FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第5部

    火紅狐・破鎧記 1

     ←火紅狐・訪南記 7 →火紅狐・破鎧記 2
    フォコの話、206話目。
    釜底抽薪。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     大火の助けを借りて湯嶺へ到着したランド一行は、すぐ穂村少佐と面会した。
    「今回のご助力、まことに痛み入ります」
    「いえ、そんな堅くならずに。これからしばらく、一緒に仕事をするんですから」
    「そうですな……。では、楽に構えさせてもらおう」
     そう言って少佐は、正座から胡坐へと姿勢を変え、ランドと最初に会った時のような話し方に戻った。
    「現在、拙者らはここより北、黄州平原と西月丘陵との境にある街、弧弦(コゲン)にある清朝軍基地を襲撃しようと計画している。ここは央南西部で五指に入る軍事物資の集積地であり、ここを叩けば清朝軍に大きな打撃を……」「その件につきましては、タイカから伺っています」
     少佐の話をさえぎり、ランドはこの作戦を中止させようと説得を始めた。
    「しかし、彼や同輩とも協議しましたが、今動くのは得策ではありません」
    「ふむ……?」
    「今現在、セイコウを初めとして、各主要都市を中央政府から出向いたスパイ、いわゆる間諜がかぎまわっている最中です」
    「なるほど。彼奴らが探っている間は、動くべからずと言うことか」
    「それだけではありません。『探っている』と言うことは即ち、清王朝はあなた方反乱軍の素性を把握していない、と言うことです」
    「と言うと?」
    「敵はあなた方がどれだけの強敵であるか、測りかねている状態です。
     もしかしたら非常に現実的に、王朝を揺るがす存在かも知れない。はたまた、騒ぎ立てるだけで実は烏合の衆でしかないかも。
     そのどちらとも判断できず、『それなら情報を集め、敵の素性を確定させる方が先決だろう』と、恐らく相手はそう考えているでしょう。
     もし前者と判断していれば、相手は間諜などではなく、大軍勢を召還しているでしょうし、後者ならば、わざわざ中央政府から人を呼んだりはしない。分からないからこそ、調べているんです」
    「ふむ、それは分かった。……だが、何故動いてはならぬと?」
     そう尋ねた少佐に、ランドはこんな例えを出した。
    「少佐が灯りも持たずに、夜の山に入ったとします。辺りには鳥獣の気配。熊などに襲われず、無事に山から出られると思いますか?」
    「それは……、確かに難しいかも知れん」
    「しかしこれが夜ではなく、昼だったら? もしくは、灯りを持って入ったら? 恐らく、襲われる気はしない。襲われても、返り討ちにできると考えるでしょう。夜の闇で阻まれるために、通常なら勝てる鳥獣に恐れをなすんです。
     人間は情報量が少なければ少ないほど、憶測によって相手を強く見てしまうものです」
    「ふむ……。つまり、敵方に素性が知られていない現在、拙者らの軍は事実より強く見せることが可能だ、と言うわけか」
    「その通りです。それに失礼ですが、少佐。今現在、反乱軍の規模はどのくらいですか?」
     ランドにそう問われ、少佐は指折り数えつつ、こう返した。
    「確か……、兵の数は2000。刀剣や弓、魔杖などは、すべて合わせて1000ほどだ。その他馬など……」「それだけで。……では相手の兵力は?」
     この問いに、少佐は眉を曇らせた。
    「拙者が軍に身を置いていた時は、だが。兵の数は5万弱。武器総数は7万以上だった。中央政府やエール氏の援助などを考えれば、武器はもっと用意されているだろう」
    「なるほど。……少佐、重ね重ね進言しますが、今は攻めるべき時ではないでしょう。
     よしんば、コゲン襲撃に成功し、王朝軍の軍備の何分の一、何十分の一かを奪ったとしても、他の土地には『何十分の何十引く一』の軍備が残っているわけです。それを以って襲撃されたら、ひとたまりも無い。
     力の無い今、不用意に動けば、反乱軍は即、全滅しますよ」
    「ううむ……」
     丁寧に諭され、最初は意気揚々としていた少佐も、苦い顔をし始めた。
    「しかし……、このまま何もせぬわけには行かぬ。それに、今はまだ素性が割れていないとは言え、いつ発覚するやも知れぬ。そうなれば結果は一緒であろう?」
    「ええ、その通りです。確かに何か行動を起こさなければ、ジリ貧でしょうね」
    「では、拙者らは何をすれば良い? 何をすれば、王朝を倒せるのだ?」
    「そこへ行き着くには、順序を立てなければいけません。
     何の策も無くいきなり敵陣へ飛び込むのは愚中の愚、そうでしょう?」
    「……なるほど、確かに」
     少佐の勢いが削がれたところで、ランドは自分の考えを述べた。
    「まず、現状を例えるならば、我々反乱軍は、ごくごく一般的な平民が、何とか刀を握りしめているようなもの。
     対する清朝軍は屈強な肉体に、中央政府やエール氏から手に入れた頑丈な武具をまとっているようなものです。これではまともにぶつかって、勝てるわけが無い。
     まず武具を外させ、その肉体を弱らせなければ、勝つ見込みは生まれないでしょう」
    「ふむ。となれば、まず行うべきはそれらの『武具』を、王朝から引き剥がさねばならぬ、と言うわけか」
    「ええ。それについて、この戦いの、そもそもの発端を思い返せば……」
    「……そうか。中央政府に、此度のエール氏と王朝との企みを密告すれば」
    「ええ、それができれば恐らく、中央政府は引き揚げるでしょう。そしてもっと理想的に事が運べば王朝と敵対し、逆に我々に味方してくれるでしょう。
     ですが、問題があります。それは少佐も、重々ご承知の通りですよね」
    「ああ。……明確な根拠を示さねば、中央政府は信用せん」
    「その通り。であれば、我々が執るべき行動は、一つ。
     エール氏が中央政府転覆と多重債務の破棄を謀り、それを王朝に教唆している事実を明らかにすることです」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・訪南記 7】へ
    • 【火紅狐・破鎧記 2】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    ランドの策……、それはまた、次回ということで。
    今回、前半部はまさにゲリラ戦。深く地下へ潜り、強大な敵の土台を突き崩していく遊撃戦・局地戦が続いていきます。

    NoTitle 

    さあパルチザンを募ってゲリラ戦だ! 革命戦線だ! と考えてしまうゲリラ戦大好き男(笑)

    ランドの策はなにかな?
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・訪南記 7】へ
    • 【火紅狐・破鎧記 2】へ