FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第5部

    火紅狐・訪南記 7

     ←火紅狐・訪南記 6 →火紅狐・破鎧記 1
    フォコの話、205話目。
    フシギな気持ち。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    7.
     ランドたちは食堂に向かい、宿の店主に釣ってきた魚を渡し、席に座った。
    「で、向こうはどうだった?」
    「特に何も、と言うほか無いな。まだ敵方も、本拠地を見つけてはいないらしい。表向きには、普通の温泉街でしかなかった。
     だが、近いうちに近隣の街を襲撃する、とは言っていた。何でも、軍備の集積地があるとか」
    「ちょっと不安だな……。早いうちに向かった方がいいかもね」
    「だろうな。俺が見ても、甚だ意義のある行動には見えん」
    「そうか? 敵の備蓄を叩くわけだし、何もしないよりはいいんじゃないか?」
     尋ねたレブに、大火が答える。
    「敵がまだ、明確に本拠を捉えていないと言うのならば、できるだけ隠しておいた方がいい。それだけ、敵は捜索に時間と人員を費やすわけだからな。
     公衆の面前にのこのこと姿を表すとなれば、後を追跡されて本拠地を発見される可能性もある。そうなれば後は、大軍の物量を以って本拠地に総攻撃を仕掛け、それで終局だ」
     続いて、ランドも説明する。
    「それに、相手の素性が分からないって言う要素は大きい。今動けば、反乱軍の力量はあっけなく露呈してしまうだろう。
     それよりも相手に『見えざる敵』と認識させて振り回しておいた方が、どれだけ効果を挙げるか。少なくとも、ハクケイから遠く離れたトウリョウ近辺の集積地を叩くより、よっぽど効果はある」
    「ふーん……、そんなもんか」
     論じている間に、店主が新鮮な魚料理を運んできた。
    「お待ちどう。旦那さん、腕がいいねぇ。こんなに脂が乗った魚、なかなか出ないよ」
    「はは、どうも。……旦那?」
     首をかしげるランドに、店主は「おっと」と口を抑えてつぶやく。
    「違ったか。じゃ、あっちが旦那さんかい?」
    「へっ?」
     今度はレブが首をかしげる。
    「旦那って?」
    「あれ? ……いやー違ったか。いやほら、そこの『猫』さんとずっと一緒にいるから、どっちかが旦那さんなのかなって思ってたんだけど」
     この発言に、イールが目を丸くした。
    「え、ちょっ、違うわよ! あたしまだ独身! って言うかおじさん、そんな風にあたしたち見てたの!?」
    「道理でおかしいなーとは思った、あはは……。俺、『もしかしたら旦那さん二人?』とか思ってたりしてたよ」
    「ふっ、二人って、んなワケないじゃない! こいつらは仕事仲間!」
     顔を真っ赤にするイールに、店主はぱたぱたと手を振って謝った。
    「いやーごめんごめん、悪い悪い。……そんじゃ、まあ、ごゆっくりっ」
     店主は照れ笑いを浮かべながら、その場を去った。
    「……あ」
     と、ランドが岬でのことを思い出した。
    「レブ、君がさっき言ってたのって」
    「ん?」
    「……ああ、まあ、いいか。疑いは晴れたし」

     食事後、ランドたちは湯嶺に向かうため、荷造りを始めた。
    「んー……、釣竿はもういらないな」
    「いいでしょ。必要になるコトがあったら、またあっちで買うか作るかすればいいし」
    「そうだね」
     二人で並んで不要な物を処分している間、イールはこの半月を思い返していた。
    (ホント、遊びっぱなしだったわね。ランドと二人で釣りしたり、買い物したり。……そう言や、あたしってあんまり、遊んだコト無いのよね。
     ちっさい頃はアルコンがずーっとあたしの側に張り付いてたから、同年代の子が全然寄ってきてくれなかったし、って言うか、寄らせてもらえなかったし。反乱軍を立ち上げてからは、あっちこっち飛び回りっぱなしだったから、余計に遊ぶ機会なんて無かったし。
     こうして何の気兼ねも無くブラブラしたのって、……ホントに、生まれて初めてじゃないかしら)
     そう思ってみると、この半月の間に買った、他愛も無い玩具やアクセサリが、愛おしく感じられてくる。
    (……コレ、北方に持って帰りたいな)
     そう思い、イールはランドに顔を向けた。
    「ねえ、ランド」
    「ん? どうかした?」
    「コレ、持って帰っていい?」
    「え?」
     ランドはけげんな顔を返してくる。
    「好きにすればいいじゃないか。何で僕に聞くの?」
    「あ」
     イールは照れ、パタパタと手を振ってごまかした。
    「そうよね、何で聞いたのかしら、あははは……」
     と――ごまかしているうちに、イールの心に何か、切ないものが染み出した。
    「……っ」
     それを感じ取った途端、イールは黙り込んでしまった。
    「どうしたの? 変な顔して」
    「……なんでもない。……うん」
    「……イール?」
     ランドが心配そうな目を向けてくる。
    「そんなに気にしなくても……。持って帰りたいなら、そうすればいいじゃないか。そのネックレス、似合ってるし」
    「そ、そう? 似合う? ……うん、じゃ、持って帰る」
    「うん」
     ランドにほめられた途端、今度は心の中が温かくなった。
    (……変ね、あたし。旅の疲れ、今頃出たのかしら)



     彼女がこの不思議な気持ちが何なのか理解するのは、ずっと後のことになる。

    火紅狐・訪南記 終
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・訪南記 6】へ
    • 【火紅狐・破鎧記 1】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・訪南記 6】へ
    • 【火紅狐・破鎧記 1】へ