FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第1部

    白猫夢・習狐抄 2

     ←白猫夢・習狐抄 1 →白猫夢・習狐抄 3
    麒麟を巡る話、第32話。
    克天狐の教育的指導。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     修行開始、2日目の翌朝。
     ほとんど夕食抜きにされた秋也たち三人は、朝食をガツガツと、貪るように取っていた。
    「せめてもの情けだ。朝と昼はメニュー全品、ちゃんと出してやる」
     天狐はパンをかじりながら、秋也たちに訓告する。
    「でも、レポートの内容がとんでもなくバカだったり、テストの点がどうしようもないアホさ加減だったりしたら、夕メシのグレードをどんどん下げるからな。
     反対に、ちゃんとしたレポート書いて、テストの点もちゃんと取れたら、夕メシは普通に出す。
     いいな? ちゃんと結果を、形として出せよ?」
    「はい」
    「頑張りまーす」
     三人の反応に、給仕していた鈴林がにこっと微笑む。
    「今日はお夕飯、全部食べられるといいねっ」
     その一言に、三人の食事の手が揃って止まった。
    「……はい」
    「……頑張る」

     最初の頃は三名とも、満足に夕飯を食べることができなかったが、まずはウォンがいち早く軌道に乗った。
     元々真面目な性格であり、また、教団において武芸だけではなく教養も嗜んでいたためか、天狐が及第点を出せる程度のレポートを、3、4日目辺りで出せるようになった。
     続いて及第の水準を満たしたのは、昂子だった。元々怠け者で、言われたことしか――それも、渋々としか――やろうとしない性格ではあったが、それでも鈴林が、学び方の基礎から根気強く教えていくうち、どうにか能動的にノートを取るようになり、テストの点も順調に上がっていった。



    「しっかし秋也さぁ、お前の字、すげー下手クソだなぁ」
    「苦手なんだって……」
    「ま、内容自体は悪くない。コレなら全品出してやれるな」
     そして半月が経った頃、ようやく秋也も、天狐から及第点をもらうことができた。
    「え、マジで?」
    「おう。明日もこの調子で行ってくれよ」
     その評価に、秋也は喜びかける。
     が、秋也はここで、ずっと気になっていたことを尋ねてみた。
    「あのさ、天狐ちゃん」
    「ん?」
    「なんでレポートなんて書かせるんだ? オレは剣士だし、机仕事やるつもりじゃ……」
    「あのなぁ」
     秋也の疑問に、天狐は呆れ顔で答える。
    「剣士、侍だって言うなら、自分の生き道振り返る、『自省』『内省』ってコトも必要だろ?」
    「うーん、まあ」
    「闇雲に剣や刀をブンブン振ったって、付くのは無駄な筋肉だけだぜ? 『自分は何のために刀を握るのか』って常に考えながらやるから、修行になるんじゃねーか。考えるってコトは、意外に大事なんだぜ。
     例えばだ、あのいけ好かない渾沌と戦った時、お前らはあいつとマトモに戦えてたと思うか?」
    「いや、全然敵わなかった。足元にも及ばなかったよ」
    「何でだ?」
    「ソレは、まあ、オレたちが弱いから……」
    「違うな」
     天狐はビシ、と人差し指を秋也の鼻の先に突きつける。
    「相手が何やってたのか、お前らちょっとも、考えなかったんだろ?
     どーせ『オレたちには訳の分からないような奇術、トリックで惑わしてたんだ』っつって、その時点で思考停止してたろ」
    「思考停止?」
    「訳の分かんねーコトを分かんねーままにして、どう突き詰めていけば自分たちにも分かるよーになるか、自分たちに有利な状況に変えられるかって、ちっとも考えてないってコトだよ。
     あいつは変な術を使う、じゃあ勝てない。……こんな風に、お前らの思考は短絡的で、一直線なんだよ。もっと考える幅を広げなきゃ、今後一生、お前らの負け星が増えるだけだぜ?
     もっと考えろよ――例えば、変な術って何なんだ、とか。使わせないようにするにはどうしたらいいか、とか。使われても負けないようにするには、とか。
     一つの問いに答えは一つ、考えなくてもどこかに答えが載ってます、誰かが教えてくれます、みたいないかにも小学生向けの算数ドリルみてーな考え方じゃ、お前ら何べん渾沌と戦っても、絶対勝てないぜ」
    「だから、考えるためにレポートを書けってコトか?」
    「そーゆーコト。オレは全面的かつ、全方向的に、お前らを鍛えるつもりだからな」
     天狐はひょい、と机から立ち上がり、秋也に手招きした。
    「腹減った。メシ食おう」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・習狐抄 1】へ
    • 【白猫夢・習狐抄 3】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    往々において、人生はオートセーブ式なのでその点は心配なし。
    無かったことにしてやり直すこともできませんが。

    NoTitle 

    船頭多くして船山に登る。
    優秀な先生が沢山いても、却って生徒のためにはなりません故。

    NoTitle 

    こまめにレポートつけないとゲームオーバーになったとき困るもんなv-410

     

    良かったらうちのバカ娘二人を海外留学に成功させた凄腕教師、大上先生をお貸ししましょうか?(^_^)
    • #930 ポール・ブリッツ 
    • URL 
    • 2012.06/08 07:24 
    •  ▲EntryTop 
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    まとめtyaiました【白猫夢・習狐抄 2】

    麒麟を巡る話、第32話。克天狐の教育的指導。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. 修行開始、2日目の翌朝。 ほとんど夕食抜きにされた秋也たち三人は、朝食をガツガツと、貪るように取っていた。「せめてもの情けだ。朝と昼はメニュー全品、ちゃんと出してや?...
    • 【白猫夢・習狐抄 1】へ
    • 【白猫夢・習狐抄 3】へ