FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第5部

    火紅狐・来帝記 4

     ←火紅狐・来帝記 3 →火紅狐・来帝記 5
    フォコの話、220話目。
    熱い侍の説得。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     少佐の呼びかけに、集まってきた兵士たちが立ち止まる。
    「……?」
     松明で照らされた兵士たちの顔は、一様にけげんな表情を浮かべていた。
     対するイールたちも同様に、呆気に取られている。
    「少佐?」
    「何する気だ?」
    「まあ、待て。拙者に考えがある」
    「え……」
     少佐はイールたちの前に立ち、大声で兵士たちに呼びかけた。
    「拙者、元清朝軍は魔術教官、穂村玄蔵である! 諸君らの中にも、拙者に指南を受けた者がいるであろう?」
    「……」
     兵士たちの何名かが、困惑した様子ながらもうなずく。
    「では、拙者が軍を離れた理由を存じているか?」
    「……ええ、まあ」
     と、さらに何名かが返事をした。
    「ならば話は早い! 拙者らに協力せぬか?」
    「えっ」
    「今、諸君らがこの島に乗り込み、行っていることは、何か分かっているか?」
    「それは……、まあ」
    「言ってみろ」
     少佐は大声を出しつつ、刀を捨て、じりじりと歩み寄っていく。
    「少佐!?」
    「任せておけ」
     少佐はイールたちに振り返らず、そのまま話を続ける。
    「さあ、言ってみろ。ここへ軍備を運んだのは、一体何のためだ?」
    「……上層部からは、軍倉庫の建て替えのため、一時的にここへ移送するようにと」
    「それは、おかしいと思わんか? 単なる建て替えであれば、わざわざこんな、都より遠く離れた小島などに移すなぞ、手間がかかるばかりではないか!
     諸君らも、とっくに気付いているだろう? これはそんな、簡単な話ではないと」
    「……!」
     少佐の言葉に、兵士たちの表情がこわばる。
    「拙者がはっきり、言ってやろう! 今、世界の宗主たる天帝が直々に、この央南の地へ赴いている! それは何故か? そう、王朝の叛意を見抜いたからに他ならぬ!
     それをごまかすために、単なる都の守護、防衛と言う名目では余りある、その莫大な軍備を、ここへ隠そうとしているのだ! 何と意地の汚いことであると、そうは思わんか!?」
    「う……」
    「さらにはその汚れ仕事を諸君らに押し付けておいて、その上層部やら国王陛下やら、その取り巻きやらは都にこもり、天帝へ酒や馳走を振る舞い、のうのうと相伴しているはず! それ即ち、彼奴らにとって、既に諸君らのことなぞ他人事も同然と言うことだ!
     考えてもみろ! もし、諸君らのこの行動が視察団に露見すれば、国王はどう弁解するだろうか!? 恐らく、諸君らを『軍備を横流ししようとした奸賊』などど蔑み、にべもなく切り捨てるであろう!」
    「……」
     兵士たちの顔に不安の色が広がり、互いに顔を見合わせ、ぼそぼそと何かを話し始めた。
    「悔しくはないのか、お前たち!?
     こんな誇りのない仕事をするために、お前たちは軍人になったのか!?
     こんな、国のためにならぬ、くだらぬ汚れ仕事のために、お前たちは宮仕えの身になったのかッ!?」
    「それは……」
     叱咤され、兵士たちは悔しそうな顔になる。
    「違うだろう!? 拙者らは国のため、この央南の地に住む皆のために、軍人となったはずだ!
     ……だから、皆の者」
     少佐は突然その場に座り込み、深く頭を下げた。
    「……!?」
    「頼む! 拙者らに協力してくれ!」
    「……」
     少佐の説得とこの土下座に、心を動かされない者はいなかった。



    「へぇ……、そんなことが」
     戻ってきたイールから顛末を伝え聞いたランドは、素直に驚いていた。
    「なるほど、戦下手でも人心掌握に長けていたわけか。確かに反乱軍のリーダーの資質はあるんだね」
    「ほめてないでしょ、ソレ」
     呆れるイールに、ランドは小さく首を振る。
    「いやいや、評価してるよ。確かに人を率いる器だ。
     ……と、じゃあつまり、今現在はマツガキ島を、掌握してあるんだね?」
    「ええ、バッチリよ」
     イールの報告に、ランドは、今度は深くうなずく。
    「よし。それじゃ、次の手を進めようか」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・来帝記 3】へ
    • 【火紅狐・来帝記 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・来帝記 3】へ
    • 【火紅狐・来帝記 5】へ