FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第5部

    火紅狐・荷移記 6

     ←火紅狐・荷移記 5 →カウンタ素材;アルファロメオのクローバー
    フォコの話、216話目。
    話をしたがる男と、話を聞かない女。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     ランドと少佐の会議から、2日後。
    「なあ、克」
    「なんだ?」
     かねてより約束していた「魔術剣」の教授を受けている合間に、少佐は大火にこんなことを尋ねた。
    「どうも……、拙者、ファスタ卿のことを、好きになれぬ」
    「そうか」
    「何と言うか、まあ……、確かに、窮していた拙者らを助けてくれるその温情と仁は、感じてはいる。
     だが、拙者の意見をことごとく無碍にしてくるのは、どうも癇に障ると言うか」
    「ふむ」
     不満を打ち明けてはみたが、大火は大して同情してくれたようには見えない。
    「お主、ファスタ卿と親しいように見受けられるが、何とかその、もう少しばかり、柔らかく応対してくれるよう……」「無駄だな」
     それどころか、こう返してきた。
    「あいつは自分の知識と戦略論に絶対の自信を持っている。それに沿わぬ意見など、採用するはずが無い」
    「いや、それは重々承知している。であるから、もう少し対応をだな……」
     大火は肩をすくめ、今度はこう述べた。
    「あいつの言い方、論議の進め方に不満があると言うのなら、あいつを追い出して耳を閉ざす他無いな。
     例え言い方や接し方を変えたところで、その論議の中身がお前の意に沿わぬものであることに、何ら変わりはない」
    「ぬう……」
     渋い顔を向けた少佐に、大火は肩をすくめて見せた。
    「説明を続けるぞ」
    「……うむ」



     一方、ランドはイールを伴い、湯嶺の市街地に来ていた。
    「必要なものは、これで全部かな」
    「そうね。武器の素材に魔術用のインクと石、サイドバッグとかバックパックとか、あとは食糧。……うん、全部揃ったわね」
    「じゃ、帰ろうか」
     そう言ったランドに、イールは口をとがらせた。
    「えー……、もう帰るの?」
    「そりゃ、準備は早く済ませるに越したことは無いし」
    「まあ、そりゃそうだけど」
     同意はしたものの、イールは不満げな顔を浮かべる。
    「……まだ他に、何か準備は必要だったっけ?」
    「ううん、無いわよ。無いけど、なーんかもったいないなーって」
    「何が?」
    「ほら、二人っきりで買い物なんて、ほら、ね、なんか、思わない?」
     イールにそう問われ、ランドは「んー……」と短く唸った。
    「……実は」
    「うん、うんっ」
    「あんまり好きじゃないんだ、買い物って」
    「……ぅえ?」
    「僕には妹がいるんだけどね。
     ランニャって言うんだけど、その子が買い物に行く度に、僕をあっちこっちに連れ回すんだ。もうこれが大変で、街の端から端まで3周はしないと気が済まないって感じなんだ。で、僕が住んでた街は工業が盛んなところで、至る所から槌とか鋸とかふいごとかの音が、大音量で響き渡っててさ。
     その思い出があるから、あんまり自分からは行きたくないんだ。こうして、どうしても必要な何かが無いと、行こうとは……」「……~っ」
     ランドが話している間に、イールはプルプルと猫耳と尻尾を震わせ、顔を真っ赤にしていたのだが、ランドは見ていなかった。
     そのため、イールが次の瞬間、ランドの頬に向かって平手を振り上げたことに、まったく気付いていなかった。
    「あんたねえぇ……! あたしと一緒に居て楽しくないって、何なのよーッ!」
     べちんと音を立て、ランドの頬が平手に弾かれた。
    「……え? ちょ、っと? イール、なんで? 痛いじゃないか……」
    「バカーっ!」
     目を白黒させるランドに背を向け、イールはそのまま走り去ってしまった。
    「……えぇー……?」

     数分後。
    「……イール」
     慌てて戻ってきたイールを見て、ランドはため息をつく。
    「なんでいきなり……」「ゴメンゴメン、ほんっとゴメン!」
     詰問しようとしたところで、イールはぺこりと頭を下げた。
    「キライって言ったの、買い物のコトよね! あたし、勘違いしちゃって……。オマケに荷物、全部あんたに持たしたままだし。もーホント、あたしそそっかしいわ! ゴメンね、ホントに」
    「……何が何だか……」
     詳しく質問しようと思ったが、ランドはもう一度ため息をつき、それをやめた。
    「……まあ、いいや。何をどう思ったのか知らないけどさ、話はちゃんと聞いてほしいな」
    「うんうん、……ゴメンね、ランド」
    「いいよ。……じゃあ、……帰るよ」
    「……はーい」
     しゅんとするイールを連れ、ランドは憮然としたまま帰った。

    火紅狐・荷移記 終
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・荷移記 5】へ
    • 【カウンタ素材;アルファロメオのクローバー】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・荷移記 5】へ
    • 【カウンタ素材;アルファロメオのクローバー】へ