FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第4部

    火紅狐・離海記 5

     ←火紅狐・離海記 4 →火紅狐・離海記 6
    フォコの話、197話目。
    悪魔と賢者の邂逅。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
     と――マフスが去ったところで、モールが何かに気付く。
    「……誰だ、お前」
     その声に、フォコも振り返る。だが、誰もいるようには見えない。
     いや、確かに、そこに人はいた。モール以外の誰も、気付かなかっただけだったのだ。
    「やるな。俺の気配を見抜くとは」
     声が返ってきたところで、フォコもようやく、その人物の存在を認識できた。
    「た、……タイカさん!?」
    「大火? けったいな名前だね。……で、火紅。コイツを知ってるね?」
    「え、ええ。北方で、一緒に仕事を」
     モールは三角帽子のつばを上げ、大火と対峙する。
    「……相当な魔力と腕の持ち主だね。見ただけで分かるね」
    「お前の方も、な。……今まで見た中で、五指に入るオーラの持ち主だ」
     双方そう評するものの、フォコには何が何だか分からない。とりあえず、フォコは大火に話を聞くことにした。
    「あのー」
    「うん?」「どうしたね?」
    「タイカさんは、どうしてここに?」
    「ああ」
     大火は二人に歩み寄りながら、訪れた理由を説明する。
    「お前が去った直後、ジーン王国へある男が訪ねてきた。央南の元軍人、焔と言う男だ。
     そいつは央南全土を支配していた中央政府の名代(みょうだい)、清家を打倒するため反乱軍を結成し、王国に兵力と資金を貸してもらうよう要請したが、まだ政情の安定しきっていない王国側は、それを拒否した。
     それでも何度も、しつこく要請してきたため、やむなくランドとイール、レブ、そして俺の4名が央南へ渡り、戦術・戦略の指南と、実戦での手助けをすることとなった。
     結果は上々――清王朝は崩壊。焔軍が首都・白京を占領し、今後は焔軍による統治がされよう、と言うところまで来ている。
     だが、問題が残っている。その解決に、お前が必要だ」
    「僕が?」
     大火はモールの姿をチラ、と一瞥し、話を続ける。
    「清家に資金と軍備を提供していたサザリー・エールと言う兎獣人が、故郷かつ本拠地である西方へ逃げた。清家の人間と共に、な」
    「って言うと、……つまり?」
    「清王朝が倒れたと中央政府が認める前に、清家が逃げてしまったからな。
     ランドによれば、『世界平定憲法上では、まだ央南は清家が支配してることになる。彼らが正式に、自分たちの王位を廃すると宣言してもらわないといけない』とのことだ」
    「あー……、そう言うもんなんですか」
    「清家は央北の中央政府より天帝の名代を任ぜられ、その権力を以て君臨してきた家柄だそうだ。
     天帝からの勅令で廃位させられるか、自ら廃位しなければ、いつまでも央南の支配権は清家にあるまま、と言うことだ」
    「……めんどくさい話ですねぇ。そう言えば、央中ってどうなんでしょうね、その辺」
     何となく尋ねてみたが、大火は首を振る。
    「知らんな」
    「有って無きが如し、だね」
     代わりに、モールが答えてくれた。
    「確か中央政府、および央北天帝教としての名代はいたはずだけど、央中でのメジャーどころは央中天帝教と、ゴールドマン・ネール両家だろ?
     経済にも宗教にも関与できないってんなら、マトモに政治力を発揮できるワケがないね。実質、いてもいなくてもって位置にあるね」
    「へぇ。……あ、と。話、戻しますけど。
     ほんならランドさんたちは、西方へその、サザリーって奴を追いかけに行っとるっちゅうことですか?」
    「そうだ。手が空いていれば、お前も西方へ来てほしい。相手は商人だからな、同じ商人のお前がいれば何かと助かる」
    「……ちょっと待ってください」
     フォコはモールに向き直り、自分の頭を整理しようと口を開く。
    「えーと、まあ、……西方には行こうと思てましたし、それは渡りに船ですわ。まあ、しかし、もうちょい人手がほしいなーとか思てましたけど、……それも十分ですな」
    「そのランドだかって奴らも一緒なら、私と火紅とこいつとで、……6人か」
    「それに、現地の方にも知り合いがいるはずですし、それでどうにかなるかも」
    「なら決まりだね。行こう」
    「話が早くて助かる」
     さっくりと話がまとまり、大火はこう告げた。
    「身辺整理の時間がいるだろう。
     3日後の正午、ここで待っているぞ」
    「分かりました」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・離海記 4】へ
    • 【火紅狐・離海記 6】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・離海記 4】へ
    • 【火紅狐・離海記 6】へ