FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第6部

    火紅狐・昔讐記 1

     ←2011年11月 携帯待受 →火紅狐・昔讐記 2
    フォコの話、319話目。
    「火紅」の、最後の因縁。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     大火の魔術により、フォコはまた西方、セラーパークへと召喚された。
    「ランドさん、お久しぶりです」
    「久しぶり。変わりなさそうだね」
    「まあ、たかだか半年ぶりですからな。ランドさんの方も変わりなさそ、……て」
     挨拶を返そうとしたところで、フォコはランドの背後からひょい、と姿を現したランニャを見て驚いた。
    「やっほ」
    「な、何でおんの?」
    「ご挨拶だなぁ。母さんとタイカさんを通じて、あたしにも話が来たんだよ。このヤマはあたしも結構関わってるし、決着は最後まできちっと付けたいんだよ」
    「……まあ、ええけど」
    「それよりもホコウ」
     ランドはフォコの格好を見て、険しい表情になる。
    「やっぱり君も、そうなると予想してるみたいだね」
    「そら、まあ」
     フォコは魔杖に曲刀、ナイフ、ターバン、厚手のローブと、総帥以前によく着ていた、戦闘を重視した格好をしていた。
    「西方中の債権者から狙われとるあいつが、わざわざ自分から名乗りを上げるなんて、怪しいにも程があります。
     恐らくは何らかの罠を仕掛けていると見て、間違いないでしょう」
    「罠? 誰に? ……いや、聞くまでもないか。君だ」
    「ええ、多分。進退窮まり、このまま拘束されるくらいならいっそ、堕ちる原因を作った僕を亡き者にしたい、と思うてるんでしょうな。
     もしかしたら清家姉弟を匿っとるっちゅうのんは、嘘かも知れませんな」
    「恐らくはね。それに、まだ商会が残っていた頃に、僕と君とがつながっているのはエール氏辺りから聞いているだろうし、僕も狙われているのかもね。だから僕に、手紙を出したんだろうけど」
    「……ここまで殺意が見え見えやと、正直、行きたくない気持ちもありますな。『大三角形』の方から国の方に頼んで、軍の出動を要請した方がええんやないです?」
    「僕もそう思ったし、『大三角形』筋も最初、その線で通そうとしていたんだ。
     だけど残念なことに、『たかが一破産者の拿捕に駆り出されるほど、我々は安くない』って怒られたらしい」
    「まあ、とんでもない怪物が現れて船が出されへん、……とかならともかくですけど、流石に人ひとりのためには動いてくれませんか。しゃあないですな」
    「まあ、嘘か本当か、どちらにせよ、僕にとっては清家姉弟の情報を知っている人間だし、何としても拘束したいところだ。
     それに君にとっても、大恩ある人間を殺した仇敵だろう? 居場所が分かっている以上、追わないわけには行かない」
    「……ええ、勿論。この因縁は、何が何でも決着を付けなあきません」
     フォコがそう意気込んだところで、ランニャがバタバタと手を振った。
    「勿論あたしも行くよ!」
    「なんでやねん」
    「当たり前じゃんか。フォコくんを危ない所へ、一人では行かせらんないもん」
    「あのなあ……」
     呆れるフォコに対し、ランドは妹の意見を汲む。
    「いや、相手が罠を仕掛けて待ち構えている可能性が高い今回、戦闘要員は多い方がいい。ランニャは戦いに長けた人材だし、むしろ居てくれた方が助かるだろう」
    「ありがと、お兄ちゃん」
    「どういたしまして。
     それから、同じ理由から大火とイール、レブも勿論連れて行く。後、マフシード殿下も魔術に心得があると言うことだから、後方支援をお願いした。
     あとは……、モール卿がいれば良かったんだけど」
    「モールさんやったら、僕が総帥になる直前に、妙な事件がありまして。それを詳しく調べたいと言って、そのまま行方が分からなくなりました」
    「そっか、残念だな。
     じゃあこの7名で、彼が指定した待ち合わせ場所へ向かう。みんな、準備はできてるかい?」
     ランドの問いかけに、そこにいた全員がうなずいた。
    「ちなみに待ち合わせ場所は、どこなんです?」
    「彼が元々有していた、エカルラット王国内、スカーレットヒルにある軍需工場。そこで僕と君を、待っているそうだ」
    「言わば、敵の本丸ですな。……重々、気を付けなあきませんな」
    「ああ。……まあ、とは言え」
     ランドは傍らの大火に目をやり、にっこりと笑う。
    「タイカがいれば、大体のことは問題無いだろう。彼に敵う人間は、モール卿くらいだし」
    「……」
     大火は何も言わず、代わりにニヤリと笑って返した。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【2011年11月 携帯待受】へ
    • 【火紅狐・昔讐記 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【2011年11月 携帯待受】へ
    • 【火紅狐・昔讐記 2】へ