FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第4部

    火紅狐・壊忠記 5

     ←火紅狐・壊忠記 4 →火紅狐・壊忠記 6
    フォコの話、185話目。
    賢者のいじめ。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
     ボン、と言う音と噴き出した煙を確認し、アミルはニヤリと笑う。
    「……これで良し。もう書状を出そうが何しようが、後の祭りだ」
    「ところがどっこい」
     と、隙間からブスブスと煙を噴き出していた扉が、乱暴に蹴り開かれる。
    「……なにぃ!?」
    「この通り、ピンピンしてるね」
    「だ、誰だお前は!?」
     扉から出てきたのは、いかにも古臭い魔術師然としたローブを身にまとった、赤毛のエルフだった。
    「私かい? 私の名はモール・リッチ。旅の賢者とは私のコトだね」
    「知らねえな、んなこと。大方、マフスの雇った用心棒だろ。まだ生きてんのか、あの小言女」
    「勿論生きてるさ。ホコウの奴が、ちゃんと守ってやったしね」
    「ほ、……ホコウ?」
     その名を耳にし、アミルの顔色が変わる。
    「嘘、だろ」
    「嘘なんか言うもんかね。ほれ、ホコウ。君を裏切ったバカが、顔見てみたいってさ」
    「そうでっか」
     続いて、フォコも霊廟から出てきた。
    「……マジ……かよ」
    「アミルさん、……いや、アミル・シルム」
     フォコはフードに着いた煤をぱたぱたとはたきながら、ギロリとアミルをにらみつけた。
    「よおやってくれたな、ホンマに」
    「う……」
    「こないなくだらない真似、よおやったもんやな、ホンマに、なあ!?
     聞いたで、うわさ。『シルム武装商会』やて!? 『我が商会の経営理念は人を殺すことですー』ってか、ああ!? ふざけんのも大概にせえや、このボケがッ!
     僕が必死に訴えかけ、熱心に唱えた平和への思いも、お前には無駄やったわけやな! コロっと忘れて、自分の欲のために、一緒に戦ってきた仲間をヘラヘラ喜んで殺したとか、最低最悪の、ド外道所業や!
     クズの塊っちゅうのんは、お前みたいな奴のことを言うんや!」
    「ぐ……」
     苦い顔をするアミルに、フォコはたたみかけた。
    「お前の底、見えたわ。
     お前はどんなに人の良さそうに取り繕うても、所詮は小悪党にしかなれへん器や。おやっさんも冥府の向こうで嘆いてはるで……!」
    「……う、るせ、え」
     だが、アミルは反省するどころか、曲刀を構えて怒鳴り返した。
    「今さらお前に親分面されたかねえんだよ! 年下の、わけ分からんことばかり抜かす、ひょろひょろのお前なんかになぁ!
     俺が上なんだ……! お前の夢や妄想なんざ、知ったこっちゃねえ……! 俺の、俺自身の、俺のこの手にすぐ入る利益の方が、俺に取っちゃ切実、上等なんだ……!
     俺が大して得もしない南海の平和なんざ、どうだっていいんだよ……!」
     本音を漏らしたアミルに、フォコの怒りは頂点に達した。
    「……モールさん。とりあえず口が利ける状態やったら、それで構いません。
     目一杯、ボッコボコにしたってください」
     フォコの願いに、モールはぐっと握り拳を作って応える。
    「おう。……私もあいつの思い上がったバカっぷりには、心底腹が立つね。
     一回や二回、痛い目見させるくらいじゃ、ぜんっぜん足りないね」

     アミルは曲刀を片手に、モールとの間合いを詰める。
    「どけよ、そこ……!」
    「ヤだね」
     モールも魔杖を構え、開け放たれた扉の前に陣取る。
    「どかねーなら叩っ斬るぞ、コラッ!」
     アミルは曲刀を振り上げ、モールに斬りかかろうとした。
     ところが――。
    「……あん?」
     気付けばアミルは、フォコの話を聞いていた時点の位置に戻されていた。
    「な、……なん、だ? ……クソッ!」
     もう一度、アミルはモールへ向かって駆け出す。
     だが、また元の位置に戻されている。
    「……!?」
     もう一度駆け出す。そして、また元の位置に。
    「な、……何しやがった!?」
    「さあね」
    「ふざけやがってッ!」
     今度は駆け出そうとはせず、懐に忍ばせていた爆弾に火を点けた。
    「あーらら」
     それを見て、モールが呆れた声を出した。
    「いいのかな? いいのかなー? そーんなコトして、いいのかなー?」
    「……ブッ殺す!」
     アミルは怒りに任せ、爆弾を力一杯投げつけた。
    「『ウロボロスポール:リバース』」
     だが、モールが術を発動させた途端――全力で投げつけた爆弾は、同じ速度で自分の元へと戻ってきた。
    「……は!?」
     アミルが逃げる間もなく、爆弾は炸裂した。

     ズドンと言う爆音が辺りに轟き、アミルも吹き飛ばされる。
    「がは……っ、げぼっ」
     アミルの両腕は半分以上吹き飛び、腹にも大穴が空いている。放っておけば絶命するのは明らかだった。
    「だから言ったのにねぇ」
     血まみれになったアミルを見下ろし、モールは術を唱える。
    「『ウロボロスポール:リバース』」
     すると、吹き飛んだアミルの両腕が、何事も無かったかのように元の形に戻っていく。腹に開いた大穴も、綺麗に塞がっていた。
    「な……え……なにが……おこ……って……る……?」
    「バカには分からないコトだね」
     モールは魔杖の先をアミルの襟に引っかけ、無理矢理に立たせた。
    「ま、でも。カンタンな説明くらいはしてあげようかね。
     今使ったのは、モノを元の形、元の位置に戻す術さ。10メートル進んだモノは、10メートル戻す。力一杯投げつけたモノは、力一杯で戻ってくる。
     そして破裂したモノも、ほれ、この通り」
     モールはアミルの足元に、ぽいっと爆弾を投げ捨てる。
     その導火線には、パチパチと火が点いていた。
    「点けた火も、元通りだったり、ね」
    「ひ……い……っ」
     モールは自身に術をかけ、霊廟のところまで戻る。
     その間に爆弾は破裂し、アミルはまた粉微塵になって吹き飛んだ。

     モールの宣言通り、アミルは十数回も、体をちぎられる痛みを味わわされた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・壊忠記 4】へ
    • 【火紅狐・壊忠記 6】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・壊忠記 4】へ
    • 【火紅狐・壊忠記 6】へ