FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第3部

    蒼天剣・霊剣録 7

     ←蒼天剣・霊剣録 6 →蒼天剣・霊剣録 8
    晴奈の話、第117話。
    人間の証明。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    7.
     いつの間にか雨がやみ、白い満月が雲の切れ間から顔をのぞかせる。
     エルスの頭も、ようやく冷え切った。
    「っと、流石にやり過ぎたか。生きてるかな?」
     エルスはぬかるんだ地面に突っ伏した朔美を、少し離れたところから確認する。朔美の半身が沈んでいる泥水が、わずかに波打っているのが見て取れた。
    「生きてる、生きてる。……でも、まだもう一頑張りしなきゃいけない、かな」
     エルスは上を向き、声をかける。
    「そこのお嬢さん。いくらなんでもそこまで殺気を放たれると、スニーキングも何もあったもんじゃないと思うんだけど」
     次の瞬間、月を背にして黒い影が飛び出し、エルスの目の前に降り立った。現れたのは鋭い目をした、短耳の少女だった。
    「あなた、名前は?」
    「人に名前を聞く前に、自分の名前を名乗るのが央南の礼儀じゃ無かったかな?」
     エルスがそう言うと、少女は素直に頭を下げた。
    「ごめんなさい。あたしは篠原、……ううん、藤川霙子」
    「エーコちゃん、か。僕はエルス・グラッドだ。
     その台詞から察するに、君が放っていた殺気は僕に対するものじゃなく、サクミさんに対するものなのかな?」
    「何でそう思ったの?」
     にらむ霙子に、エルスはにこっと笑って返した。
    「紅蓮塞って言うところで調べ物をしていて、今君が名乗った二つの苗字を聞いたんだ。だから、二人の関係が深いことは知っていたんだ。
     で、シノハラとサクミさんが率いている集団の中に、フジカワの姓を名乗る君がいた。これだけで想像力豊かな人なら、気付きもするさ。
     大方、シノハラとサクミさんがフジカワさんを殺して、その娘だった君を養女にした。君はその事件を知っていて、ずっと復讐の機会を狙ってた、……ってところじゃないかな」
     霙子はエルスの顔をじっと見つめ、クスクスと笑い出した。
    「あなた、面白い人ね。……正解。あたしも直接見たわけじゃないけど、間違い無くこの女はお父ちゃん……、藤川英心を殺しているわ。
     お父ちゃんに宛てられた手紙があって、あたしはその手紙を読めるようになるまで、大事にとっておいたの。それで読んでみて、やっぱりって思った。幸いにも、こいつらはあたしが何も知らないと思って、隠密の訓練をつけてくれた。
     あたしはいつか、その技を使って殺してやろうと狙っていたのよ」
     霙子の独白を聞いたエルスは、ポリポリと頭をかいている。
    「そっか。うーん、でも……」
     エルスは霙子の横を通り過ぎ、倒れたままの朔美に近寄る。
    「一応、生かしておかなきゃ。シノハラの急所は間違い無く、この人だし」
    「そうね。確かにそいつはお頭、篠原を操ってきた黒幕。こいつが死ねばきっと、篠原一派はガタガタになるわ」
    「うん、そうだろうね。でも生かしておきたいんだ。色々聞きたいこともあるし」
     エルスはそう言ってチラ、と門の外を見る。
    「後、すごく気になってることがある。門前に異常なほど、人がいない。共倒れになったにしても、死体が無いのはおかしい。
     君たちが連れ去ったのかな?」
    「そうよ。元々から、そう言う計画だったのよ。
     教団員は囮。最初からこの東門に兵士たちを集め、一網打尽にするつもりだったの。常々手を焼いていた手練たちを捕まえて、あなたたちの兵力を一挙に落すのが、ワルラス卿の狙いだった。
     でも、殿の考えは少し違う。教団員も焔剣士も一緒くたにして、自分の実験材料にしようとしているの。強い肉体であればあるほど、実験も成功しやすいらしいから。教団員の中にも、実験の素材になりそうな人は一杯いたし」
     計画を聞いたエルスは苦笑し、腕を組んでうなる。
    「うーん、思っていた以上の狂人ぶりだなぁ。それは一刻も早く、助け出さないといけない」
    「そうね。……良かったら、案内したげよっか?」
    「いいの?」
     思いもよらない提案にエルスは驚いたが、しかしすぐ、その言葉の裏を読む。
    「条件とかある感じかな」
    「ええ」
    「でもサクミさんを殺すって言うのは却下」
     にべも無いエルスの態度に、霙子はむくれる。
    「何でよ? 聞きたいことって、東門のことじゃないの? 教えたじゃない」
    「それだけじゃないし、そう言う問題じゃない」
     エルスは優しく、ポンポンと霙子の頭を撫でる。
    「いいかい、エーコちゃん。彼女を殺したら、君は彼らと同じ地獄に落ちちゃうよ」
    「わけ分かんない。ともかく、あたしはこいつらが許せないのよ。だから殺すの」
     霙子は朔美を指差し、にらむ。
     エルスは依然、笑みを浮かべながら、彼女をやんわりと諭す。
    「親の仇だからって自分勝手に殺しちゃ、必ずどこからか恨みを買うよ」
    「そんなの構いやしないわ」
     霙子の頑固な反応に、エルスは軽くため息をつく。
    「そこだよ、地獄に落ちるって言ってるのは。
     彼らは主君や自分の欲望に任せて人を傷つけた。これは悪いことだって誰もが分かることだし、だから君は許せない。
     だけど同じように、君の欲望に任せて彼らを殺すことは、それとどう違うの?」
    「それ、は……」
     エルスは霙子の頭から手を離し、優しく笑いかける。
    「知恵と理性を持つ真っ当な人間なんだから、欲望や抑圧に負けて、道を踏み外しちゃいけない。道を踏み外せばその末路は、ここで泥まみれになってるこの人みたいになる。
     君は、この人と同じ目に遭いたい? この人みたいになりたいの?」
    「……」
     霙子は応えず、ただ目の前に倒れたままの朔美を見つめていた。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.03.25 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・霊剣録 6】へ
    • 【蒼天剣・霊剣録 8】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・霊剣録 6】へ
    • 【蒼天剣・霊剣録 8】へ