黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第2部

    白猫夢・飾帝抄 4

     ←白猫夢・飾帝抄 3 →白猫夢・飾帝抄 5
    麒麟を巡る話、第68話。
    亡命計画の下準備。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     モダス帝からの依頼を引き受けた秋也とアルトは、ロガン卿と共に亡命の計画を立てることとなった。
    「まず、どうやって出国させるかですな」
    「うむ。その点については、私に案がある。
     トッド君、君の着ているジャケットやキャスケット帽は、西方における一般的な若者の服装と言える。それに似たものを陛下に、お召しになってもらおうと考えているのだ」
    「変装させて、一般人に紛れさせて出国させよう、ってコトですか」
    「そうだ。それにシュウヤ君とトッド君、君たちは元々、この国の人間ではない。用事が済んでそそくさと出国したとしても、それには何ら不審なところは無いわけだ。
     だからそれに紛れれば、より容易に出国できるかと考えている」
    「となると、陛下の身柄は俺とシュウヤとで預かる。閣下とはここでお別れ、と言うことになりますね」
    「そうなる。勿論、報酬は前金で支払うつもりだ」
    「そりゃどうも。
     では、陛下はいつ来られるんで?」
    「それも手筈を整えている。明後日、陛下は側近を伴い鹿狩りに出られる。私も勿論、そこに随行する。
     山際の森近くで催されるため、獲物を追って森に分け入ることも良くある。そこで……」
    「俺とシュウヤとが森に潜み、そこにやって来る陛下と落ち合って、そこから連れ出すと言うわけですな」
     計画がまとまり、秋也たちはその準備に向かった。

     アルトの手際は、実に鮮やかなものだった。
     自分が今着ているものと似たような服を揃え、髪の色をごまかすためのかつらを作り、さらにその合間に、狩場の下見まで済ませてしまった。
     秋也はこの間、アルトの荷物持ちしかやることが無かった。
    「アルト、あんた本当に、何でもできるんだな」
    「簡単さぁ。やろうと思えば大体、何だってできるもんさ。
    『できない』って言ってる奴の多くは、できないんじゃなくて『しない』ってだけだ。何だかんだ理由を付けてな」
    「そんなもんかな」
    「そんなもんさ。とは言え、俺にもできないことはある」
     それを聞いて、秋也は意外に思った。
    「って言うと?」
    「俺の場合、広く浅くだからな。どんな技術でも、本職として長年やってる奴にゃ敵わない。
     例えばシュウヤ、お前さんと俺とが戦ったとして、俺は多分、すぐ負けちまうだろうな。杖術と剣術にも多少の心得はあるけれっども、結局は我流だし。真面目に修行してきたお前さんのそれとじゃ、どうしたって見劣りするのさ。
     ……はは、だから俺は『何でも屋』なのさ。どの道でも、一流になれなかったんだから」
    「そっか。……いや、だとしてもさ、『何でも屋』としては一流じゃないか? ずっと、しくじったコトないんだろ?」
    「それも逆に言えば」
     アルトは己を嘲るように、こう返した。
    「二流の腕で成功する程度の仕事しか受けてないってことさ。俺は結局、半端者だよ」
    「……」
     秋也の頭には、返す言葉が浮かばない。
     と、その様子を見たアルトが顔をくしゃ、と歪ませて大笑いした。
    「うひゃひゃ……、謙遜だよ、謙遜。マジになるなって」
    「あ、お、おう」
     と、そんな風に話をしていたところに――。
    「あ、あのぅ」
     部屋の外から、少女の声がかけられた。
    「ん? ……あ、ども」
    「おっと、少しばかり騒々しかったようで」
    「い、いえ。大丈夫です。……えっと、お邪魔します」
     入ってきたのはロガン卿の一人娘の短耳、ノヴァだった。
    「父から、その、お二人を持て成すようにと、託ったので、……えっと、お昼ごはんを」
    「おりょ? そりゃ、ありがたい」
     アルトはテーブルに広げていた服や地図を片付け、ノヴァが持ってきた料理を、これも手際よく並べ始めた。
    「ありがとう、お嬢さん」
    「い、いえ。そ、それじゃわたしは……」
     立ち去ろうとするノヴァに、アルトは声をかける。
    「良ければ可愛いご令嬢とご一緒に席を囲みたいのですが、御相席いただいてもよろしいでしょうか?」
    「ひぇえ!?」
     ノヴァは顔を真っ赤にし、後ずさる。
    「……あ、いや。ご迷惑であれば、無理には」
    「い、いえいえ! か、構いません! 持って来ます!」
     ノヴァはバタバタと慌てた足取りで、自分の分を取りに向かった。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【白猫夢・飾帝抄 3】へ
    • 【白猫夢・飾帝抄 5】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    どうなるかなー(現在思案中 (;´∀`)

    NoTitle 

    ノヴァたんも攻略しようv-402
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・飾帝抄 3】へ
    • 【白猫夢・飾帝抄 5】へ