゅー」
    「よろしゅうお願いします。
     ……と、まずはここから出る方法ですよね。……んー」
     フォコはきょろきょろと辺りを見回し、また、鉄格子の向こう側で番人がまだ眠っているのを確認して、モールに指示を出す。
    「モールさん、また鍵、開けてもろてええですか?」
    「いいけど……?」
     言われた通りに、モールは鍵を開ける。
    「どうする気だね?」
    「まず、あいつを動けなくしてからですね、話は」
    「動けなくって……、君、あいつを倒す気?」
    「腕にはちょこっと、覚えありますから」
    「待てって。……私がやってやるよ」
     フォコとモールは牢を抜け、椅子へ張り付くように眠り込んでいる番人のそばに寄る。
    「……ぐっすり眠ってな、『オウルシング』」
    「ぐー、ぐー、……すー、……すうぅ、……す、ぅぅ」
     いびきをかいて眠っていた番人の寝息が深いものになり、ピクリとも動かなくなる。
    「コレでよし。半日は、何が起ころうと目を覚まさないね」
    「便利な術持ってはりますね」
    「つっても、大勢でかかられたらどうしようもないけどね。……んで、どうするね?」
    「幸いなことにここ、外の音が全然聞こえないんですよね。って言うことは、こっちの話も聞こえてこないわけで」
    「ま、理屈はそうだね」
     フォコは牢の中にいる奴隷たちに、声をかけた。
    「皆さんお疲れのところ悪いんですけども、ちょっと起きてもろてええですか?」
    「……んん……うるさいな……」
    「何だよ……騒々しい……」
    「寝かせろよ……明日も早いんだから……」
     フォコの声に応え、何人かが目を覚ます。
    「……あれ……お前?」
    「え……、何でお前、外にいるんだ?」
    「もう出勤時間か?」
    「いえ」
     フォコはカンカンと鉄格子を叩き、全員を起こす。
    「見ての通りです。牢、出られますで」
    「……何っ!?」
     この言葉にようやく、全員が体を起こした。そして牢の外にいるフォコを見て、彼らの目が生気を帯び始める。
    「出られる、……のか?」
    「はい。ただ、今ここでバラバラに飛び出しても袋叩きがオチなんで、全員で僕に協力してほしいんですけども、よろしいです?」
     フォコの申し出に、奴隷たちは一様にうなずく。
    「まあ、出られるんなら何でもするさ」
    「協力って、何すればいいんだ?」
     フォコは――一瞬黙り込み、外に音が漏れていないのを確認して―――話を始めた。
    「言い方はちょっと悪いかもなんですけども、皆さん、……僕のお金になってくれます?」
    「は……?」


    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    詳しい説明は省きますが、「火紅狐」第4部での1ガニーは1.7円くらい。
    モールは840万円近い負け方をしたようです。
    博打はおそろしい。
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・賭人記 2】へ
    • 【火紅狐・賭人記 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・賭人記 2】へ
    • 【火紅狐・賭人記 4】へ