FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第1部

    蒼天剣・縁故録 1

     ←蒼天剣・立志録 6 →蒼天剣・縁故録 2
    晴奈の話、7話目。
    朝練。

    1.
     焔流に入門して以降、晴奈は急速に、剣士としての力を付けて行った。
     元来、強い魔力を持つと言われる猫獣人であり、その資質が火の魔術剣を真髄とする焔流と親和性が高かったことは確かだが、それを差し引いても、師匠である柊の指導や鍛錬が行き届いていたからだろう。

     その日も二人は、早朝から稽古に打ち込んでいた。
    「えいッ!」
    「やあッ!」
     二人の木刀が交錯し、カンと乾いた音が、他に人のいない修練場に響き渡る。
     まだ日も昇らぬ、山中の冷え切った空気が立ち込める時間帯であるにも関わらず、二人は活き活きと木刀を振るっている。
    「いい調子よ、晴奈! それ、もう一度!」
    「はいっ、師匠!」
     二人の出会いから1年が過ぎた双月暦507年、14歳になった晴奈は紅蓮塞で揉まれるうちに――周りの無骨な者たちの影響を受けたらしく――性格や口調が、大きく変化していた。
    「てやあッ!」
     晴奈は飛び上がり、柊の頭上に思い切り木刀を振り下ろす。
    「りゃあッ!」
     柊も木刀でそれを防ぎ、身をひねりながら足と木刀を使って、晴奈を投げ飛ばす。
    「なんのッ!」
     飛ばされた晴奈も、空中で体勢を立て直してストンと地面に降り、柊に再度、斬り込もうとする。
     だが残念ながら姿勢が伴わず、踏み込みを見誤ってよろめいた拍子に、柊に木刀を弾き飛ばされてしまった。
    「あっ……」「勝負、あった」

     朝の稽古を終え、二人は風呂で汗を流していた。
    「いくら身軽な『猫』とは言え、性急な攻めは無謀よ、晴奈」
    「はは……、お恥ずかしいです」
     二人で朝風呂につかりながら、ここはこうだった、次はこうした方がいいと、稽古の内容について熱く意見を交わしている。
    「それでは昼までの精神修養は、……くしゅ」
     議論に熱を入れすぎたせいか、逆に体から熱が奪われ、湯冷めしてしまったらしい。年相応の可愛いくしゃみをした晴奈に、柊は笑う。
    「あはは、ダメよ晴奈。体を健康に保つのも修行の、……くしゅん」
     笑っていた柊も、うっかりくしゃみをしてしまう。
    「……はは」
    「……うふふ」
     師弟二人はばつが悪くなり、互いに笑ってごまかした。



     風呂から上がり、晴奈たちはさっぱりとした気分で朝食を食べていた。
     先程とは違い、ここでは二人とも会話しようとしない。と言うより、央南の人間は基本的に食事中しゃべることは少ないのだ。
     だから、二人で黙々と食べていたところに「晴奈、お客さんが来ているよ」と声をかけられ、部屋の戸を開けられた時には、二人同時にむっとした顔をしたし、伝言に来た者もすぐさま謝った。
     謝ってきたから柊はすぐ表情を直し、軽く頭を下げ返したのだが、晴奈は依然、いぶかしがって表情を変えずにいた。
     単身、紅蓮塞に乗り込んできた晴奈に、外界からの客などいるはずが無いからである。
    「私に、客?」
    「ああ。何でも、黄海から来られたそうだ」
    「黄海……、ですか」
     その地名を聞くなり晴奈の食欲は途端に無くなってしまい、ぱたりと箸を置いた。

     黄海とは晴奈の故郷である、央南北西部有数の大きな港町である。同時に央南西部、黄州の州都でもあり、その州は晴奈の生家、黄家が治めている。
     そのため、その地名を聞く度、晴奈は黄家での生活――すなわち、親の言いなりになっていた自分を思い出し、度々気を滅入らせていた。

    「客の名前は?」
     渋々ながら晴奈はそう尋ねたが、伝えに来た者は首を振る。
    「いや、ただ『晴奈に会いたい』としか……。中年の『猫』で、なかなかいい身なりをしていた。見たところ、どこぞの名士のようだったな」
     それを聞いた瞬間、晴奈は恥ずかしさと苛立たしさを同時に覚えた。
    「どうやら、父のようです。私を、連れ戻しに来たか……」

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2008.10.07 転載及び加筆修正
    2016.02.01 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・立志録 6】へ
    • 【蒼天剣・縁故録 2】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    仰る通り、熱血女剣士の鑑みたいな人ですねぇ。
    当作品の人気キャラです、柊雪乃。
    活躍をお楽しみに!

    NoTitle 

    黄輪さま  柊って女剣士ですよね。 本編から察するに熱血美少女っぷりが覗えます。 私も強い美女に憧れてますので主役ともに活躍が楽しみです!

    NoTitle 

    食事中は喋らないの賛成!!!
    どんな飯を食ってるのか気になる
    バランス良いのだろうか?
    味噌汁にご飯は決定かな?

    親父の登場か?
    連れ戻しに来たか?それとも
    探し当てられたか?

     

    それは猫じゃありません。
    ウ サ ギ だ。

     

    トーチャンかそれともせいちょうしたせーなたんの画像と思ってクリックしたら拍手だったv-405
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・立志録 6】へ
    • 【蒼天剣・縁故録 2】へ