FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第3部

    蒼天剣・術数録 3

     ←蒼天剣・術数録 2 →蒼天剣・術数録 4
    晴奈の話、第100話。
    ほのぼの。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     晴奈たちが紅蓮塞で夕食をとっていた、丁度その頃。
    「すまんな、チェスター君」
    「いいわよ、これも仕事だしー。……はーぁ」
     黄海の黄屋敷にて、紫明とリストがどっさりと積まれた書類に判子を押していた。
     元よりそうした書類仕事は少なくなかったのだが、紫明が主席になって以降はさらにその量が増え、紫明は前にもまして多忙の日々を送っていた。
     とは言え、普段はエルスとリストが補佐に回ってくれるため、紫明の負担もいくらか減るのだが、この時はエルスが紅蓮塞に行ってしまっており、二人はいつもより長めに、机に張り付いたままになっていた。
    「この調子だと、今日もまた泊まってもらうかも……」
    「えぇ?」
     申し訳無さそうにつぶやいた紫明に、リストは気だるい声を上げる。
    「勘弁してよぉ……」
    「まあ、夕食はご馳走するから」
    「そりゃ、コウさん家のご飯はすっごく美味しいけど。でもさー、ハッキリ言って」
    「うん?」
     リストは書類の山から顔を上げ、吠える。
    「あののんきバカがセイナと一緒に紅蓮塞まで行っちゃうから、そのしわ寄せがこっちに来てんのよ! しかも、『ちょっとした旅行って感じかなー』とか言い捨てくし!
     アンタのせいでこっちは死にそうになってるってのに、アイツ今頃『いやー、温泉って本当にいいもんだねー』とか言ってんのよ、絶対!」
    「ま、ま、チェスター君、落ち着いて。……お返しに、グラッド君だけ残して、晴奈と明奈とで、旅行にでも行ってしまえばいい」
    「……それもいいわね。でもさ、コウさん」
     リストは書類に視線を戻しつつ、紫明に尋ねる。
    「今回、セイナたちとエルスを行かせたけど、不安じゃないの?」
    「うん?」
    「だって、スケベと美人姉妹よ」
    「……ああ、問題は無いだろう、きっと。
     グラッド君は好色とは聞いているが、晴奈はまずなびかん。明奈に言い寄るにしても、晴奈がまず許さんだろう」
     そううそぶいた紫明に、リストはけらけらと笑った。
    「あはは、なるほどねー」



     夕食が終わり、晴奈たちは風呂に入っていた。
    「師匠……、その、何と言いますか、その」
    「ん?」
    「変わられましたね、大分」
     雪乃は汗を拭きながら、「そうかしら?」と聞き返す。
    「ええ。特に、その……、一部、大きく」
    「ああ、そうね。ちょっとね、うん」
     晴奈の言葉の裏に気付き、師弟揃って顔を赤くする。
    「やっぱり、小雪が生まれたからね。あと、まだちょっと腰周りが太いのよねぇ」
    「そうですか? ぱっと見た感じでは、その辺りはそれほど変わってはいないように思えますが」
    「あら、そう? それなら、いいかな」
     嬉しそうな顔をしつつ、雪乃は明奈の方に目をやる。
    「明奈さんと晴奈、似てるなーって思ってたけど、……やっぱり違うところ、あるのね」
    「むう」
     晴奈もチラ、と明奈を見て、うなだれながら湯船に頭を沈めた。
    「でもお姉さまの方が、背は高いんですよ。すらっとしてて、綺麗ですし」
    「……そうかな」
     猫耳の辺りまで沈んでいた晴奈の頭が、ぷかっと浮き上がる。
    「わたしなんて、運動不足で太っているだけですよ」
     それを聞いて、また晴奈が沈んでいく。
    「……都合のいい肥満だな、それは。胸と尻だけ太るのか」
     明奈は慌てた顔をして、話題を変えた。
    「あ、あの、えっと。家元様、お体の方は大丈夫なのでしょうか? ご夕食の時、お姿を見かけませんでしたが」
    「ええ、さっき様子を見に行ったら、『寝たら回復した』って言ってたわ。今は男湯の方で、良太たちと一緒に入ってるはずよ」
    「そうですか……。少し、心配でしたので」
    「大丈夫よ、おじい様は。根が頑丈な方ですもの」
     晴奈がまた顔を挙げ、話に加わる。
    「良太も、同じことを言っていましたね。『根が頑丈だから、長生きするに決まっている』と笑い飛ばしていました」
    「あら、そうなの。……うふふ」

    「ほーれ、綺麗にしてやるぞー」
     男湯の方では、重蔵が小雪を洗っていた。後ろで見ている良太が、心配そうな顔をしている。
    「あの、優しくお願いしますね」
    「分かっとるわい、ふんっ」
     重蔵は後ろを振り返り、舌を出して良太を黙らせる。
    「それなら、えっと、はい……」
     湯船につかりながら様子を見ていたエルスは、クスクスと笑っている。
    「押しが弱いよー、リョータ君。父親ならもっと頑張らないとー」
    「は、はい……。あの、おじい様。僕が……」「黙っとれ」「……はい」
     気の弱い良太はしゅんとした様子で、湯船に入ってきた。
    「……僕、へたれです」
    「まあまあ……。まあ、孫もひ孫も可愛いんだろうね、本当に」
    「でしょうねぇ」
     エルスはニヤニヤしながら、博士の思い出を語り出した。
    「僕の師匠にナイジェル博士って言う人がいたんだけどね、この人も子沢山、孫沢山の人なんだ。で、央南に引っ越して来た時もお孫さんを一人連れてきてたんだけど、やっぱり可愛かったんだろうね、良くお小遣いあげたり物をあげたりしてたよ」
    「へぇ……」
    「……そのお孫さんに不条理に殴られた時も、僕が悪者にされたしね」
    「あ、あら……、そうですか」
     と、小雪を洗い終わった重蔵が湯船に入ってきた。
    「ナイジェル……、と言うのは、エドムント・ナイジェルか? 長耳の」
    「ほえ? 家元さん、博士をご存知なんですか?」
     思いもよらない反応に、エルスは目を丸くした。
    「昔の囲碁友達じゃった。負けん気の強い奴で、よく夜明けまで打っておった」
    「博士は央南に何年か滞在していたと聞いています。その口ぶりだと昔から、性格は変わってないみたいですね」
    「今はどうしておるんじゃ?」
     重蔵の質問に、エルスは一瞬言葉を詰まらせる。
    「……亡くなりました。今年の初めに」
    「そうか……。因業で偏狭で不躾で嫌味で頑固な奴じゃったし、もう少し長生きするものと思うておったがのう」
     場が湿っぽくなってしまったので、エルスは慌てて湯船からあがる。
    「そろそろあがりますねー。あ、良かったら小雪ちゃん、連れて行きますよ」
    「おう、すまんなエルスさん」
     くるりと振り返ったエルスを見て、良太は一瞬目を見開き、うなだれながら湯船へと沈んだ。重蔵は笑ってエルスの後ろ姿を見送る。
    「ははぁ……、やはり外人は違うのう、ははは」
    「うぐ……、自信、失くしそうです……」

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2008.10.10 転載

    旧ブログに掲載していた時点では、
    この話、実は102話でした。

    今回転載するに当たって一から読み直したところ、
    稚拙で非常に短い話が数点あったため、
    転載するとともに加筆修正しました。
    その際、2話分を1話にまとめなおしたため、
    話数がちょこっと減りました。

    旧ブログのものより、面白さは3%くらい上がったかも。
    お暇があれば、読み比べてみるのも一興かも知れません。

    2016.03.20 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・術数録 2】へ
    • 【蒼天剣・術数録 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・術数録 2】へ
    • 【蒼天剣・術数録 4】へ