FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第1部

    白猫夢・秋分抄 5

     ←白猫夢・秋分抄 4 →クルマのドット絵 その50.3
    麒麟を巡る話、第5話。
    再挑戦への交渉。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
     開口一番、橘飛鳥は秋也にこう言い放った。
    「アンタって、あたしが思ってた以上にバカだったのね」
    「う……」
     苦い顔をした秋也に、飛鳥は立て続けになじってくる。
    「小雪さんの言う通りじゃん。アンタ最近、天狗になり過ぎだったし。そもそも、ちょっといーコトあると、途端に得意げになる、かるーい性格してるし。
     そんなだから試験に落ちたのよ。ホントにバカね、アンタ」
    「……返す言葉が無い。お前の言う通りだ。……って、……飛鳥?」
    「何よ?」
    「何で小雪さんがオレに言ったコト、お前が知ってるんだ?」
    「アンタね、小雪さんが晴奈さんに報告しなかったと思ってんの? その筋でとっくに聞いてんのよ」
    「……マジか……」
     落ち込む秋也に、飛鳥はふん、と鼻を鳴らす。
    「アンタがいくらごまかそう、隠そうとしても、向こうはとっくに知ってんのよ? 逃げてどーすんのよ、このバカっ」
    「……」
     すっかり縮こまった秋也に、飛鳥はふう、とため息をついて見せた。
    「で? アンタはあたしのトコに来て、何しようっての? 泣き言こぼすためじゃないわよね?」
    「……そりゃ、まあ。……どうにかしてもう一回、試験を受けさせてもらって、もし受けさせてもらえるなら、今度はちゃんと合格したいし、……試験対策したいな、って」
    「試験対策?」
    「……その」
    「まさかアンタ、試験受かった奴を探して答えを聞き出そう、なんて思ってやしないわよね?」
    「ちっ、違う違う! そうじゃない!」
     内心を見透かされた秋也は、慌てて取り繕う。
    「もう一回ちゃんと修業して、今度こそ受かるように万全を期したいんだ。で、その修業として、央中に渡ろうと……」
    「ふーん」
     飛鳥の目は明らかに疑いの色を帯びていたが、それでも納得した姿勢を見せる。
    「じゃあアンタ、央中に行きたいから金を貸せ、ってコト?」
    「……ダメかな」
    「いいわよ」
     意外にあっさり承諾され、秋也はきょとんとする。
    「い、いいのか?」
    「いいわよ」
    「条件とか……」
    「あるわよ勿論」
    「……だよな」
    「とりあえず、央中に行きたいってコトだから、旅費として5万玄出したげるわ」
    「5万も?」

     ちなみに双月暦6世紀半ば、世界経済を席巻しているのはクラムではなく、央南の玄銭と央中のエル通貨である。
     中央政府の消滅と西大海洋同盟の台頭、そして央北各州・各国の分裂によりクラムは暴落し、今では全盛期と比べようがないほどに価値は低い。
     一方で、西大海洋同盟の本部が央南にあるため、名目的には玄銭が基軸通貨の役割を果たしてはいるが、長年成長が続く央中経済に支えられるエル通貨もまた、世界中から信用を集めている。
     現在の双月世界は、二つの基軸通貨が存在しているのだ。

    「で、見たところアンタ、刀も無いみたいだし、それも工面したげる」
    「マジかよ」
    「その代わり」
     飛鳥は秋也に掌を見せ、一呼吸の間を置いて、条件を提示した。
    「昂子(あこ)を央中のミッドランドに連れてったげて」
    「昂子ちゃんを? 何で?」
    「それについては、あたしが説明したげるわ」
     と、二人が話をしていた応接間に、赤毛の長耳が現れた。
     飛鳥の母、橘小鈴である。
    「あ、ども。ご無沙汰してます」
    「んふふ、あんたも大変ねぇ」
    「う……、はい」
     そう返され、秋也は赤面するしかない。
    「ま、晴奈とか小雪ちゃんには、あたしらがうまく言っといたげるから、そんなに落ち込まないでいいわよー。また、頑張んなさいな」
    「助かります、小鈴さん」
    「んで、昂子をミッドランドに、って話なんだけどね。
     あたしが旅してた時なんだけど、鈴林って子が一緒にいたのよ。今はその子、ミッドランドにいてね。魔術師になりたいって言うから、鈴林のトコに預けようかなーって」
    「そうなんですか」
    「鈴林もいい性格してんのよねぇ。『5年くらいで帰ってきなさいよ』っつってんのに、もう20年もあっちにいんのよ。しょうがないからあたしらの方から、向こうに押しかけてやろうかと思って。
     でも飛鳥はこないだ入社させたばっかだし、あたしもアレコレ忙しいし。かと言って旦那や兄貴とか、社の連中に任せるのも心許無いしー、丁度よく手ぇ空いてんのがいないかなーって感じだったんだけど」
    「渡りに船、って言うとアンタに都合良過ぎだけどね。
     ま、そんな事情があるから、アンタには旅費兼、昂子を送る費用として、5万玄あげるわ」
    「どもっス」
     秋也はぺこりと、小鈴・飛鳥母娘に頭を下げた。



     こうして――経緯はどうあれ――秋也の旅が始まった。
     この旅は存外に長い旅となることを、秋也はまだ知らない。

    白猫夢・秋分抄 終
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・秋分抄 4】へ
    • 【クルマのドット絵 その50.3】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    確かに、すでに完成した存在の神や悪魔が暴れ回る話も好きなんですが、
    それに近付こうとする人間を描く方が好きですし、楽しいですね。

    まったく同感です。
    秋也くんは、前作の主人公2名に比べてかなりおバカですから。

     

    成長物語がお好きですね。

    今回の主人公は剣よりも賢明さを学ぶほうが先のような気がします。
    • #807 ポール・ブリッツ 
    • URL 
    • 2012.05/07 21:04 
    •  ▲EntryTop 
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・秋分抄 4】へ
    • 【クルマのドット絵 その50.3】へ