黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第7部

    火紅狐・序事記 5

     ←火紅狐・序事記 4 →銀河農耕伝説(リレー小説)/第五回
    フォコの話、347話目。
    直接対決の兆し。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
    「ファスタ卿、それでは、どう対処なされるのですか?」
     コツ、コツ、と小さな音を立てながら、杖を持ち、目に厚い布を巻いた少女が部屋の中に入ってきた。
    「双葉殿下、聞いておられたのですか」
     席を立ち、そう尋ねた玄蔵に、双葉は小さくうなずく。
    「ええ、近くを歩いていたら、話し声が聞こえましたので」
    「扉は閉めていたはずですが……、どうやらこの議事堂、隙間か何かがあるようですな」
    「いいえ。風の音は、扉以外からは聞こえません。間違いなく密室です。……わたしは特別、耳が良くなりました故」
    「あ、……いや、これはとんだ失礼を」
    「クスクス……、失礼はお互い様です。
     それよりもファスタ卿、中央軍が攻めてくるとのお話でしたが、対応は如何に?」
     散々悲惨な目に遭ったからか、それとも顔の3分の1ほどを隠す布が神秘的に見せているのか、双葉は16歳と言う年齢にしては、ひどく大人びた雰囲気を漂わせていた。
     そのせいか、王朝を征服・占領した側の玄蔵とランドも、彼女を前にすると、妙にかしこまってしまう。
    「そうですね……、中央政府とのコネクション、人脈は全滅ですし、これ以上の交渉や根回しは不可能でしょう。
     そうでなくとも、前回の中央政府内の内部決定が余計な横槍で覆された以上、天帝陛下はもう、他者の言葉を聞こうとはしないでしょう」
    「それはもう、伺いました。先を仰って下さいな」
    「あ、はい。……結論から申し上げましょう。戦争は不可避です」
    「そうですか」
     双葉はひょいと杖を挙げ、椅子の位置を確かめようとする。
    「あ、殿下。こちらへ」
     その様子を見た玄蔵は、慌ててゴトゴトと椅子を持ってくる。
     双葉は玄蔵の立てたその物音で、位置を把握したらしい――杖で位置を確かめることも無く、二、三歩進み、すとんとその椅子に腰を落とした。
    「ありがとうございます、閣下。
     それではファスタ卿、続いて問いますが、勝算はあるのですか?」
     そう問われ、ランドは一瞬押し黙る。
    「……ええ、それは」「難しいのですね」
     その一瞬の間で、双葉は察したらしい。
    「難しい、……でしょうね。そのまま、攻め込まれれば」
    「何か方策をお持ちなのですか?」
    「一応は」
    「伺ってもよろしいでしょうか」
    「ええ。……まず、そもそも。我々にとって何が勝利で、何が敗北なのか。そこから論じましょう。
     敗北とは一体、我々がどんな状態になれば、そうと言えるでしょうか?」
    「それは勿論、この白京が制圧され、我々が拿捕ないし殺害されればでは無かろうか」
     答えた玄蔵に、ランドはうなずいて見せる。
    「ええ、それで正解です。……となれば、敵はどう動くか」
    「まあ、大艦隊なり何なりを率いて、ここへ攻め込むのが常道であろうな。それ以外に道は無い。まさか克の如く、一瞬で来られるわけも無し」
    「そこです。幸いにも、世界最強の敵が進める道は、一本しか無いんです。逆に言えば、その一本を抑えてしまえば、敵は手も足も出なくなります」
    「理屈はそうですが、具体的にはどのような手段を?」
    「いくつか考えてありますが、それは置いておいて。
     次に、我々の勝利とは何でしょうか?」
    「それはもちろ、……ん」
     答えようとした玄蔵が、途中で言葉を切る。
    「……いや、うーむ」
    「言ってみてください」
    「いや、これは非常識に過ぎるし」
    「思い付くままにどうぞ」
    「……その、……まあ、……敵の本拠を制圧し、……その、……敵の元帥を拿捕ないし、……あるいは、討ち取ることが、……できれば、……そう言えるのでは、なかろうか」
    「でしょうね」
     さらりとうなずいて見せたランドに、玄蔵は唖然とする。
    「卿よ、いくらなんでもそれは、荒唐無稽に過ぎはせんか? 相手は中央軍、中央政府――紛うことなき、世界最高の戦力なのだぞ?」
    「ええ。5年前なら僕も難色を示したでしょうね、その選択は」
     そう返したランドに、双葉は不思議そうな声色で尋ねてきた。
    「では……、今なら難しくないと言うのですか?」
    「ええ」
     ランドはうなずき、自信たっぷりにこう言った。
    「今現在に至るまでに築いた僕たちの陣営、コネクションがあれば、勝算は十分にあります」

    火紅狐・序事記 終
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・序事記 4】へ
    • 【銀河農耕伝説(リレー小説)/第五回】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・序事記 4】へ
    • 【銀河農耕伝説(リレー小説)/第五回】へ