FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第1部

    白猫夢・旧交抄 2

     ←白猫夢・旧交抄 1 →白猫夢・旧交抄 3
    麒麟を巡る話、第19話。
    懐かしいあの店に。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     夕暮れを迎えるよりも少し前辺りには、三人は央中の中心地、そして世界最大の都市であるゴールドコーストに到着した。
    「確かに大きな街だ。黒鳥宮も相当に広いと思っていたが、比較にならないな」
     きょろきょろと辺りを見回すウォンに対し、昂子はフン、と鼻を鳴らして見せる。
    「アンタ、まるで田舎者ね。ちょっとは落ち着いたら?」
    「お、お前こそはしゃいでいるだろう!? 僕と同様に、首を動かしているのを見ていたぞ!?」
    「ち、違うわよ! コレは首が凝ったなーってアレよ!」
    「13歳やそこらで首が凝るものか!」
    「凝るもーんだ」
     騒ぐ二人を見かねて、秋也はパン、と手を打つ。
    「その辺で止めとけって、お前ら。ソレよりも腹減ったし、疲れもあるだろ?」
    「……まあ、そうだな」
    「減ったし疲れた」
     二人が大人しくなったところで、秋也が提案する。
    「騒ぐより、今は宿を探すのが先だ。オレも腹減ってるし、布団に飛び込みたい」
    「さんせーい」
    「隣に同じ」
    「よし。んじゃどこか、泊まる場所探すか」
    「あ、じゃあさ」
     と、昂子が手を挙げる。
    「晩御飯はさ、別のトコで食べない?」
    「ん?」
    「お母さんの従姉妹がやってる店ってのが、ココにあるらしいのよ。いっぺん、行ってみたいなーって」
    「なーるほど。……あ、ソレならオレも聞いた覚えがある。昔、お袋もお世話になったって言ってた店だな、多分。
     何だっけ、『赤虎亭』だろ?」
    「そーそー、ソレソレ」

     宿を決めた後、三人はその店を、親から聞いた記憶と、宿の主人から聞いた情報とを頼りに――役に立ったのは結局、後者だけだったが――探し当てた。
    「……どもー」
     何となく気恥ずかしくもあり、秋也は恐る恐る戸を開け、中の様子を窺った。
    「いらっしゃい」
     普通に声をかけられたが、秋也はまたも、恐る恐る尋ねる。
    「あの、橘朱海さん、ですか?」
    「違うよ」
     そう返され、秋也は「あっ」と声を挙げた。
    「すみません、間違え……」「間違ってない。ここは赤虎亭。店番が違うだけ」
    「へ?」
     戸惑っているうちに、店の奥から三角布を被った黒髪の、女性の猫獣人が出てきた。
    「アケミさんは支店の見回りと買い出しに行ってる。御用なら聞くけど? ご飯?」
    「あ、いや。ソレもなんだけど、オレたちは……」
     と、猫獣人が秋也の背後に声をかけた。
    「お帰りなさい、アケミさん」
     秋也たちが振り向くと、そこには初老の、虎獣人の女性が立っていた。
    「ああ、ただいま。秋也くん、昂子ちゃん、……と、後は誰か分からんが、とりあえず中にお入り」
     そう促されたが、秋也たちは目を丸くするばかりだった。
    「え、あの」
    「何で分かった、って顔をしてるな。
     小鈴から連絡があったんだよ。『昂子と秋也くんがこっちに来る』ってな。で、弧月からココまでの距離と日数考えたら、昨日か今日、遅くとも明日くらいには着くだろうと見当は立ててたんだ。
     それくらいのタイミングでここに来る、央南人で『猫』とエルフって組み合わせなら、十中八九お前らだろうし、それに秋也くんは顔、覚えてたしな。だから分かった」
     朱海は店に入り、猫獣人の肩をトン、と叩く。
    「コロラ、手伝ってくれ。今日はこいつらの貸切にする。ご馳走、食べさせてやろうかってな」
    「はーい」
     コロラと呼ばれた猫獣人と一緒に店の奥へ進み、厨房に入ったところで、朱海は秋也たちにもう一度、声をかけた。
    「ああ、そうそう。ウィルたちにも声、かけといた。もうちょっとしたら来るよ」
     それを聞いて、秋也の顔から笑みがこぼれる。
    「そうなんですか?」
    「おう。あいつらも喜んでたよ、また会えるってな」
     朱海は三角布を頭に巻きながら、にっこりと笑い返した。
    「とりあえず、座ってくれ。夏とは言え、あんまり風通しが良過ぎても困る。砂埃なんかが入っちまうからな。早いとこ、戸を閉めてほしいんだ」
    「あ、はい」
     秋也たちはきちんと戸を閉めてから、席に着いた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・旧交抄 1】へ
    • 【白猫夢・旧交抄 3】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    簡単に説明すると、情報屋の姉御さんです。
    「蒼天剣」では4部からの登場です。

    NoTitle 

    青い話途中までだから朱海さんしらない
    ぐぬぬv-388

    NoTitle 

    元気ですね。
    大体想像通りの成長を遂げてます。

    NoTitle 

    あの子らですね。

    元気に育っているかなあ?(^^)
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    まとめtyaiました【白猫夢・旧交抄 2】

    麒麟を巡る話、第19話。懐かしいあの店に。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. 夕暮れを迎えるよりも少し前辺りには、三人は央中の中心地、そして世界最大の都市であるゴールドコーストに到着した。「確かに大きな街だ。黒鳥宮も相当に広いと思っていたが、比?...
    • 【白猫夢・旧交抄 1】へ
    • 【白猫夢・旧交抄 3】へ