FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第4部

    火紅狐・離海記 3

     ←火紅狐・離海記 2 →火紅狐・離海記 4
    フォコの話、195話目。
    島流しのラブストーリー。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     ベール王国にとって最大の反逆者となったセノクもまた、アリバラク刑務所に収監されていた。
     本来ならばアミル同様に終身刑を言い渡され、そのまま死ぬまで牢の中にいるはずだったが――。

    「そうもいかんでしょうな。そら、敵国の女王に求婚し、裏切りよったアホですが……」
     ベール王国、宮殿において、フォコとマフス、そしてシャフルとが、セノクの処遇を検討していた。
    「護国卿としての、南海戦争勃発までの働きは確かであった。そして、ベール王国がトリペ撤退以上の憂き目を見なかったのも結局、セノクの功績によるところが大きい」
    「戦争以前にも、南海諸国との連携・協調など、叔父様の外交力に助けられた事例は数多くあります。
     確かに今回の一件は許されざるべきものですけれど、その一件のみを追及し、取り沙汰すのは……」
    「ええ、分かってます。……となると、まあ、どこかの島へ軟禁、と言うのが妥当な刑やろかと思います」
     フォコの意見に、全員が同意した。
    「ふむ。わしもそれが、適当かと思う」
    「……それなら、一つ案がございます。もう一つ、懸念していた件に関して」
    「と言うと……?」



     数日後、セノクは刑務所から出され、すぐ船へ乗せられた。
    「……」
     淀んだ目をするセノクに、同乗したフォコとマフスが話を始める。
    「あの、叔父様。終戦後、敵国レヴィアの領地を占領する際に、敵の方と交渉したり、事情を聞いたりする機会が何度かあったのですが」
    「……」
    「そん中で聞いたで、女王に求婚したっちゅう話」
    「……」
     セノクは無表情なままだ。そこで軽く、フォコが挑発する。
    「残念やったな。うまく行けば、世紀の略奪婚になったやろうに」
    「……っ」
     そこでようやく、セノクが顔を挙げた。
    「貴様にそんなことを言われる筋合いは無い……ッ」
    「せやろな。僕があんたの目論見、潰したんやし。
     ま、こっちもこっちで信念を通させてもろたんや。……もう全部終わったんやし、何がいいとか何が悪いとか、もう言わんとき」
    「勝手なことを抜かすなッ! ……貴様さえ、貴様さえいなければ!」
     セノクは両手足に枷をはめられたまま、無理矢理に立ち上がる。だがフォコにつかみかかろうにも、手を伸ばしきれず、ばたりと床へ倒れ込む。
    「く、……くそっ、くそおッ!」
    「同じことは、いくらでも言えるやろ?
     あんたがおらんかったらメフルさんは死なへんかったし、アミルもアホなことせえへんかったやろうし。
     な、もう言わんとき。キリが無いで」
    「……ッ」
     セノクはフォコをにらみつけたまま席へ戻り、それきり口を閉ざした。

     やがて船は、ある小島に到着した。
    「改めて叔父様、……いいえ、セノク卿。あなたに、罪状と処罰を言い渡します。
     セノク・キアン・ベール。あなたはベール王国に対する重反逆罪と人身売買、そして敵国との密約を結んでいた罪により、実刑として、この島に50年の軟禁とします」
    「……」
     そこでマフスがセノクの拘束を解き、続けてこう言った。
    「そしてもう一つ、護国卿としてのこれまでの功績に免じ、この地において要人の監視を行ってください。
     それがあなたに命じられた、最後の任務です」
    「……要人の、監視?」
     怪訝な顔をしたセノクに、マフスはぼそ、と耳打ちする。
    「……!」
     セノクが目を丸くしている間に、マフスとフォコ、そして護送船は島を離れていった。

     セノクは姪に耳打ちされたことが事実であるか確かめようと、島の北へと急いだ。
     元々、島は観光用に開発されていたらしく、あちこちにその頃の名残を残す廃墟が並んでいた。
    (恐らくはあの『狐』が、南海からスパス系を追い出していた頃に買い取り、そのまま廃業させたのだろうな)
     それでも道は荒れておらず、北の丘にある大きな廃宿に到着するまで、5分とかからなかった。
    「……? この景色、……どこかで」
     マリーナ跡や廃墟では気付かなかったが、丘を上りきったところで、セノクは既視感を覚える。
     そして、丘の上にぽつぽつと立つ蜜柑の木から来る香りが、セノクの記憶を蘇らせた。
    (……彼の、……クリオの名残がある。
     そうか、ここはナラン島だったのか。……確かに、一度来たことがある。恐らくこの建物、元は彼の屋敷――砂猫楼が建っていた場所か)
     と、廃宿の奥から声が飛んでくる。
    「……お主、か?」
     その声にセノクの、先の千切れた尻尾がピンと立った。
    「……アイシャ!」
    「やはりお主であったか」
     奥から出てきたのは、化粧も豪奢な身なりもしていない、平民の服を着たすっぴんのアイシャだった。
    「……その姿」
    「ははは……。敗北した国の王族なぞ、この扱いで十分じゃ。週に一度は物も届くと言うし、妾は却って、この生活に満足しておる」
     城にいた時とは打って変わって、アイシャはコロコロとよく笑っている。
    「もう国の体面を保つ重責にも耐えることはないし、何よりケネスの下品な顔も見ないで済むのは、とても良い。
     その上、妾の愛らしい子供たちと引きはがされることもなく、共に暮らせる、と。さらには……」
     アイシャはセノクの手を取り、嬉しそうに微笑んだ。
    「こんな良い男が、妾を守ってくれると言うのじゃ。何の不満があろうか」
    「……」
     セノクは突然、アイシャを強く抱きしめた。
    「お、おお? なんぞ、突然」
    「……見守る者は誰一人いないし、祝福もされない。何ひとつ、与えることができない。……しかし、それでも。
     アイシャ・レヴィア女王陛下。お願いだ、私と結婚してくれ」
    「……うふふふ」
     アイシャは小さく笑い、こう返した。
    「『女王』や『陛下』はもうよい。……以後は普通にアイシャと呼ぶがよい、旦那様よ」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・離海記 2】へ
    • 【火紅狐・離海記 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・離海記 2】へ
    • 【火紅狐・離海記 4】へ