FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第4部

    火紅狐・猫金記 5

     ←火紅狐・猫金記 4 →火紅狐・猫金記 6
    フォコの話、191話目。
    王宮への帰還。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
     時間は、フォコたちがアミルを返り討ちにした直後に戻る。

     セノクの暗躍を見破ったフォコたちはアミルを従え、ビブロンへと戻った。
     だが、すぐ宮殿に入ろうとはせず、フォコは街の外れで皆を止めた。
    「どうしたんだ、ホコウ? どうしてこんなところへ……?」
    「例えばまっすぐ、宮殿へ行ったとします。ほんで、国王陛下に『あんたの弟さん、最低の悪人やで』と暴露して、それが広まったとしますわ。
     セノクは、どうしはるでしょうな」
    「まあ、逃げるだろうな。大人しく捕まってくれれば、上々だけど」
    「何が上々や。そんなもん、下の下やて」
     トリペ以降、アミルは散々フォコにこき下ろされており、アミルは憮然とした表情を浮かべる。
    「……はいはい、どうせ俺の意見なんてダメだってことだろ」
    「ダメなことばっかり言うからや。
     ま、ともかく。このまま逃がしても捕まえても、それは何の得にもなりません。単に、レヴィアへの直行ルートが閉じるだけですわ」
    「……あ、なるほど」
     フォコの言いたいことに気付き、マフスが手を挙げる。
    「普通なら敵国の船など、自国に入れたりはしませんものね。でもセノク叔父様であれば、向こうと密通しているから……」
    「体面上、航行の途中で多少の代理や隠れ蓑は使うでしょうが、最終的にはすんなり、自国内に入れてくれるはずです。
     これを利用せえへん手はありません。少し策を講じて、ベール軍をレヴィア島内にねじ込ませられへんか、検討しよかと思いまして」
    「ってコトは、セノクに見つからず、かつ、軍を動かせる最大の権限を持つ人間、平たく言や国王サマに、直で会う必要があるってコトだね」
     モールの回答に、フォコは深くうなずいた。
    「その通りです。そして同時にもう一つ、僕たちがやるべきことがあります」
    「と言うと?」
    「セノクは十中八九、利殖で得た金をレヴィア王国へ持って行ってます。
     ベールがこのまま戦争に負け、崩壊した後、確実にセノクはレヴィアへ亡命するでしょうし、折角得た大金を持って行かへんわけがない。
     とは言え、僕の試算では恐らく、その額は4億か、5億ガニーと思われます。そんな額を一回で持って行ける大きさの船は、ベールの主力艦クラスくらいです。しかし護国卿の地位にあるとは言え、セノクが私用で、しかも敵地へホイホイ行くなんちゅう滅茶苦茶な用事で、主力艦を使えるわけがありません。
     となれば金塊やら何やら、もっと小さなものに換えて私有の船に乗せ、何回かに分けてレヴィアへ……、っちゅうのんが、妥当な線ですやろな」
    「その船を抑えろ、と言うことですね。……そして、利用する、と」
    「その通りです。何しろセノクが自ら、敵地のど真ん中へと案内してくれる直行便――こんな美味しいものを利用せえへんとか、ありえませんわ」

     フォコとマフス、イサンの三人は、密かにベール宮殿へ侵入した。
    「とにかくセノクと、セノクの配下に見つかったらおしまいですからな。そーっと、王様んところへ行かなあきません」
    「それならいい場所があります。宮殿の西側にある中庭。ここは父上以外、立ち入ることを許されていません。わたしや、他の王族でも入るのを嫌う場所です」
    「そりゃ、うってつけだ」
     情勢が混乱しているためか、宮殿内には至る所に兵士たちが集まっている。
    「おっとと」
     角を一つ曲がる度、兵士と鉢合わせしそうになる。
    「めんどくせえなぁ。やっちまうか?」
    「アホ、騒ぎを増やしてどないすんねん。……しゃーないなぁ」
     そのままでは到底、中庭に辿り着けそうにない。
     仕方なくフォコは、兵士を一人捕まえた。
    「なあ、ちょっとお願いあるんやけど」
    「な、何者だ!?」
    「お小遣い、欲しない?」
    「……はあ?」
    「服、1万ガニーで買わせてもろてええやろか」
    「……い、1万?」
     フォコは通りすがりの兵士から装備を買い、それを着込んでマフスたちを先導することにした。
    「これなら、とっても自然ですね」
    「これですんなり進めるでしょう」
     マフスの言葉通り、その後はすれ違う兵士に怯えることもなく、三人は宮殿西側の庭園に到着できた。

     中庭に入ったところで、三人は水路べりに置かれた椅子に、国王シャフルが沈鬱な表情を浮かべて座っているのを見つけた。
    「なんじゃ、騒々しい。ここには誰も入るなと……」
     顔を挙げ、注意しようとしたシャフルの声が、途中で止まる。
    「……マフシード! 無事であったか!」
     シャフルは椅子から立ち上がり――かけて、椅子に足を引っかけてしまう。
    「う、おぉ、……おわぁっ」
     シャフルは体勢を崩し、水路の中に尻餅をついてしまった。
    「ち、父上!」
    「……だ、大丈夫だ、我が娘よ。……ははは、これは情けないところを見せてしまったわい」
     駆け寄ってきたマフスに手を借りながら、シャフルは水路から這い上がる。
    「……うん? 君の顔は……、見覚えがある。確か、メフルと、あの狼商人たちと話していたような……」
     フォコは軍帽を脱ぎ、シャフルに会釈してみせた。
    「ええ、火紅・ソレイユです。
     諸事情により、このベール島から、島流しに遭いまして」
    「島流し……?」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・猫金記 4】へ
    • 【火紅狐・猫金記 6】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・猫金記 4】へ
    • 【火紅狐・猫金記 6】へ