黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第1部

    白猫夢・立秋抄 2

     ←白猫夢・立秋抄 1 →白猫夢・立秋抄 3
    麒麟を巡る話、第46話。
    秋也のいたずら心。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     伏鬼心克堂に通された秋也は、そのまま堂の中央まで進む。
    「それじゃ、今から24時間よ」
    「分かりました」
     そのままぱたんと戸を閉め切られ、秋也は一人、堂に残る。
    「……さあ、来てみろ」
     秋也は座りもせず、直立したままの状態で、「彼女」が来るのを待った。

     1時間もしないうちに、「彼女」は現れた。
    「よお」
     四ヶ月前に「彼女」を見た時は、秋也には絶望しか感じられなかった。
     何故なら倒そうとするには、彼にとってあまりにも大き過ぎる存在だったからだ。
    「……」
     だが、今の秋也にはある考え、アイデアがあった。
    「……」
    「彼女」は一言も発さず、刀を構えている。
    「……はは。そんなにさ、邪険にしないでくれよ」
     対する秋也は刀を抜かず、諸手を挙げた形で鷹揚に構えている。
     それを不快に思ったのか、それとも「彼女」は秋也を単なる敵としてしか認識していないのか――「彼女」は刀を振り上げ、秋也に斬りかかってきた。
    「お、っと!」
     初太刀を紙一重でかわし、秋也は「彼女」の腕を取った。
    「……!」
    「なあ、あんた。オレの知ってる人に、とっても似てるけど」
     秋也は手刀を下ろし、「彼女」の刀を落とさせる。
    「……!」
    「ソレについて、話をしたいんだ」
     秋也は床に落ちた刀を蹴って堂の端へ転がす。そして同時に脇差も抜いて投げ捨て、「彼女」の武装を解除した。
    「オレは、あんたと戦いたくない。話が、したいんだよ」
    「……」
    「彼女」はとても困ったような顔をした。

     秋也は動かなくなった「彼女」に、にこっと笑いかけてみた。
    「……」
     依然として困った様子を見せる「彼女」に、秋也はあれこれと話しかけてみる。
    「まず、自己紹介からかな。オレの名前は黄秋也。多分あんたと同じ、焔流の剣士だ。今年で19歳。好きな食べ物は、魚料理なら何でも。嫌いなのは、ハーブの入ったヤツ。
     なあ、あんたも座りなよ。上向いて話は、しにくいしさ」
    「……」
     気さくに話しかけてみるが、「彼女」は困った顔を緩めない。刀が飛んで行った方向を見たり、秋也を見たりと、落ち着かない様子を見せている。
    「……話せないのかな。って言うか、元々そう言う場所じゃないんだろうな。
     なあ、あんた。……その、知ってたらうなずいてほしいんだけどさ」
     秋也はためらいがちに、「彼女」にこう尋ねてみた。
    「昔、黄晴奈って人がここに来たの、知ってるか?」
    「……」
     すると――「彼女」はまだしかめ面ながらも、小さくうなずいた。
    「あ、良かった、知ってたんだ。反応もしてくれるみたいだし」
    「……」
    「彼女」は身振り手振りで何かを伝えようとしてきた。
    「えーと……?」
    《わたし あなた 戦う》
     そう解釈できたので、秋也は首を横に振った。
    「悪いけど、あんたとじゃ戦えないよ。そんな格好してたら」
     そう返すと、やはり「彼女」は困った顔をする。
    「戦わないといけないのか?」
     そう尋ねると、「彼女」はぶんぶんとうなずいてくる。
    「一体、何のために? オレを倒したら、誰かからご褒美でももらえるのか?」
    「……(否定)」
    「じゃあ、何のためなんだ?」
    「……(答えない)」
    「ソレってさ、あんたの思い込みなんじゃないのか? 『武器を持ってるから戦う相手に違いない』とか、『自分は武器を持たされてここにいる以上、入ってきたヤツは叩きのめさないと』とかさ、そんな感じの。
     何度も言うけど、オレはあんたと話がしたいから、戻ってきたんだ。戦うつもりなんか、まったく無い」
    「……(困った顔)」
     恐らくこの堂が造られて以来、秋也以外にそんな酔狂なことを言ってのけた者はいないのだろう――「彼女」はどうしていいか、分からないようだった。
    「あ、ところであんた」
    「……?」
    「名前とか、あるのか?」
    「……(否定)」
    「ま、そりゃそうか。ここに来るヤツみんな、戦おうとするんだろうし。名前なんて聞かないだろうから、あっても意味無いか」
     秋也の言葉に、「彼女」はそれを否定しかけ、慌ててばたばたと手を振った。
    「……? え、戦おうとしないヤツもいるのか?」
    「……」
    「彼女」はもどかしそうな表情を浮かべていたが、やがて床に座り込み、つつ……、と指で文字を書き始めた。

    《戦うことが剣士のすべてじゃない と ある人は答えた それがきっと 答え》
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・立秋抄 1】へ
    • 【白猫夢・立秋抄 3】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    >しやたん
    しやたんのおかげでいいアイデアが浮かびました。
    まんまお持ち帰り、とはしませんが。

    NoTitle 

    >ポールさん
    意外に、ね。

    NoTitle 

    お持ち帰りコースv-402

    NoTitle 

    やっぱりこいつも大物だなあ……。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    まとめtyaiました【白猫夢・立秋抄 2】

    麒麟を巡る話、第46話。秋也のいたずら心。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. 伏鬼心克堂に通された秋也は、そのまま堂の中央まで進む。「それじゃ、今から24時間よ」「分かりました」 そのままぱたんと戸を閉め切られ、秋也は一人、堂に残る。「……さあ?...
    • 【白猫夢・立秋抄 1】へ
    • 【白猫夢・立秋抄 3】へ