FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第1部

    白猫夢・旧交抄 8

     ←白猫夢・旧交抄 7 →白猫夢 目次(第1部;秋也、青春群像編 前編)
    麒麟を巡る話、第25話。
    思いを馳せる'41。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    8.
     次の日、昂子は秋也たちに手を引かれる形で、ウィルとシルキスのところへ、赤虎亭での無礼に対する謝罪を行った。
     二人は昂子の謝罪を快く受け入れ、改めて5人で市中を巡り、遊ぶことになった。

    「なーなー、どないやった、ウチのご飯?」
    「うん、すっごく美味しかった!」
     シルキスの両親が営む定食屋で昼食を取り、シルキスは昂子の反応に、上機嫌になっている。
     と、秋也はシルキスにこんな質問をする。
    「シルキスの父さんと母さんは、今どこかに出てるのか? さっき料理持って来てくれたの、妹さんみたいだったけど」
    「せやねん。ウィルん家に行っとるんよ。な、ウィル?」
    「ああ。ほら、赤虎亭で話してた、クイントとシルフィの話で」
    「ああ……。え、じゃあもう結婚するって話になったの?」
    「……それがなぁ」
     ここで厨房の奥から、声が飛んでくる。どうやら先程料理を運んできてくれた、シルキスの妹のようだ。
    「クイント兄やん、アホやねんで。昨日の朝、キャバレーみたいなところから連絡来てな、『店の女に手ぇ出しよったから、迷惑料払うてんか』って」
    「はぁ!?」
    「じゃあクイント、結婚するって言ってた横で、他の女口説いてたってコトか?」
    「せやねん。で、めでたく話は破談になったっちゅうワケや。シルフィからもきっついビンタもらうわ、ウィルからも拳骨もらうわ、その上に父やんと母やんからも『お前みたいなアホは面倒見切れへん、勘当やッ!』ちゅうて散々怒鳴られて、ウチを追い出されよってん。
     ほんで今、父やんたちがウィルん家に、謝りに行っとるとこやねん」
    「とんだ阿呆だな」
     ウォンの言葉に、シルキスはゲラゲラと笑った。
    「ホンマやわ、もう! あんなアホタレ、もう知らんわ、あははは……」

     昼食の後、秋也たちは天狐たちへの土産を買いに向かった。
    「何がいいんだろうな? 小鈴さんから何か聞いてるか、昂子?」
    「えーっとね……、甘いものがいいってさ。特に天狐さんは、チョコレート大好きなんだって」
    「鈴林さんは?」
    「聞いてない、かな。何も言ってなかったと思う」
    「ふーん……? 小鈴さんの話からしたら、鈴林さんの方がお世話になってるっぽいのにな……?」
     そんな話をしている一方で、ウィルとシルキスが、ウォンの帽子を見立てている。
    「こっちの方がかっこええんとちゃう?」
    「いや、何だよそのドクロ……。そんなの無い方がいいって。シンプルが一番だ」
    「僕もウィルの意見に賛成だ。流石にそちらは、御免被る」
    「えー……。ええと思うんやけどなぁ」
     口をとがらせるシルキスをよそに、ウィルは手に持っていた帽子を店員のところへ持っていく。
    「じゃ、これ買ってやるよ」
    「いいのか、本当に?」
    「いいって。ま、お返しはお前が俺たちのところに無事、仕事に就けてからでいいから」
    「……ありがとう」



     ミッドランドへ向かう準備を終え、翌日、秋也たちはゴールドコーストを発った。
    「じゃ、またな」
    「ああ。今度は母さんたちにも会いに来てくれ」
    「おう」
     別れの挨拶を短く済ませ、秋也たちは街を後にする。
    「……なんか、一気に静かになったね」
    「そうだな。騒がしい街だった」
     二人の言葉を聞き、秋也はふっと笑う。
    「なに?」
    「ああ、いや。オレも昔、初めてあの街に行って、で、街を出た時に、同じコト言ったなって。
     みんな、そう思うらしいぜ。お袋もそう言ってた」
    「へぇ」
    「んで、揃ってみんな、こう言うらしいぜ」
     秋也は二人に笑いかけながら、こう続けた。
    「『また、この街に来たい』ってな」
    「……なるほど。確かに」
    「そーね。楽しかったし」
     若干ひねくれ者の二人も、これには素直にうなずいていた。



     その、秋也たち三人の動きを、遠い、遠い崖の上で見つめる者がいた。
    「……あれね」
     常人ならば形どころか、数すら判別できない、米粒のようにしか見えないその距離から、その女は三人をきっちり、裸眼で把握していた。
    「一人、増えているみたいだけど……、まあ、関係ないか」
     女は手にしていた仮面を顔に被せ、それから、唯一隠れていない口元を、にやりと歪ませた。
    「本当の本当に、ボンクラなのか。それともやる時はやる子なのか。
     確かめさせてもらうわよ、黄秋也くん」
     女はその崖からとん、と飛び降り――その場から消えた。

    白猫夢・旧交抄 終
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・旧交抄 7】へ
    • 【白猫夢 目次(第1部;秋也、青春群像編 前編)】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    次々話、大変な目に遭わされます。
    秋也たちが。

    NoTitle 

    女のストーカーだとv-402
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    まとめtyaiました【白猫夢・旧交抄 8】

    麒麟を巡る話、第25話。思いを馳せる
    • 【白猫夢・旧交抄 7】へ
    • 【白猫夢 目次(第1部;秋也、青春群像編 前編)】へ