FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第6部

    火紅狐・金火記 3

     ←火紅狐・金火記 2 →火紅狐・金火記 4
    フォコの話、315話目。
    金火狐になった火紅狐。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     ケネスの寝室に起こった異常事態を検分するため、ジャンニは慌てて、フォコに随行していたモールを呼び出した。
    「何なの何なの、もう……」
    「モールさん、あんた賢者とか、大魔法使いとかみたいなこと言うてはったよな」
    「ああ、そう言ったねぇ、……ふあああ」
     いかにも眠たそうに大欠伸をするモールの手を引っ張りつつ、ジャンニはたどたどしく経緯を説明する。
    「ちょっと調べてほしいねん。俺には何が起こっとるか、よお分からへんし」
    「分かんないのはこっちだね。ふあ……、一体何が?」
    「ケネスの部屋がな、無いねん」
    「はぁ?」
    「さっき部屋に行って叩き起こそう思て、ドア開けたら、部屋ごと消えとったんや」
    「なんのこっちゃ」
     要領を得ず、モールは怪訝な顔をしていたが、ケネスの部屋の扉を開けたところで、事態を把握した。
    「……わーぉ」
    「な? あらへんやろ?」
    「見事にスッポリ抜けてるねぇ。煉瓦の壁から一個、煉瓦を抜き取ったみたいな感じだね」
    「何が起こっとるんやろか? ケネスはどこへ……?」
    「質問は一個ずつにしてほしいんだけどね。
     まず一つ目、『起こってる』、じゃなくて、もう『起こった』、終わった話だね。私にも何が起こったか、判断は付けらんないね。すべてが終わった後だから。
     二つ目、ケネスの居場所とかだけど、それもさっぱり。部屋ごと痕跡が消えてしまってるし、どこに行ったかどころか、生きてるとかを判断することすらも無理だね」
     モールは床板がはがされ、下の階の天井裏が剥き出しになったところに降り、辺りを見回す。
    「……ただ、一つ言えるのは」
    「言えるんは?」
    「人間業じゃないね。何らかの魔術を使ったにせよ、こうまで綺麗さっぱりにくり抜くような術は、私も知らない」

     会議室に集められた金火狐の面々は、この異常な失踪事件を伝え聞いたものの、結局これについては、特に対策などを執ろうとしなかった。
    「まあ、総帥から降ろそうとしとったところで、勝手に消えてくれたわけやしな」
    「探す気にもならんわ。放っといてええんちゃう?」
    「せやな。賛成、賛成」
     ケネスに対する処置はたったの10秒で決まり、皆はすぐさま本題に入った。
    「……ほんで、ニコル。総帥になりたいっちゅうことやったけども」
    「はい」
     末席に座っていたフォコがうなずいたところで、ジャンニは総帥の席を指差した。
    「座ってええで。皆もええよな、それで」
    「ええよ」
    「賛成」
     満場一致を受け、フォコは恐る恐る立ち上がった。
    「ホンマにええですな?」
    「ええよ」
    「……ほんなら」
     フォコは皆に向かって一礼し、その席に座った。
    「えー、コホン」
     と、ジャンニが空咳をし、立ち上がる。
    「まあ、決めるところはビシッと決めたらなな。ほれみんな、立って立って」
     促された面々は素直に立ち上がり、総帥席に座るフォコに、一様に向き直った。
    「本日を以て、我々金火狐一族の宗主、および、ゴールドマン商会の総帥を、ニコル・フォコ・ゴールドマン氏に決定するものとする。
     全員、礼!」
     それを受けて、全員が深々と頭を下げる。
    「……ありがとうございます。これから総帥として、職務を全うするとともに、金火狐一族の繁栄のため、世界にあまねく人々の生活に貢献するため、粉骨砕身の努力を致す所存です。
     よろしく、お願いします」
     フォコも立ち上がり、頭を下げて返した。



     双月暦313年、こうして第10代金火狐総帥が誕生した。
     なお――これまでに、初代総帥エリザの弟「ニコル」の名を受け、また、金火狐の総帥となった人物はもう1名おり、彼は「ニコル2世」と呼ばれていた。
     それに倣い、フォコもこの時期から「ニコル3世」と呼ばれるようになった。

     フォコはようやく、血と涙のにじんだ「火紅・ソレイユ」の名を捨て、誇りある己本来の名を名乗ることができた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・金火記 2】へ
    • 【火紅狐・金火記 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・金火記 2】へ
    • 【火紅狐・金火記 4】へ