FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第1部

    白猫夢・克己抄 9

     ←白猫夢・克己抄 8 →2012年7月携帯待受
    麒麟を巡る話、第44話。
    三人、新たな道へ。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    9.
     翌日――。
    「じゃ、オレは行くよ」
     旅支度を整えた秋也は、天狐と鈴林、昂子、ウォンに頭を下げる。
    「もう行くのか?」
     やや驚いた顔をするウォンに、秋也はにかっと笑って見せる。
    「ああ。前にも言ったかも知れないけど、ダラダラして次の機会を失うのは嫌なんだ。
     勝負に勝って成功の波に乗ってる間に、試験も受けたいんだ」
    「そうか。……僕も、もう少ししたらゴールドコーストへ行くよ」
    「そっか。じゃ、次に会う時はゴールドコーストで、だな」
    「ああ、恐らくは。……頑張れよ、シュウヤ」
    「お前もな」
     秋也とウォンは、がっちりと握手を交わす。
     と、昂子も二人の側に寄り、交わされた手に自分の手を乗せる。
    「しばらく、みんな離れ離れになるんだね」
    「そうだな」
    「……こんなコト言うの、あたしのキャラじゃないんだけど、……言っちゃう。
     本当に、本当に、……二人といて、すっごく、楽しかったよ」
     涙ぐむ昂子に、ウォンも目を赤くしている。
    「僕もだ。あのまま宮内で黙々と過ごしているより、何倍も、実りある日々を過ごせた。ありがとう、アコ、シュウヤ」
     二人の言葉を聞いているうちに、秋也の鼻に、切ない痛みがじわりと来る。
    「オレもだよ。オレも、二人といられて良かったと思ってる。……また、いつか」
     二人はこく、と小さくうなずく。
    「うん、……いつか」
    「いつかまた、会おう」

     三人が誓い合う様子を見て、天狐がぼそ、とつぶやく。
    「あっついヤツらだな」
    「あはは、そうだねっ」
    「久々に、スカっとした気分だぜ。本当、……何て言うか、青春してるなって」
    「ゼミ生、みんな勉強一筋だもんね」
    「ああ。……ソレに」
     と、天狐の表情が曇る。
    「オレもあーゆーコトを言い合える仲間、……会いたいよ」
    「……そうだよね。……みんな、いないんだもんね。
     でもさ、姉さん」
    「ん?」
    「できたじゃない、今回のコトで」
    「……それもそうか。そうだな、憎ったらしい妹弟子ができたんだよな。
     ケケ……、今度会ったら、改めてご馳走でもしてやるかな」
    「いいねっ」
     ケラケラと笑う天狐に、鈴林もニコニコと微笑んでいた。



     ミッドランドを離れ、湖を渡る船の上で、秋也はただ黙々と座りながら、考えを巡らせていた。
    (喧嘩をすぐ買うと、失格?
     失格ってのは、勿論、試験に失格って意味だよな? じゃ、逃げろってコトか? ……ってのも、違うよなぁ。剣士が背を向けて逃げる、なんてのは格好悪いし。
     どう言うことだ……? 戦うのは駄目、逃げてもおかしい。他にどうしろって言うんだ?)
     深く考え込むが、一向に正解と思える案は出ない。
     と、秋也は甲板を抜ける風の寒さに気付き、ぶる、と震えた。
    「うへ、寒み……」
     荷物からコートや帽子を出そうとしたところで、秋也はウォンに帽子を貸しっぱなしにしていたことを思い出した。
    (あ……、しまったな。もうあいつ、坊主じゃ無くなったんだし、返してもらえば良かった)
     秋也の脳裏に、屏風山脈で見たウォンの坊主頭がよみがえる。
    (にしても、あの時はひどかったなぁ、頭。あいつにとっちゃ、とんだ藪蛇だ。
     本当、出会った時のあいつもオレも、バカだったよなぁ……。あいつは敵だ、戦うぞ、って。あいつと旅とか修行とかした今だから、あいつと仲いいけど、もしあの時、あいつと本気で殺し合いとかになってたら、絶対こんな風にあいつのコト考えたりなんて、……ん?)
     そこまで想起したところで、秋也の頭に何か、引っかかるものがあった。
    (殺し合っていたら、あいつと仲良くなるコトなんて絶対に無かった。戦っていたら、そうはならなかった。
     戦わなかったら? 峠の下りで、その機会はあっただろ? でも、オレはなんか、あいつのコトが可哀想に思えて、だから普通に話しかけたら、……そう、ソレで今があるんだ。
     じゃあ、『あいつ』とも戦わずに、……喧嘩を売りも買いもせずに、話しかけてみたらどうなったんだろうか? まさか仲良くなれる、……か?
     いや……、『まさか』なんて、まさにオレとウォンじゃないか。会った当時、絶対仲良くなんてなれそうになかったんだ。あの時武器を向けず、帽子を貸してやったから、仲良くなれたんだ。
     そうだ――思えばオレは、目の前に現れたヤツを、勝手に敵と決めつけて襲いかかったんだ。じゃあ、……そりゃ、迎え撃ってくるに決まってる。
     ソレなのかな……? オレが戦わなければ、相手も戦おうとしなかったんだろうか)
     秋也の心に、四ヶ月前には決して至ることの無かった考えが現れた。
    (もう一度……、受けよう。
     オレは、……その考えを試してみたい。本当に、ソレが正解なのか)

    白猫夢・克己抄 終
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・克己抄 8】へ
    • 【2012年7月携帯待受】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    頑張ってほしいものです。

    NoTitle 

    今度は行けそうv-392
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・克己抄 8】へ
    • 【2012年7月携帯待受】へ