FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 短編・掌編・設定など」
    双月千年世界 短編・掌編

    雪鈴遭妖 2

     ←雪鈴遭妖 1 →雪鈴遭妖 3
    蒼天剣スピンオフ、第2話。
    のんきな二人が出遭ったのは。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     10年前――双月暦503年、屏風山脈の央南側山道を、少し外れたところ。
    「あっづー」
     上着を脱ぎ、胸元をはだけさせる小鈴を横に見ていた雪乃は、苦い顔をした。
    「いくら二人っきりだからって、はしたなさ過ぎよ」
    「いーじゃん、暑いんだし」
    「もうちょっと痩せたら? わたしは暑く感じないもの」
     それを聞いた小鈴は、皮肉っぽく笑う。
    「むしろ痩せ過ぎなんじゃん? すっきりし過ぎじゃない、胸とかお尻とか」
    「剣士なんだからこれくらいでいいのよ。あなたは魔術師だってことを踏まえても、ちょっと大き過ぎ」
    「へっへーん」
     挑発するように自分の胸を持ち上げ、強調する小鈴を見て、雪乃は呆れたため息を漏らした。
    「もう、品が無いわね! そんなんじゃ、彼氏ができてもすぐ離れちゃうわよ?」
    「いつまでも彼氏できない人に言われたくないしー」
    「わ、わたしにはまだ早いもの! まだまだ剣士の修行も続けなきゃいけないし、旅の途中だし」
    「はいはい言い訳おつかれさん」
    「……今に見てなさいよ、小鈴」
    「はいはい。ま、アンタに彼氏できたら、目一杯喜んであげるわよ」
     そう返した小鈴に、眉を吊り上がらせていた雪乃は一転、くすっと笑った。
    「ありがと、小鈴」
    「……にしても暑いっ。
     森の中なら山道より、ちょっとくらい涼しくなるかなと思ったけど、全然そんなコト無かったわね」
     小鈴はきょろきょろと辺りを見回し、続いてかばんから薄手の浴衣を取り出した。
    「趣味だけじゃ巫女服は着れないわね。暑いトコだと暑いし、寒いトコだと寒いし」
    「袴装束なんてそんなもんでしょ。自然と親和性を高める、と言うのが売りなんだし」
    「ま、そーなんだけどさ。そーなんだけども」
     小鈴は浴衣を脇に抱え、森の方へ歩き出す。
    「あたしは三流魔術師、知識はあるけど魔力は無いもん。
     暑いもんは暑いし、自然との親和なんてのも一知半解な程度。恒常的に涼しくしようなんて術なんか知りもしないし、知っても使い切れないしー。
     だから魔術を使うより、手軽に涼しくなる方法を執んの」
    「……あなたの師匠が聞いたら泣くわね」
    「ウチの母さんだもん、あたしの師匠。初歩教わってる時点からからテキトーなのよ。料理や裁縫と同列で教わったんだし。
     んじゃ着替えて来るから、人が来ないか見ててね」
    「ここで着替えたら? 二人きりなんだし」
    「アンタ、あたしを何だと思ってんのよ。それくらいの恥じらいはありますよー、だ」
     小鈴は雪乃に向かってぺろっと舌を出して見せ、そのまま林の奥へと消えた。



     雪乃と小鈴は、共に旅の途中で出会った。
     雪乃の方は、剣士修行の旅として。小鈴の方は、実家の家業である情報屋の仕事、情報収集の旅として。
     温和で誠実、かつ人懐こい雪乃と、豪放磊落で姉御肌の小鈴は、会ってすぐに馬が合った。
     そのため央南を一回りしてからこの屏風山脈まで、二人はずっと一緒に旅をしていた。



    「小鈴、もう着替え終わった?」
     五分ほど経ち、雪乃は小鈴に声をかけた。
     しかし――返事が返ってこない。
    「……小鈴?」
     嫌な予感を覚え、雪乃は刀を手に、小鈴が向かった方へと進む。
    「小鈴、大丈夫?」
    「……」
     と、かすかに女性の、悲鳴じみた声が聞こえてくる。
    「小鈴!」
     雪乃は刀を構え、声のした方へと向かった。

    「シャアアア」
    「シュルルル……」
     巫女服の女性が、気味の悪い音を立てる真っ青な蛇4匹に囲まれている。
    「た、助けて!」
    「言われなくてもそうするわよ!」
     雪乃は刀に火を灯す。焔流剣術の粋、「燃える刀」である。
    「こっちに来なさい、荒縄ちゃん!」
     雪乃はぴゅんと音を立て、刀を振り払う。
     刀から飛んだ炎が蛇たちに向かい、そのうちの一匹の尻尾を焼く。
    「ピイイイッ!?」
     女性を囲んでいた蛇たちは、仲間の鳴き声で一斉に、雪乃の方へと振り返った。
    「シャアアアア!」
    「……残念だけど、今夜のご飯にはしたくない色ね。毒もありそうだし」
     波打つように向かってきた蛇たちに向かい、雪乃はもう一度刀を薙ぎ払った。
    「燃やすのが一番ね。『火閃』ッ!」
     雪乃の刀から放たれた炎は一瞬で爆炎・爆轟へと変わり、蛇たちを丸焦げにし、粉みじんに吹き飛ばした。
    「……またつまらぬものを、なんてね」
     刀を納め、雪乃は巫女服の女性に近寄る。
    「まったくもう、だから近くで着替えたらって、……って、あれ?」
     と、そこへ別の声が飛んでくる。
    「何してんの、雪乃? なんかドカンって音がしたけど」
     雪乃の背後から、浴衣姿に着替えた小鈴が現れた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【雪鈴遭妖 1】へ
    • 【雪鈴遭妖 3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【雪鈴遭妖 1】へ
    • 【雪鈴遭妖 3】へ