FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第1部

    白猫夢・立秋抄 4

     ←白猫夢・立秋抄 3 →白猫夢・立秋抄 5
    麒麟を巡る話、第48話。
    大先生からの餞別。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     折角、免許皆伝を得たと言うのに、秋也の周りには誰も祝福に来ない。
     たまにすれ違う門下生は、目も合わせようとしない。同格であろう剣士らも、秋也を無視してかかっている。
    (多分、小雪がオレの悪口を言いふらしたんだろうな。……ま、いいけどさ)
     そう開き直ってはみたものの、やはり心寂しく感じている。
     これ以上嫌な気分になるのも疎ましかったため、秋也は門前で叫び回ってやろうかと、半ば冗談交じりに図っていた。
     と――その門の前に、人が立っている。
    「あ……」
    「こんにちは、秋也くん」
    「大先生、お久しぶりです」
     秋也は自分の師匠でもある母親の、さらにその師匠である長耳――焔小雪の母、焔雪乃に深々と頭を下げた。
    「あなたをお祝いしてあげようと思ってね。実は、お堂の近くにいたのよ。
     ……ひどいことを言われたわね。それこそ親が聞いたら、顔から火が出るような罵倒だったわね」
     そう告げて、雪乃は深々と頭を下げ返す。
    「あ……、えっと」
     先程、小雪が見せた失態を取り繕おうと口を開きかけたが、雪乃は静かに首を振る。
    「いいのよ。……まだ、あの子も20代の半ば。自分の意に添わないことが重なれば、苛立つこともあるでしょう。
     それは分かってあげられるけれど、それでも家元ともあろう者が、あんな無礼な放言を次々浴びせるなんてね。恥ずかしい限りだわ」
    「……あの、大先生」
     秋也はもう一度、小さく頭を下げる。
    「小雪のコト、怒らないでやってくれませんか」
    「えっ?」
    「烏滸がましい言い方になっちゃいますけど、オレがうらやましかったんだろうと思います。堅い地位やしがらみに縛られず、本当、下手すると紅蓮塞にいるより、優遇されてて。
     もしオレと小雪の立場が逆だったら、オレはもっと、口汚く罵ったでしょう」
    「そう言ってもらえると、いくらか助かった気持ちになるわ。……でも、最近ね」
     雪乃は紅蓮塞を見上げ、ふう、とため息をついた。
    「先代がご存命だった頃を、良く思い出すのよ。あの、厳しくも活気と規律のあった、世界に誇るべき霊場であった頃のことを」
    「……今は、そうじゃないと?」
    「あの子が家元になって、確かに人気は上がったみたいね。男性からの。
     でもあの子は少し、我欲と自尊心に囚われ過ぎているように思えるの。あなたの話を混ぜ返すようだけれど、あの子も優遇されているのよ。何しろ、生まれる前から家元になる運命が決まっていたのだから。
     それがあの子の性根を捻じ曲げてしまっているのね。そしてそれこそが、この塞が厳格さと規律を失いゆく原因でもある。あの子はいつか、欲と慢心で己の目を曇らせ、この紅蓮塞を悪い方向へと導くでしょうね。
     それは多分、あと10年、20年ほどで起こる。そうなれば本家であるこの紅蓮塞は、人気を一挙に失い、廃れるわ」
    「え……」
    「そして代わりに人気を集めるのは、本家に染まっていない分家の方。本家での扱いに不満を覚えた皆は、きっと分家へ流れ込むわ。
     あの子の捻じれた性格は、間違いなく将来、本家に害を為すでしょうね」
    「……」
     何も言えないでいる秋也に、雪乃はくすっと笑って見せる。
    「気にしないでいいのよ。それは、本家の問題だから。成るべくして成ること、ただそれだけのことなんだから」
    「そんな……」
    「本家焔流も古くなった存在だから、そろそろガタが来たってだけよ。新しい気風は、新しいところに任せるわ。
     だから焔流剣士、黄秋也」
     雪乃はぽん、と秋也の両肩に手を置いた。
    「あなたは自分が信じられる道を、堂々と進んで行きなさい。若いあなたには、それが最も良い道になるわ」
    「……大先生……」
     ようやくかけてもらえた温かい言葉に、秋也は思わず涙していた。



     後年――焔雪乃の予感は、残念ながら的中することとなる。
     それについては後の機会に、述べさせていただくこととする。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・立秋抄 3】へ
    • 【白猫夢・立秋抄 5】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    でしょうねぇ。
    容姿以外にも要因はありますし、
    このままだとこの先、どんどん落ちていくでしょうね。

    NoTitle 

    10年もたてば男性からの人気は落ちていくだろうなあv-389
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・立秋抄 3】へ
    • 【白猫夢・立秋抄 5】へ