黄輪雑貨本店 新館


    「火紅狐」
    火紅狐 第6部

    火紅狐・仮痴記 3

     ←火紅狐・仮痴記 2 →火紅狐・仮痴記 4
    フォコの話、298話目。
    カジノ荒らしの傾向と対策。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
    「しかし、何だね。……金の海って表現が一番似合うよ、これは」
     カントはそう言って、目の前の光景を笑った。
     この2ヶ月でオークボックス中の小・中規模のカジノを荒らし回り、手に入れた金は30億クラム近くに上っていた。
     そしてその、稼いだ30億はすべて、フォコたちが借りた――いや、一ヶ月前に買い取った宿中に、燦然と積まれていた。
    「でもやっぱり不思議だね。こんなにあっちこっち金があふれてると言うのに、賊の一人も入らないなんてのは」
    「私の魔術のおかげだね。ほんのわずかちょっと、この宿は他の奴に見えないようにしてるからねぇ」
    「そのおかげで、闇討ちもされずに済んどるわけですな。ホンマにありがたい術ですわ」
    「へっへーん」
     胸を張るモールの横で、ランニャがぴょこ、と手を挙げた。
    「でさ、もう細かいカジノは粗方潰したけど、本丸はいつ攻めるのさ?」
    「そうですな……。もうそろそろ、狙ってもええ頃合いかも知れませんな」
     と言いつつ、フォコは街の地図の、「ゴールドパレス」ではない別のカジノを指差した。
    「次はここと、ここ行きましょ」
    「えぇー? 本丸って言ったじゃないか、あたし」
    「そろそろ、て言うただけやで。まだまだ、勝負するには金が足りひんからな」
    「30億でも? ……まあ、全額賭けて勝っても、いいとこ2倍の60億か、3倍の90億にしかならないもんな」
    「それに、それだけやない」
     フォコは街の地図をぐるりと、指でなぞる。
    「首尾よく仕留めても、他が残ってたら同じことや。結局残ったところが居座って、街と人を食い潰していくんやからな。
     そうさせへんように、既存のカジノは一軒残らず潰す。これから造ろうかなとしとる奴にも、『タダでは済まへんぞ』と見せしめにする。
     ここにカジノなり飲み屋なり、歓楽街がずらーっと並んどる限り、クラフトランドの職人は骨抜きにされっ放しになるからな」
    「そっかー」
    「ま、コツコツ地道に、一軒一軒攻略やな」



     その地道な作戦も、さらに1ヶ月ほどが経った頃に、ようやく実を結んだ。
    「ついに『エンペラー』も潰れたか……」
     オークボックスで2番目の大規模カジノが潰されたと言う報告を受け、トランプ翁は腕を組んでうなった。
    「となると、次はいよいよウチに来るだろうな」
    「ど、どうします?」
    「このままじゃ、ウチも……」
     怯える子分たちに、トランプ翁はフン、と鼻を鳴らした。
    「アホタレ。この俺が、無策でのんきに茶ぁすすってると思ったか?
     いいか、よくよく考えてみろ。何でどこでも、連勝できる? 普通に考えりゃ、おかしな話だろうが。向こうさんが何か、カラクリを持ってやがるんだ」
    「まあ、そりゃ、そうですよね」
    「でもそれが何なのか……」
    「そこで、だ」
     トランプ翁はパン、と手を叩く。
    「こっちに来てくれ」
    「はい」
     部屋の扉を開け、6、7人が入ってきた。
    「あれ?」
    「あんた、『レインボー』の……」
    「あ、それにそっちは、『スリップクロス』の支配人だった……」
     入ってきたのは、これまでフォコたちに潰されたカジノの元支配人たちだった。
    「親父、なんでこいつらを……?」
    「こいつらは間近で、自分のカジノが潰される様子を見てた奴らだ。当然、どうやって潰されたかも、夢にまで見てたはずだ。そうだろ?」
    「ええ、まあ……」
    「本当に、仰る通りで」
     一様にうなずく元支配人たちに、トランプ翁は質問を投げかけた。
    「で、潰された時の話なんだが、誰にやられた?」
    「兎獣人の、いかにも遊び人のような男でした」
    「ウチは、えらくけたたましい、胡散臭いエルフの女に」
    「ふむ……。じゃあちょっと分けるか。まず、兎獣人の方にやられたって奴、こっちに来てくれ」
    「はい」
    「何のギャンブルをしてた?」
    「『エレメント』です」
     と、それを聞いた、モールにやられた側の者たちが、「あれ?」と声を漏らした。
    「ウチも『エレメント』でかっぱがれたぞ」
    「そうだ、ウチもだ」
    「ほーぉ」
     これを聞いて、トランプ翁はニヤリと笑った。
    「そりゃ面白い『偶然』だな。潰された奴みんな、『エレメント』でやられてるってのは」
    「……じゃあまさか」
     子分の一人が言いかけたところで、トランプ翁は手を振って制する。
    「と、結論を出す前に、だ。もう一つ、聞いておきてえことがある。
     胡散臭い方は必ず1人、単騎でやって来た。兎獣人の方は必ず『狐』と『狼』との3人一組、一度も欠けることも、4人一緒に来ることも無し、……で間違いないか?」
     この問いにも、元支配人たちはうなずいた。
    「そう、……ですね」
    「確かにウチに来たのは、3人でした」
    「打ってる間、トイレに行ったりとか、離れたことは?」
    「……無かったと思います」
    「ずっと、3人一組だったってことだな。ま、それは用心棒だからってこともあるが、他にも理由があるのかも分からん。
     その『狐』と『狼』、乱闘になった時、兎獣人を守ってたと思うが、得物はなんだった?」
    「えーと……。『狼』の方は剣を使ってました。『狐』の方は、魔術で」
    「魔術、か。となると、そいつは魔術師なわけだ。賢者とか抜かした方も恐らく、使ってたろ?」
    「ええ」
    「……ヒッヒッ、見えて来たな、カラクリがよ」
     トランプ翁はまた、ニヤリと笑った。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【火紅狐・仮痴記 2】へ
    • 【火紅狐・仮痴記 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・仮痴記 2】へ
    • 【火紅狐・仮痴記 4】へ