FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第1部

    白猫夢・立秋抄 1

     ←2012年7月携帯待受 →白猫夢・立秋抄 2
    麒麟を巡る話、第45話。
    帰郷、そして再試験。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     双月暦541年、10月中旬。
     秋也は央南に戻ってきた。

    「ども……」
     昂子を送り届けたことを報告するため、橘喜新聞社の社長室に通された秋也は、デスクにかける小鈴に会釈した。
    「ありがとね、秋也くん。おかげで助かったわ」
    「いえ、そんな」
    「にしても、久しぶりね。随分長くいたみたいだけど、何かあったの?」
    「ええ、色々と」
    「聞きたいトコなんだけど、……ま、ソレは後にした方がいいでしょうね。すぐ、向こうにいくつもりでしょ?」
    「ええ」
     その返事を受け、小鈴はじっと秋也を見つめてくる。
    「……なんですか?」
    「大変だったみたいね、色々。目つきが前に見た時と、全然違って見えるわ。
     今なら、受かりそうね」
    「そうですかね?」
     一瞬、秋也は喜びかけるが、すぐに気を引き締める。その様子を見て、小鈴は苦笑した。
    「……って、前回も晴奈が言っちゃったのよね。『お前なら絶対に受かるだろう』っつって」
    「そう、ですね」
    「でも今度は、あたしのお墨付きも一緒よ。前よりは大丈夫よ。多分」
    「はは……」
     秋也はそこで真面目な顔を作り、深く頭を下げた。
    「ん?」
    「この度は大変お世話になりました。ありがとうございます、小鈴さん」
    「んふふ、どういたしまして。
     じゃ、向こうでがっつり怒られてきなさいな」
    「そうします。……それじゃ」
     秋也はもう一度頭を下げ、社長室を後にした。
     小鈴はその姿を座ったまま見送り――それから「あ」と声を上げた。
    「昂子のコト、聞いてなかった。……ま、いいか。
     あの子、案外神経図太いし。何とかやってんでしょ、きっと」



     二日後、秋也は紅蓮塞に到着した。
    「……はは……」
     逃げ出してしまった負い目からか、いつもは頼もしく見えるその城塞も、今は恐ろしいものに感じてしまう。
    「……よし」
     それでも何とか覚悟を決め、秋也は門をそっと開いた。
    「……」
     開けるとそこには、厳しい表情を浮かべた小雪が立っているのが見えた。
    「……」
     秋也は自分に向けられたその雰囲気に耐えかね、門を閉めてしまった。
    「……よくねえよ」
     と、今度は向こうから門が開く。
    「何してるの?」
     より一層冷たく睨んできた小雪を見て、秋也はぶるっと震える。
    「……はい」
     しかし逃げるわけにもいかないので、秋也は恐る恐る、門を潜った。
    「……で?」
     秋也が塞内に入ったところで、小雪がもう一度、冷たい目を向けてくる。
    「その……」
    「その?」
     弁解しようと一瞬ためらったが、秋也は覚悟を決めて座り込み、土下座した。
    「……すみませんでした!」
    「何が?」
    「折角オレにかけていただいた恩義を仇で返した数々の所業、ここに誠心誠意、謝罪いたします! 誠に申し訳ありませんでした!」
     一息にそう言い切り、秋也は地面に頭をこすりつけるようにして平伏す。
    「頭を挙げなさい」
    「……はい」
     対する小雪は、依然として冷たい表情を崩さない。
    「本来なら、あなたは破門されても文句の言えない状況にあるのよ? 試験に落第した挙句、方々逃げ回って恥をまき散らしたんだから。
     それをただ、頭を下げるだけで許してもらえるなんて随分、都合のいい話ね」
    「……」
    「と、言いたいところだけど」
     小雪は踵を返し、秋也に背を向けてこう続けた。
    「流石に央南の名だたる名士たちから、『今一度、厚情を賜ってやってはくれないか』とお願いされて、それをわたしの個人的感情だけで反故にはできないわ。
     だからこの一回で、きちんと落とし前をつけなさい、秋也」
    「じゃ、じゃあ……」
    「試験は今から。そのまま堂に上がり、前回と同じ試験を受けなさい」
    「ありがとうございます!」
     秋也は立ち上がり、頭を下げた。

     その動作の、一瞬の合間に――小雪が自分に対して、さらに一層冷たい視線を向けていたことに、秋也は気付いていなかった。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【2012年7月携帯待受】へ
    • 【白猫夢・立秋抄 2】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    v-398ゾクゾク

    NoTitle 

    そのどれでもなく、「蒼天剣」が終わってから「白猫夢」が始まるまでに新たに発生した怨恨です。
    昔は可愛い子だったのに、小雪。

     

    小雪さんの視線……トモエちゃん関係の遺恨ですか? 黒炎教団がらみの遺恨ですか? 天狐さんがらみの遺恨ですか?

    それとも秋也くん、また試験に落ちるんですか?

    だとしたら気の毒……。
    • #1000 ポール・ブリッツ 
    • URL 
    • 2012.06/22 19:57 
    •  ▲EntryTop 
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【2012年7月携帯待受】へ
    • 【白猫夢・立秋抄 2】へ