FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第1部

    白猫夢・習狐抄 5

     ←白猫夢・習狐抄 4 →クルマのドット絵 その51
    麒麟を巡る話、第35話。
    技術革新の兆しと、再戦開始。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
     さらに日は進み、9月の中旬。
     天狐はゼミ入講の受付を開始した。

    「合否は3日後、ラーガ邸の中庭で掲示する。以上だ。次」
     緊張した面持ちの若者が深々と天狐に頭を下げ、その場を後にする。
     続いて入ってきたのは、先日天狐に挨拶したフェリーに似た、狐獣人の少年だった。
    「ゴールドコーストから参りました、ノイン・トポリーノです。よろしくお願いします」
     彼も天狐に深くお辞儀し、天狐の前に置かれた椅子にすとんと腰を下ろした。
    「おう。トポリーノって言うと、フェルディナント・トポリーノの……」
    「はい。父です」
     彼も若干緊張した様子を見せてはいたが、はきはきと返答する姿勢を見せている。それを受けて、天狐はこう質問した。
    「学歴……、だとかは後で聞くとして。
     お前、通ると思ってんのか?」
    「と言うと?」
    「親父さんから聞いただろうが、オレは縁故で取る気はまったく無い。その他で、アピールできるモノがあんのか?」
    「あります」
     ノインは椅子の横に置いた鞄から、懐中時計を取り出した。
    「僕が作りました」
    「時計を?」
    「はい」
    「お前な、時計を作りたいってんなら、時計職人に弟子入りすればいいんじゃねーのか? オレのところに来るのはお門違い……」「ああ、いえ」
     ノインは天狐の側に寄り、時計の裏側を見せた。
    「現在、時計は一般的に、ねじ巻き式ですよね。でも一々、人の手で巻くのが面倒だなと思って。それで、こうやって……」
     ノインが指し示した部分には、小さな魔法陣と、白い水晶が組み込まれていた。
    「微弱な電気を断続的に流す魔法陣を使って、電磁石の作用でねじを常時巻くよう、改造してみたんです」
    「へぇ?」
     ノインから時計を受け取った天狐は、目を凝らして構造を眺める。
    「……電子回路を作るヤツが、この時代にいるとはな」
    「で、ん……?」
    「あ、いや。……なるほど、面白い技術だな」
    「ありがとうございます。ただ、僕はこの構造に満足してないんです。
     大がかりなものを作るには、まあ、この魔法陣を大きくすればいいんでしょうけど、それだとスペースも大きく取らなきゃいけませんし、魔力源となる水晶も、巨大なものを用意しないといけなくなりますし。
     そこで、このゼミで雷の術について学び、省スペース化、省魔力化できるような方法を探れればな、と」
    「なるほど」
     天狐はノインに時計を返し、こう告げた。
    「他にも色々聞こうと思ったが、いらねーな。コレ一つで十分、お前の実力と意欲は分かった。
     お前は合格だ。一応3日後、ラーガ邸の中庭に合否を掲示するけど、先に伝えとくわ」
    「ありがとうございます」

     3日後、合格者が発表された。
     ノインを含めた今期の入塾者は、13名となった。



     ゼミの開講に伴い、秋也たちの修行も終わりを告げた。
    「ふう……」「はあ……」
     始まった頃は秋也もウォンも、最後まで立っていられないと言う体たらくだったが、最終日のこの日は、両者とも余裕の表情を見せていた。
    「今日は、レポートはいいな。最後だから、よ」
    「いや」
     と、秋也が答える。
    「最後だから、できれば総括してほしいんだけど、ダメかな」
    「なるほど。……分かった、じゃあ、早い目に出してくれ」
    「ありがとう、天狐ちゃん」
    「おうよ」

     三人揃って天狐の屋敷に戻ってきたところで、昂子と鈴林が出迎えた。
    「おかえり」
    「ただいま。……昂子」
     秋也は昂子に、話を切り出す。
    「今夜、呼んでほしい」
    「……渾沌ね?」
    「ああ。今日で終わりだからな、修行」
    「分かった。頭巾、持ってくるね」
     昂子が屋敷の奥へ向かったところで、天狐が尋ねてくる。
    「自習とかは、いいのか?」
     その問いに、秋也は横に首を振る。
    「いい区切りだと思うんだ。このままダラダラ続けたら、きっと踏ん切りが付かなくなるだろうし」
    「そっか。……ま、頑張れ。もし勝ったら、盛大に祝ってやるよ」
    「ああ、期待しててくれ」
     話しているうちに、昂子が頭巾を持ってきた。
    「じゃあ、……呼ぶね」
    「ああ」
     昂子が、頭巾を頭に巻く。それを、秋也とウォンはじっと見ていた。
    「……『トランスワード:渾沌』」
     一瞬の間を置き、昂子が反応する。
    「……うん。……うん。……やる」
     それから一呼吸置き――昂子は大声で叫んだ。
    「それから――アンタは、絶対ブッ飛ばしてやる! その仮面、叩き割ってあげるわ! 覚悟してなさいよッ!」
     昂子は頭巾を頭から引っぺがし、ブチブチと千切って、それから体を震わせながら、ため息をついた。
    「……はあ、っ。……ついに、やるのね」
    「ああ。……お前の仇も、一緒に取ってやるからな」
    「仇?」
     そう尋ねたウォンには答えず、昂子はこう返した。
    「あたしが取るのよ、あたしの仇は。アンタは自分の腕を取り戻すコト、考えなさいよ」
    「そうだな。……やってやろうぜ、昂子」
    「ええ。ウォンも、よろしくね」
     いきり立つ二人に、ウォンも応じた。
    「ああ。僕を侮辱した罪、きっちり贖ってもらう」
     三人は手を合わせ、同時に誓った。
    「今度こそ、渾沌に勝つ」

    白猫夢・習狐抄 終

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2015.09.28 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・習狐抄 4】へ
    • 【クルマのドット絵 その51】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    詳細は次節!

    NoTitle 

    どうなるどなるどどっきどきv-401
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・習狐抄 4】へ
    • 【クルマのドット絵 その51】へ