FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第5部

    火紅狐・訪南記 6

     ←火紅狐・訪南記 5 →火紅狐・訪南記 7
    フォコの話、204話目。
    異国の地でバカンス。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     大火がいない間、ランドたちは仕方なく、青江で過ごしていた。
    「ランド、引いてる引いてる!」
    「え、……おっとと」
     ランドとイールは、北にある岬でのんびりと釣りを楽しんでいた。
    「はい、網っ」
    「とと……、と。ありがとう、イール」
     まずまずの釣果を上げ、ランドは釣竿をしまい始めた。
    「もういいの?」
    「……いやぁ。流石にさ、一週間、二週間もやってると」
    「そーね。魚、嫌いじゃないけど、流石に飽きたかも」
     イールも釣竿を引き上げ、宿に戻る支度を始めた。
    「レブは……、どうしてるだろう?」
    「いつも通り、街外れで素振りとか、腕立て伏せとかしてるんじゃない?」
    「そっか。……しかし、長いなぁ」
     半月以上に渡って大火が戻らないことに、鷹揚(おうよう)に構えていたランドも、多少不安になってくる。
     イールも不安だったらしく、こうつぶやいた。
    「何してるのかしらね、アイツは」
    「うーん……、タイカのことだし、行ったんじゃないかな、トウリョウまで」
    「え?」
    「『テレポート』は行ったことのある場所に飛ぶことのできる術だし、それなら一旦向こうまで行って、そこからこっちに戻ってくれば……」
    「あたしたちもトウリョウに行ける、ってワケね」
     荷物をまとめ終え、二人は宿へと戻る。
     その途中の、海沿いの道を歩きながら、イールはぽつりとつぶやいた。
    「コレがホント、観光だったら良かったのにな」
    「うん?」
    「のーんびり釣りして、のーんびり海を眺めて、のーんびりご飯食べながら、おしゃべりしてさ。
     タイカの話が出て来なかったら、コレから戦争に加担するなんて、ウソにしか思えないわよ」
    「確かに」
     不意に会話が途切れ、二人はそのまま道を進む。
    「……」
     能弁なランドだが、沈黙することは苦痛ではない。特にストレスを感じず歩いていたが、イールの方はランドの方を見たり、海を見たりと、そわそわしている。
    「イールって」
    「ぅへ? な、何?」
    「人といる時、会話が途切れると嫌なタイプなの?」
    「え、……あー、そうかも、うん。そうかも」
    「やっぱり。なんか、落ち着きが無かったし」
    「人をコドモみたいに……」
    「ああ、ごめんね。……じゃあ、何か話でもしようか?」
     ランドにそう返され、イールはあごに指を当てながら思案する。
    「んー……、そーね。じゃ、センリャクの話とか。……なるべく、できるだけ、簡単にお願い」
    「はは……、いいよ。
     まあ、昔も言ったかも知れないけど、戦略って言うのは、『いかに損害を出さず、戦いを進めていくか』って言うのが重要になってくるんだ。
     例えば、自分たちの本拠地に敵が攻めてくるって情報が入った。さあ、君ならどうする?」
    「そりゃ、迎撃するしかないでしょ。それか、敵いそうに無かったら逃げる」
    「まあ、妥当なところかな」
    「妥当? じゃ、一番いいのは?」
    「敵が攻める目標を変えさせる。それも、敵同士でいがみ合う方向に」
    「なーるほど……。そうすればあたしたちは、何の損害も無く勝ちを拾える、ってワケね。でもどうやって?」
    「そこは、色んな手を使って。ま、その辺は、戦略じゃなくて戦術の範疇(はんちゅう)になるかな。
     戦略って言うのは、例えて言うなら『あのお城に行きたい』『あのお店に行きたい』って、目標を定めることなんだ。その上で、『どの道を進もうか』『徒歩で行こうか、馬車を使おうか』って決めていくのが、戦術になる」
    「ふーん……。まあ、分かった気がするわ」
    「それなら良かった」
     と、ランドがにっこりと笑ったところで――。
    「……あ」
     ランドは道の向こうから、知った顔がやって来るのに気付いた。
    「レブ、何でここに?」
     レブは手を挙げ、二人に応じる。
    「ん、いや。……戻ってきたぜ、あいつ」
    「あいつ? タイカが?」
    「おう。で、お前らを呼んできて欲しいっつって」
     と、そこでレブが言葉を切る。
    「……邪魔したかな」
    「え? 何の?」
     レブの言っている意味が分からず、ランドは首をかしげる。
     一方、イールは分かったらしい。
    「違うわよ? ふつーに釣りしてただけだし」
    「そっか。変な勘繰りして悪かったな」
    「いいわよ、別に」
    「……?」
     会話の内容が見えず、ランドはきょとんとしていた。

     宿に戻ったところで、ランドは半月ぶりに見る大火に会釈した。
    「やあ、おかえり。どう?」
    「問題ない。すぐにでも、向こうへ飛べるぞ」
    「そっか。じゃ、……まあ、魚釣ってきたし、これ食べてから行こうか。タイカはお腹空いてる?」
    「それなりに、だな。『テレポート』は消耗が激しい」
    「じゃ、一緒に食べよう」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・訪南記 5】へ
    • 【火紅狐・訪南記 7】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・訪南記 5】へ
    • 【火紅狐・訪南記 7】へ