黄輪雑貨本店 新館


    「火紅狐」
    火紅狐 第6部

    火紅狐・金宮記 4

     ←火紅狐・金宮記 3 →火紅狐・金宮記 5
    フォコの話、293話目。
    その日暮らし。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     悪趣味そのものの、ギラギラとしたその宮殿を、路地裏からぼんやりと眺める者がいた。
    「……あーあ」
     彼の手には、ぐしゃぐしゃに丸められた布袋が握りしめられていた。
     4時間前までは、そこにはクラム銀貨が20数枚、2000クラムあまりが入っていた。
    「もうちょっとだったんだけどな」
     そしてそれは、2時間後には金貨3枚、3万クラムと言う大金へ変化した。
     ところが――今ここには、袋しか残っていなかった。
    「あそこでまさかのバースト、だもんな。ついてなかったよなぁ、ほんと」
    「……うっせぇ」
     彼は袋を投げ捨て、ゴミだらけの路地に座り込んだ。
    「ま、博打なんてそんなもんさ」
     と、彼より先に路地へ座っていた短耳の老人が、ヒッヒッと笑う。
    「最初はうまくいく。うまくいくと、『今日の俺はついてる』と思って、調子に乗る。乗ってくると、ちょっとした小金が入ってくる。で、ますます調子に乗る。
     で、そこで足元をすくわれてハイおしまい、お帰りくださいませ、だ。アンタみたいにな」
    「うるせえっつってんだろ、じーさん。俺は説教なんか欲しくない。欲しいのは、金だ」
    「知ってるよ。この路地にへたり込んでる奴はみんな、そうだ。みんな、失った金が戻ってこないかと祈ってる。で、ちょっと金が入ると、みんな同じことをするんだ。
     地道に貯め込みもせず、反省して故郷に帰ろうともせず、結局また、あの迷宮に迷い込む」
     そう言って老人は、「ゴールドパレス」を指差した。
    「……何度も言わせんなよ。説教が欲しくて、俺はここに座り込んでるんじゃねえんだ」
    「そーそー。金だよ、金。俺たちは金が欲しいんだ」
     みじめに騒ぎ立てる、薄汚れた若者二人をニヤニヤ笑って見ていたその老人は、そこで表情を変えた。
    「そうか、金が欲しいか。なら、俺にアテがある。一日の飯代くらいにはなるが、どうする?」
    「あ……?」
     老人はひょいと立ちあがり、こう続けた。
    「なに、簡単な仕事だ。歓楽街の南端に新しく店ができる予定なんだが、建設に人手がいるんだ。日当100クラムでどうだ?」
    「ホントかよ……?」
     いぶかしがる若者たちに対し、老人は依然として、ニヤニヤと笑っている。
    「嫌ならいいぜ。他にもこの辺でボーっとしてる奴なんざ、大勢いるからな」
     そう言って老人は、ニヤニヤ笑いを浮かべたまま、路地裏から立ち去ろうとした。
    「あ、ちょっと待てよ!」
     若者の片方、茶色い髪の短耳の方は、すぐに飛びついた。
    「やるやる、やります! 金になるんなら、何でも!」
    「ようし、採用だ。……そっちの『狼』の兄ちゃんは?」
     ところが、問われた銀髪の狼獣人は、うなずこうとしない。
    「おい、やんねえのか? 折角金が手に入るってのに」
    「足りねえよ」
     狼獣人はピンと人差し指を立て、老人に交渉した。
    「俺はこれでも職人だったんだ。土方仕事なんかしねーぞ」
    「ほう、元職人か。何の職人だったんだ?」
    「武器職人だ。剣や槍を作ってた」
     それを聞いて、老人は鼻で笑う。
    「ヘッ、……お前さん、バカか!?
     そんな技術、この歓楽街で何になるってんだ! 窓の鉄格子を槍で作るってのか? 机を盾で作るってのか? フン、そんな技術なんざ、まるで使いようにならんぜ!
     職人は職人でも、大工ならまだ、使いようもあったがな」
    「大工仕事もできる。央北のサウスフィールドで、中央軍が使う砦の城壁補修に関わってたこともある」
    「ならそっちを先に言いな、兄ちゃん。自分を売り込むなら、売り込み先が何を求めてるかくらい、パッと察しろ。
     まあいい、あんたも採用だ。大工仕事なら、日当は120クラムだな」
     それを聞いて、短耳も慌てて自分を売り込んだ。
    「お、俺も大工はできる! 一、二回、街道の補修に携わってた!」
    「そうか。じゃあお前ら二人、120出してやるよ。付いて来い」
     老人はそう言って、路地裏から抜け出す。若者二人も、その後に付いて行った。

     歓楽街の南端、建設現場に着いたところで、老人は大声を張り上げた。
    「おーい、アントン! どこにいる!?」
    「あ、ここでーす!」
     建設中らしき建物の上から、猫獣人の男が手を振っているのが見えた。
    「大工仕事できるって奴を2人連れて来た! 仕事をやれ!」
    「ういーっす! あざーっす!」
     と、ここで老人は建設現場から立ち去ろうとする。
    「じゃあな。真面目に働けよ」
    「え、じいさん?」
     短耳がきょとんとした顔で、質問を投げかける。
    「あんた、あいつから何にももらわないのか? 紹介料とか……」
    「ああん? ……ああ、いいんだよ。ここは俺の組が仕切ってるからな。可愛い子分の手伝いと金に困ってる奴を助けるくらい、たまにゃしようかって思っただけさ」
    「組? あんた、ヤクザかなんかの組長なのか?」
     ヤクザと呼ばれ、老人はぷっと吹き出した。
    「ヒャヒャ……、まあ、そんなもんさ。
     だが心配しないでいい、働けば日当はちゃんとやる。もし働かないで逃げても、俺たちは特に何もしやしねえ。お前らが金もらえなくて、ただ困るだけだ。
     そんじゃ、な」
     老人はそう言って、プラプラと手を振って立ち去った。
    「おい、あんたら! 早速だけど、こっち来てくれ! すぐやってほしい仕事がある!」
     と、そこでアントンと呼ばれていた猫獣人が、二人の前にやってきた。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【火紅狐・金宮記 3】へ
    • 【火紅狐・金宮記 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・金宮記 3】へ
    • 【火紅狐・金宮記 5】へ