FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第5部

    火紅狐・来帝記 7

     ←火紅狐・来帝記 6 →2011年6月 携帯待受
    フォコの話、223話目。
    笑う巨悪。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    7.
     清王朝の叛意が明るみに出た後、中央大陸の情勢はにわかに騒がしくなった。
     何しろ、中央政府にとってはそれなりに信用していた名代である。天帝オーヴェルをはじめとして、政府各所から批判・非難が相次いだ。

     さらに、央中の商人たちにとっても、この事件は衝撃的だった。
     自分たちが取引していた相手が、実力行使で支払いを踏み倒そうとしていたことを知り、彼らは慌てて取引を中止し、また、取引を仕切っていたサザリーを非難。それぞれ、莫大な違約金・賠償金を請求した。



    「お帰り下さい」
     イエローコースト、金火狐の屋敷。
     事態の収拾を頼もうと尋ねてきたサザリーは、門前払いを喰らっていた。
    「いや、そんなわけに行かないです! 会わせて下さい!」
    「お帰り下さい」
     この混乱に巻き込まれることを嫌ったケネスが、サザリーを通さないよう指示していたのだ。
     それは事実上、手を切られたことに等しかった。
    「頼みます! 本当にお願いします! 会えなきゃ僕は……!」
     屋敷の者たちはにべもなく、同じ言葉を繰り返した。
    「お帰り下さい」
    「本当にお願いします! 困るんです! 困ってるんですよ! どうにかしてくださいよおおおぉぉ……っ」

    「……く、っくく」
     屋敷の窓からサザリーの叫ぶ様を見ていたケネスは、頭に巻きつけていた「頭巾」に語りかける。
    「お聞きでしたかな、今の叫び声を?」
    《ああ。……まったく、どうしようもない奴だ》
     声の主は、ため息交じりでケネスに応じた。
    「そう言えば、この話はしましたかな……。
     彼は、私がスパス君のことについて尋ねた際、『バカとハサミは使いよう』と言っていたのですよ」
    《……、そうか、そう言っていたか。
     愚か者と言うのは、何が愚かなのか、それすら分かっていない。だからこそ『愚か』なのだ》
    「己のことも分からぬ者であるからこそ、愚者。……と言うことですな」
    《まあ、こんな末路も想定はしていたことだ。……結局のところ、弟が成功しようと、こうして失敗しようと、君には得になるだけだったのだな》
     相手の言葉に、ケネスは下卑た笑みを浮かべる。
    「ええ、確かに。どう転ぼうと、儲からねば何の意味もないですからな。
     この一件により、央南関係の取引は全滅するでしょうな。そして当然、そこに発生していた需要は、別のところへ流れていく。
     それはどこか? 政変が起こったばかりの北方? いいや違う。では内戦の真っ最中である南海? それも、ノーだ」
    《……そう、残るは私の本拠地、西方だ》
    「今まで西方関係の取引を過熱させ、物価を上げてきたことが、ここでようやく実を結ぶわけですな。
     少しくらい元値から乖離していようと、央南からあぶれた需要はそこへ行き着き、消化されるのだから」
    《そしてその利益を誰より享受するのは、君と、……うまく行ってくれれば、私だ》
    「くくく……、笑いが止まりませんな。本来ならこんな高値での取引など、一笑に付されて終わり。それが罷り通ってしまうわけですからな。
     ……とは言え、少しばかり事態が早く動きすぎた。それに、央南自体は瓦解もしていない。もう少し粘れば、もっと物価は劇的に上がったでしょうし、央南もなお安く買い叩けた。
     その点については、残念と言う他ありませんな」
    《ケネス総帥、……迷惑を、かけてしまったな》
    「いやいや、気にされぬよう、ミシェル総裁。彼も彼なりに、私のために、ほんのちょっとばかりは役立ってくれたのですから。
     まあ、……これからが彼の、本当の地獄になりますがね」
     ケネスの一言に、相手は怪訝そうな声を出す。
    《どう言うことだ?》
    「彼には後で、密かに手を差し伸べてやろうと考えていましてね」
    《ほう……》
    「その上でもう一度央南へ戻ってもらい、本格的に清王朝を転覆してもらおうかと」
    《ああ、そうだな。どう展開しようと、そこは外せないわけだ。
     でなければ君の本懐、央南買収の目処などつけられるわけが無いからな》
    「ええ。まあ、まだ信頼回復の手段はいくらでも用意できます。それを使って、彼にもう一度頑張ってもらう。
     もう一度、地獄へ飛んで行ってもらおうかと思っています」
    《……確かに地獄だろうな。あいつの苦労が、目に見えるようだ》

    火紅狐・来帝記 終
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・来帝記 6】へ
    • 【2011年6月 携帯待受】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・来帝記 6】へ
    • 【2011年6月 携帯待受】へ