FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第4部

    火紅狐・猫金記 3

     ←火紅狐・猫金記 2 →火紅狐・猫金記 4
    フォコの話、189話目。
    女王の温情。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     拷問で受けた傷の手当てを受け、セノクは久々にまともなベッドに寝かされた。
    「うう……うああ……」
     だが、切り落とされた右耳の痕が、燃えるように痛い。二つまみ分削られた尻尾の先も、火が点いたかのように熱を持っている。
     さらには、右目の視界も異様に暗い。どうやら火薬を顔に浴びせられた時に、失明してしまったようだ。
    「うう……おお……うぐううう……」
     セノクはうめくことしかできず、柔らかいベッドの感触など味わう余裕は無かった。

     と――。
    「失礼するぞ」
     女の声と共に、誰かが寝室へと入ってきた。
    「うう……はぁ……はぁ……」
     息を整え、応対しようとするが、口を開けば勝手にうめきが漏れてくる。
     それを察したらしく、相手はこう声をかけた。
    「何も言わずとも良い。そこへなおれ」
    「……」
     女はベッドの傍らにあった蝋燭に火を灯し、セノクへ近付けた。
    「はぁ……はぁ……お前は……」
     女の正体は、アイシャだった。
    「妾とて、あのような仕打ちを見せられれば、心も痛む。……仕打ちを与えた当の本人は、高いびきで眠ってしもうたが、の」
    「な……何しに……」
    「妾には、人に怒鳴りつける他は、これくらいしかできぬ」
     そう言って、アイシャはセノクの傷跡に手をかざした。
    「『キュア』」
     燃えるような痛みが、ほんのりと和らいでくる。
    「これでも王族の端くれ、教養として魔術は教わっておる。……こうして役立てることなぞ、無いと思っていたが」
    「……」
     アイシャは近くにあった椅子に座り、細々と語り出した。
    「妾の旦那様――お主を痛めつけたあの男は、真に悪魔のようなお人じゃ。
     他人なぞ道具か、そうでなくばゴミかと言うくらいにしか判別しておらぬ。世間の一般、平常で論ずるところの『情』なぞ、望むべくもない。
     セノク卿、お主は今日、あの方の道具にされたのじゃ」
    「……っ」
     その宣告に、セノクは怒りと絶望感とを同時に味わった。
     だが同時に、アイシャに対する敵意が、不思議なほどにすっと消えていくのを感じてもいた。
    「これは……、誰にも言わんでおいてほしい。
     妾は、あの方に不信感を抱いておる」
    「……」
    「既に、間に子供がいる仲だと言うのに、あの方は我が子であるはずの娘たちに、まったく興味を見せぬ。
     子供が生まれたことも、妾直々に報告までしたと言うのに、……あの方は何と答えたと思う?」
    「……何と言ったんだ?」
    「『そうか』だけじゃ。それきり、話題にも上らぬ。口から出てくるのはいつも、利益と、損失と、己の欲望のことばかりじゃ。
     今になって、はっきりと悟り、後悔しておる。あの男は、妾を道具としてしか扱っておらぬと。……そして今、お主も同じように扱おうとしておるのじゃ」
    「……それを私に言って、……陛下はどうしたいと?」
     そう尋ねられ、アイシャは顔を伏せて、ぼそぼそとした声でこう答えた。
    「どうもせぬ。ただ、……言うておきたかった、……それだけじゃ。
     知らぬまま道具にされる、……よりは、道具であることを、……自覚して、生きる方が、……ましであろうか、と、そう思うたのじゃ」
    「……」
     セノクは上半身を起こし、アイシャをじっと眺めた。
     女王と称されているはずの彼女は、ひどく小さく、頼りないものに見えた。
    (道具にされた者の末路、……か)
     と、アイシャは顔を挙げ、悲しそうな笑顔を作る。
    「もう戻らねば。
     ……いずれ、また痛むじゃろうが、……もし、また、時間ができれば、……和らげてやろう」
    「ああ。……ありがとう」

     アイシャが去った後、セノクはぼんやりと考えていた。
    (道具、……か。私は島いくつかと端金で、あいつの道具にされたのだな)
     そう考えたセノクの心に、怒りと敵愾心(てきがいしん)がふつふつと湧き上がってきた。
    (ケネス、……と言ったな。
     ケネス、私は決して、ずっとお前の道具でいるつもりなどないぞ。いつかその首、討ち取ってやる……!)
     セノクの脳裏には、アイシャの悲しそうな姿が焼き付いて離れなかった。
    (そして――アイシャ女王。彼女は、私がこの手で解放してやる。
     例え何かを、犠牲にしてでもだ)
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・猫金記 2】へ
    • 【火紅狐・猫金記 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・猫金記 2】へ
    • 【火紅狐・猫金記 4】へ