黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第1部

    白猫夢・克己抄 5

     ←白猫夢・克己抄 4 →白猫夢・克己抄 6
    麒麟を巡る話、第40話。
    星になった秋也。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
     その異様な剣気を感じ取った昂子とウォンは、互いに防御姿勢を取る。
    「下がって、ウォン!」「僕の後ろにいろ、アコ!」
     そう同時に言い放ち、両者とも同時に、同じ術を放つ。
    「『マジックシールド』!」
     術が発動され、魔力でできた半透明の盾が二重に形成されたその直後、二人はその場から弾き飛ばされた。
    「う、わっ!?」「きゃあっ!」
     二人は元いた場所から、何メートルも後方に転がされる。
    「く、っ……」
    「いた、ぁ……」
     どうにか立ち上がり、体勢を整えようとするが、二人ともふら、と膝を着く。
    「……そんな!」
    「しゅ……」
     仁王立ちになっている渾沌の前に、ぼろぼろになった布きれが落ちていた。
     それは紛れもなく、渾沌によって取り付けられた、秋也の左腕だった。
    「秋也ああああ……っ!」
     二人は秋也の死を予感し、ともに絶叫した。

     が――。
    「……ひ、……ひとつ」
     まるでうめくような、渾沌の声が返ってくる。
    「ひとつ、聞いて、……い、いいかしら」
     と、渾沌の仮面に空いた穴、そして体中から、だらだらと赤い筋が流れてくる。
     そして口からも、ごぼごぼと泡を立てて血が噴き出している。
    「なんだ?」
     渾沌の背後から、声が聞こえてくる。
     その声を聞いた昂子とウォンは、またも同時に叫んだ。
    「秋也!?」「生きてたのか!?」
     その間に、渾沌の体がガクガクと震えだす。
    「あ、あなた……、お母さんから、……げほっ、……その技、お、教わったの、かしら」
    「技……、って?」
    「せ、……『星剣舞』、……よね、……ごぼっ、……今の、……わ、ざ」
    「せい……けん……ぶ? いや、知らない」
    「……そ、そう」
     渾沌の体が、ゆっくりと前に倒れていく。
    「……負けたわ……」
     その背後から、左腕の無い、片腕一本の秋也が現れた。
    「……正拳武ってなんだ? なんかの体術か? ……分かんねーけど」
     秋也は右腕を掲げ、昂子とウォンにこう叫んだ。
    「か、っ、……ゴホン、勝ったぞ、昂子、ウォン!」
    「……秋也……!」
     二人は同時に、秋也の元へと走って行った。



    「最初は本当に、やべーと思ってたんだ。マジでコレは、真っ二つにされるなって」
     いまだ動かない渾沌を遠巻きに眺めつつ、秋也は二人に、渾沌が「地断」を放った後のことを話し始めた。
    「でも――まあ、腕は吹っ飛ばされたけど――ギリギリ避けれた。
     で、昂子たちも何とか凌いだみたいだってのが確認できたから、オレは渾沌の方に向き直って、そしたら渾沌のヤツが、棒立ちで笑ってやがったからさ。
     ソレ見てたらすげームカついてきたから、ぱっと飛び込んで、そんで袈裟切りしてやろうと思って。そしたらソレもあいつ、何故か避けようとしねーんだよ。
     だからざっくり行ったんだけどよ、それでも笑ってやがるから、どんだけ調子こいてんだよと思って、胴を払ってみたり、後ろから刺してみたりしたんだけど、……そしたらあいつが声色変えて、『何の技使ったのよ』っつって」
    「……シュウヤ?」
     話を聞いた二人は、怪訝な顔を浮かべる。
    「ソレ、あたしたちが吹っ飛んでた時の話?」
    「だろうと思うけど。なんで?」
    「僕たちが弾かれていたのは、いくらなんでも10秒も無いはずだ。
     その10秒足らずの間に、お前は僕たちの無事を確認し、渾沌に真正面から詰め寄って、あまつさえ前やら後ろやらに回り込んで三太刀、四太刀も喰らわせたと言うのか?」
    「……え?」
     そう問われ、秋也は呆然となる。
    「……言われてみれば……、あれ?」
     秋也は思わず、問い返していた。
    「オレ、なんでそんなに色々できたんだ? しかも、あの渾沌相手に」
    「そんなの分かるワケないじゃん」
    「僕にも皆目、見当が付かない。もしやテンコちゃんが助けて、……くれたりはしていないようだし」
     辺りを見回しても、天狐や鈴林の姿は無い。
     そして――渾沌の姿も無かった。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・克己抄 4】へ
    • 【白猫夢・克己抄 6】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    この「行動」の謎と理由は、まだしばらく明かしません。
    腕はちゃんと返してくれます。次回。

    NoTitle 

    3回行動できるのか!v-405
    腕返して!

    NoTitle 

    天狗になるにはまだ、相手が奇妙すぎますね。
    秋也もまだ、勝った気はしてないでしょう。

    NoTitle 

    秋也くん、これで妙な自信をつけて、天狗にならなきゃいいけど……。

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    まとめtyaiました【白猫夢・克己抄 5】

    麒麟を巡る話、第40話。星になった秋也。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5. その異様な剣気を感じ取った昂子とウォンは、互いに防御姿勢を取る。「下がって、ウォン!」「僕の後ろにいろ、アコ!」 そう同時に言い放ち、両者とも同時に、同じ術を放つ。「『?...
    • 【白猫夢・克己抄 4】へ
    • 【白猫夢・克己抄 6】へ