FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第4部

    火紅狐・壊忠記 3

     ←火紅狐・壊忠記 2 →火紅狐・壊忠記 4
    フォコの話、183話目。
    借刀殺人。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     「敵将」メフルが討たれたと言う報告を受け、セノクは大喜びした。
    「ふははは……、そうか! 討ってくれたか!」
    「ええ、抜かりなく。1週間もすれば、妹のマフシードもいずれ、後を追うでしょう。
     もしそうしなければ、実力行使で後を追わせて差し上げます」
     悪辣な笑みを浮かべるアミルに、セノクは深々とうなずいてみせる。
    「うむ、うむ。頼もしいことだ。流石に『武装』商会と名乗るだけのことはある。
     どうかな、シルム総裁。今後も我々のために、力を貸してくれるかね」
    「勿論でございます、閣下」
     従順な受け答えに、セノクはますます顔をほころばせた。
    「よしよし、それでは今後の……」「やめんかーッ!」
     と、横で話を聞いていた国王シャフルが、突然二人を怒鳴りつけた。
    「いい加減にせんか! わしの、わしの息子が死んだのだぞ! それを嬉々として『敵を討った』『マフスも後を追うだろう』だと!?
     気でも違っておるのか、そなたらは! 人を無下、無残に殺しておいて、よくもそんな軽口を叩いていられるな……!」
    「……これは失敬。そうでしたな、勘当したとはいえ、彼ら二人は兄上、あなたの子供たち。……此度の戦いが終わったら、丁寧に弔ってやらねば。勘当も、解くべきでしょうな」
    「今からでもよい。一人残ったマフスを戻してやらねば。もう身内での戦いなぞ、したくない」
     確かに反メフル派のトップが死んだ今、マフスを遠ざける意味はない。
     ところが――セノクは何故か、それをよしとしない。
    「いいえ、兄上。生きているうちは、決して許してはなりませぬ」
    「……なんだと?」
    「これは見せしめでもあるのですよ。今後、みだりに王位を狙う者が現れ、和を乱すことが無いようにと、十分に配慮せねばなりません。
     だからしてメフラードを討ったのであり、同じ理由から、マフシードも決して、生かしてはおけぬのです」
    「何を言うか……! これ以上、無駄な血を流せと言うのか!?」
    「無駄ではありません。我らベール王族の地位を、揺らがせぬためです」
     セノクの言葉に、シャフルの顔が真っ赤になる。
    「……セノク、貴様ぁ」
     と、シャフルは立ち上がり、ゆらゆらとセノクへ近付き――。
    「そんなに同族の血を見たいのかッ!」
    「ぐっ!?」
     手にしていた杖で、セノクの頭を引っぱたいた。
    「な、何をっ」
    「血が見たいのなら、己の血を存分に見れば良かろう!
     何が王族の地位を、だ! 元々零落した我々の地位を引き上げたのは、他ならぬメフルとマフスの尽力あってこそではないか!
     その恩を忘れ、国賊に仕立て上げただけでは収まらず、なおも命を付け狙うのか! この恥知らずめッ!」
     散々杖で打ち据えられ、武人であるセノクも流石に顔を歪ませる。
    「……分かりました、分かりましたから、兄上。確かに少し、極端な物言いをしてしまいました」
    「ゼェ、ゼェ……」
     シャフルも激しい運動と怒りのためか、肩で荒く息をしている。
    「……とにかく! 最早マフスに罪は無い! 明日にでも書状を送り、復縁を申し渡した上で、投降してもらう。
     親しかった兄を失い絶望している我が娘に、これ以上苦痛を与えてなるものか」
     シャフルは額の汗をぬぐい、尻尾を怒らせたまま、その場を離れていった。

    「……いたた、たた」
     シャフルがいなくなったのを見て、床に伏していたセノクがフラフラと立ち上がる。
    「耄碌(もうろく)したな、兄上も」
    「……」
     シャフルの見せた剣幕に、アミルは呆然としていた。
    「あ、あの」
    「何かな?」
    「……俺も、その」
    「兄上の言うことがもっともらしく聞こえたのか? だとすれば、君はとんだへっぽこ商人だな」
    「えっ?」
    「いいか、……確かに、最早マフシードには抵抗の余地も、意思もないだろう。……今はな」
    「今は?」
     セノクは椅子に着き、頭から垂れてきた血を拭いながら、こんな屁理屈をこねてみせた。
    「考えてみなさい。すぐ上の、とても親しかった兄を討たれたのだ。当然、怒りを覚えているだろう。
     そこで我々が救いの手を差し伸べれば、一体どうなる? 感謝するか? いいや、するまい。その差し伸べた手に噛みついてくるのは、目に見えている。
     下手に情けをかければ、大怪我を負うだけでは済まないぞ。……徹底的に、芽は摘まねばならんのだ」
    「……」
     納得の行かなそうな顔をするアミルを見て、セノクはふーっ、とため息をつく。
    「やれやれ……、やりたくない、これ以上血は見たくない、と? ……もしそう思っているなら」
     セノクは両手をテーブルの上に組み、隻眼でギロリとにらみつけた。
    「今すぐ、『武装』商会などと名乗るのはやめにした方がいい。看板に負けている。嘘をつく商人など、誰が相手にするものか」
    「う……」
    「それにだ。君がメフルを殺したのだろう? 真っ先に狙われるのは、君だ。殺したくないなどと、悠長に構えている場合ではない。
     殺るか殺られるか、だよ」
     そう言って、セノクは席を立とうとする。
    「ま、待ってください!」
     それを制止し、アミルはこう宣言してしまった。
    「分かりました。……国王陛下からの書状が、トリペへ届く前に。
     俺が、マフシードを殺してきます」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・壊忠記 2】へ
    • 【火紅狐・壊忠記 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・壊忠記 2】へ
    • 【火紅狐・壊忠記 4】へ