FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第3部

    蒼天剣・霊剣録 5

     ←蒼天剣・霊剣録 4 →蒼天剣・霊剣録 6
    晴奈の話、第115話。
    真実を告げる手紙。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
     息子を失った心労からか、篠はがっくりと老け込み、健康を著しく損ねた。そして双月暦507年、失意のうちにこの世を去った。
     篠の存命中、篠の弟である椹(さわら)やその娘、棗などが当主になってはどうかとも提案されたが、どう言うわけか椹は篠が亡くなる2週間前に倒れ、棗もどこかへ雲隠れしてしまった。
     候補者が次々と消え、最後に残ったのは桂だけとなった。



    「ああ、ひでえ有様だ」
     主を失い、次の主君に就きそびれた藤川は、茫然自失の状態となっていた。
     かつては栄華を極めた家も、いつの間にか妻が去り、友人や手下も離れ、すっかり荒みきっていた。残っているのはわずかな金と刀、そして娘の霙子だけとなっていた。
    「くそ……、すまねえ、霙子。お父ちゃんのせいで、こんな苦しくて寒い思いをさせちまって」
    「ううん、いいの。へいきだよ」
     左手に抱える霙子の気遣いに、藤川は思わず涙がこぼれそうになる。
    「……っと、目にゴミ入っちまった。
     ま、しゃあねえか。6年前に逆戻りしたってだけだし、お前がいるだけ俺は幸せ者だ」
     藤川は霙子を抱き上げたまま、玄関に向かう。
    「一から出直しだ。付いてきてくれよ、霙子」
    「うんっ。
     ……あれ、お父ちゃん。おてがみ、とどいてるよ?」
     霙子が郵便受けからはみ出している、白い封筒に気が付く。
    「お? 霙子、ちっと降りてくれ」
    「はーい」
     霙子を腕から降ろし、封筒を手に取る。
    「……あー、と。霙子、封筒開けてくんねえかな。お父ちゃん、手が片方しかねえからよ」
    「はーい。……よいしょっ」
     霙子に封を切ってもらい、藤川は手紙に目を通す。
    「……!? 何だと……、いや……、まさか。しかし、それだと辻褄が合いやがる……」
     手紙を読み、藤川は愕然とする。
    「畜生……! もっと早く気が付きゃあ!」
    「お父ちゃん?」
    「……霙子、ちっとだけ、ここで待っててくんな。お父ちゃん、やんなきゃなんねえことができたからよ」
     藤川は霙子を玄関に待たせ、どこかへと走り去っていった。
    「お父ちゃん……」
     霙子は玄関に捨てられた手紙を手に取り、眺めた。
    「えっと、……かわ……こころさまへ。このようなおて……を……お……しすることをご……、わかんないや」



    「藤川英心様へ

     このようなお手紙を突然お渡しすることを、ご容赦ください。
     わたくしは常々、不安でなりませんでした。櫟おじ様がいなくなり、桂おじ様が増長された頃から、このようなことが起こるのではないかと危惧していたのです。

     先日、父が倒れたことはご存知かと思います。表向きには突然死としておりましたが、実は刀で斬られ、殺されたのです。父の体には手紙が添えられており、『この件を公表すれば、貴様らの命は無い』と書かれていたため、この件を伝えることができませんでした。

     そしてわたくしも、命を狙われております。ついこの前、突然黒ずくめの者たちに囲まれたのです。その際は偶然通りかかった、樫原と言う剣士様にお助けいただき、事無きを得たのですが、いつ何時、同じ目に遭うやも知れません。
     わたくしは樫原様の助言に従い、彼の故郷へと避難することにいたしました。

     わたくしはその黒ずくめの者が何者か、また、櫟おじ様を誘拐したのが何者か、知っているつもりです。
     これらは間違い無く、桂おじ様の仕業でしょう。桂おじ様が抱えている隠密たちがやったことだろうと、確信しております。

     藤川様も篠伯母様に就いていた隠密であると言うことは、重々承知しております。ですが、現在桂おじ様に就いてはいないと言うことも承知している故、このような手紙を出させていただきました。

     わたくしの父、そして櫟おじ様の仇を討って、とは申しません。できる限り早急に、その街を離れられた方がよろしいかと思われます。桂おじ様は間違いなく、篠伯母様の裏を知っている者たちを全員、消すおつもりです。
     娘様ともども、どうかご自愛なさるようお願い申し上げます。

    天原棗より」



    (棗嬢ちゃん、ありがとよ。間抜けな俺も、ようやくからくりが分かった。全部あの、篠原の大バカ野郎の仕業だったんだな。
     くそ……! 俺があいつを呼び込まなきゃ、こんなことにはならなかったってか!?)
     藤川は心中で己をなじりつつ、篠原の家へと向かった。
     だが、その途中で――。
    「藤川英心! 殿のご命令により、お命頂戴いたす!」
     篠原の放った隠密たちが、藤川の行く手を阻む。
    「うるせえ、雑魚どもがッ!」
     しかし片腕とは言え、一時は篠原と並び称された剣の達人である。音も無く刀を抜き、逆手に構え、風のように敵の間をすり抜ける。
    「ま、待て、……ぐはっ!?」
    「逃がすか、……ぎゃあっ!?」
     藤川が抜けた直後、敵はバタバタと倒れていく。
    (音も無く敵を討ち、妖怪や霊魂のごとく斬り進む、これぞ『霊剣』の極意なり、……ってな)
     その後も何度か篠原一派に遭ったが、どれも藤川の敵ではない。
     藤川は一直線に突き進み、ついに篠原の家に到着した。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.03.25 修正

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2020.07.23 誤字を修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・霊剣録 4】へ
    • 【蒼天剣・霊剣録 6】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    ご連絡ありがとうございます。
    修正しました。

    管理人のみ閲覧できます 

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・霊剣録 4】へ
    • 【蒼天剣・霊剣録 6】へ